Vプリカをクレジットカード現金化できますか?

止まらぬ決済手段の進化

電子マネー産業の普及が近年目覚ましく、現金以外の決済方法が普及されたことでさまざまなサービスが広がりを見せています。

電子マネーとは文字通り現金以外の電子番号で管理された通貨のことで、クレジットカードやウェブマネーといったものを媒介して決済されるものの総称です。

その中でもプリペイド式決済として有名なVプリカの「V」とは、クレジットカードの国際ブランドであるVISAの意味を指しており、プリカは文字通りプリペイドカードの略称となっています。

ちなみにその他の国際ブランドである、JCBやMASTER、AMEXでもプリペイド式のカードを発行しています。

JCBでは「JCBプレモカード」、MASTERでは「MASTERプリペイドカード」、AMEXでは「Bruebird」という名称で発行されています。

知名度的にはVプリカが圧倒しており、ネットショッピングが当たり前となった時代で、クレジットカードを持っていない人もこのカードさえあれば決済を容易に済ませることを可能としているのです。

近年インターネットショッピングの普及に伴い、クレジットカード決済でないと購入出来ない商品も出てくるようになり、通常の通販でも代金引換を行っていないところや、コンサートのチケット類なども返品返却や不正注文の防止に一役買っているようです。(一部取扱いが出来ないショップも有ります)

現金払いの際にありがちな代金引換の手数料が不要になるだけでは無く、クレジットカード決済でのみ購入できる品物もVプリカにあらかじめチャージをしておくことで購入を実現することも出来ますが、お店のすべてがプリペイド式カードの利用に対応しているわけでは無いのです。

公共料金や、各種月額費用といった生活費の引き落としにクレジットカードを利用して特典サービスを活用されている方は多くいらっしゃいますが、このような自動引き落とし決済については、リペイド式カードは対応が出来ませんのでご注意ください。

せっかく持っているのに使い先が無い方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしくは余分にチャージしてしまって使い道が無くて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?私は先日、雑誌のキャンペーンでVプリカのプレゼントキャンペーンに応募し見事当選しました。

そこでふと、クレジットカードとなんら変わりのないこのカードでクレジットカード現金化は可能なのか業者に問い合わせてみる事にしました。

クレジットカード現金化業者では受付対象なのか?

問い合わせの結果、ネット上に存在するたくさんの業者に電話してみましたが8割程度でしょうか、Vプリカの利用を断られてしまいました。

その理由について尋ねてみると、Vプリカを始めとするプリペイド式カードには匿名性があり、さらに多くの業者が対面式ではないため振り込む側の心情上不安とのことでしたが、国際ブランドが付属されているので利用が出来ないということでは無さそうです。(auwalletカードも似たようなものですね)

電子マネーの歴史は浅く、カードは簡単に発行されますが発行元の会社からの与信枠は存在せず、自分の責任下でチャージするために盗難、紛失といった事があっても発行元の会社では一切の保証はありません。

また、たまにデビットカードをクレジットカードと勘違いされて申込みをする方がいるようです。

Vプリカと同様に現金でクレジットをチャージされている以上、そのままクレジットカード現金化業者に依頼をせずに使ったほうが、業者に手数料を差っ引かれずに済みますので、クレジットカード現金化業者に依頼するメリットは何もないことがわかります。

もし、「どうしても現金が必要なんだ!」という方で無ければご利用は控えたほうが賢明でしょう。

利用を受けつけるクレジットカード現金化業者の概要とは?

一部のクレジットカード現金化業者では、クレジットカードと同様に換金を受け付けているところがありました。

前述したような受け付けられないとする理由につきましては、クレジットカードでも同じことが言えるとし、名義人等の確認と振込先名義人が一致すれば大丈夫という内容で、従来とまったく変わらない対応で換金される仕組みということです。

換金方法の仕組みとしてショッピング枠の利用ですから、Vプリカだから換金率が下がるということを言われた場合には悪徳業者に問い合わせをしてしまったという判断でよいでしょう。

Vプリカを購入する際に個人情報の各項目を入力し、コンビニでのPINコード購入やその他クレジットカードによるチャージなどによってVプリカの残高があるワケですから、名義人が一致すれば残高の範囲であれば同様に受けつけるということで、受付をしない業者もあれば受付をする業者ように各営業方針の違いと言えますね。

プリペイドカードの仕組みは使い過ぎの抑制が最大のメリット

当記事をご覧の方は換金を前提に考えていらっしゃることと思います。

実際に、「Vプリカ_クレジットカード現金化」と検索をしますとこの記事が上位表示しているようですが、検索結果表示にはこの記事以外にもVプリカの換金についての情報がありますね。

その中でもアカウントそのモノを転売する方法について紹介が有りますが、これまでに入力された個人情報がどのように扱われるのかトラブルに巻き込まれる可能性もありますし、そもそも利用規約に反する行為です。

他にも他の電子マネーにチャージされる方法もありますが、これは実際に足を運んでお店で買い物をしたい人向けの内容で、ネットショッピングで利用する分にはそのままVプリカを利用出来ます。

これを現金として引き出す手段は2017年現在におきましても不可能と考えられますが、結果的に換金という仕組みにおいてクレジットカード現金化ならば可能ではあります。

当然ですが請け負う業者は「業」で請け負うのですから、そのままそっくりの現金が手元に残るということは残念ながら有り得ません。

プリペイドカードはクレジットカードの発行を断られる人にとって、ネットショッピングを円滑にするためのツールという解釈以外にも、「自分で利用する金額をクレジットする」仕組みと「最大限度額が数万円まで」となっている事から過剰な利用を抑えられます。

プリペイドカードであれば情報流出に伴う被害額を最小限に留められたり、子供のゲーム代を管理出来るようにもなります。

また、クレジットカードであれば利用額に対してのポイント付与など持っているだけで受けられるサービスが有りますが、プリペイドカードにはそのようなサービスが無く、発行手数料が掛かる会社も存在します。

種類によっては利用可能期限に制限が設けているカードも有りますので、普段から利用する分にはクレジットカードの方がお得でメリットも豊富と言えそうです。

クレジットカード現金化においては、チャージを余計にしてしまった時以外ではVプリカを始めとするプリペイドカードの換金化は無縁と考えていいのではないでしょうか?

たまにオークションサイトでも出品されている事を見かけますが、基本的には普通に利用する方が賢いと言えます。

また、一度PINコードを渡してしまえば相手の所有物になってしまいますから、詐欺に遭遇するリスクを下げる為にも個人で請け負っている業者よりも公にしている業者の方を選択しましょう。

当優良店案内所に掲載されている業者につきましてはVプリカやau wallet等、国際ブランドが付属されるものなら総じて受付が可能である事を確認しておりますので、ランキングページから一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. クレジットカード現金化って宅急便コレクトの事?

  2. 在籍確認が不要

  3. 切手払いの取り扱いは?

  4. クレジットカード現金化業者の実態は?

  5. クレジットカード現金化を利用する際の限度額は?

  6. クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP