クレジットカード現金化に悪徳業者って存在するの?

そんなワイドショーみたいな話はあるのか

よく夕方のニュース番組の特集であらゆる犯罪に関する調査を取り上げていますが、とくに視聴者心理を煽る様に際立たせる相手方との激しいやり取りのような事がクレジットカード現金化業者ではあるのでしょうか?

2014年10月末に名簿業者を利用し融資として募り、クレジットカード現金化サービスを行っていた古物商営業許可店が検挙されたニュースが世間を沸かせたこともありました。

最近、インターネットでクレジットカード現金化業者について調べると、クレジットカード現金化業者の自演と思われる口コミや比較されている広告媒体を目にします。

とくにyahoo知恵袋内では、クレジットカード現金化に関しての投稿が数多くあります。しかしながら、数年前に紹介されているクレジットカード現金化サイトは、リンク切れが起きていたり、工事中と表示され、電話番号とメールアドレスしか存在しない不思議な業者までありました。

調べてみると無数の業者があるので、昔から営業を続けているところが多いのかなと思いきや、どうやら決して長くは続いていないところの方が多いとわかりました。

総数を調べた結果、一時期200サイトを超えると言われていたクレジットカード現金化業者の数は、2014年現在、大幅に減少していることを確認しました。

しかし、今現在営業しているクレジットカード現金化業者は何年も営業しているということが共通していました。

グレーなイメージのためか(?)、新規参入する人はあまり居ないのではないでしょうか?お金を振込むということは、それだけの資金力がないと無くなっちゃいますからね・・・。

最近では、インターネットの普及により誰しもが情報を手にできる時代となってきたため、クレーム・不祥事等の問題があれば、営業が出来なくなっているということが表れています。

ちなみに、各お店に問い合わせをしてみると時間には差があるものの当日中に対応してくれるという業者が約7割程度で、女性の方が対応してくれた業者があったことにも驚きました。

経営と管理が健全であるクレジットカード現金化業者だけが、なおも営業していると言ってもいいでしょう。

また、無料のブログサービスを使って裏技と称してクレジットカード現金化を案内しているところも要注意です!表立って、宣伝をしないということは・・・わかりますよね。

注意していただきたいのですが、中には「●●より●●」というように、同業者を中傷し特定の業者を棚上げしているというクレジットカード現金化業者も存在します。これは、クレジットカード現金化に関する知識のない方や、はじめて利用を検討しているような方に向けられた悪質な広告と判断できます。

また、表向きは健全なホームページデザインになっているところも要注意。

とくに創業年数をアピールする業者の中にはオープンして間もないのに呼称している事もあるのですが、一見では判断する事が出来ません。

見た目と書いてある文字だけを信用せずに、電話して直接内容を確認してみて、


  • 「あっ・・・ここはなんか違うな」
  • 「あれ、さっきのお店の方が対応がよい」
  • 「さっきの業者と説明がまったく同じだ」

などなど、業者のホームページには書いていないような事が確認できます。

当案内所のように、比較検討されていない広告、とくに特定の業者に偏ってお勧めされているような比較サイトには注意しましょう。

クレジットカード現金化の悪徳業者の手口とは?

悪徳業者が存在する可能性を否定できない中、その手口や情報につきまして無数にある比較サイトの情報をキュレーションしまとめました。


クレジットカード現金化の悪徳業者の手口は?

クレジットカード現金化は詐欺ですか?

クレジットカード現金化勧誘にご注意!!


換金によるトラブルは利用者だけが被るだけでなく、事業者側としても逮捕、あるいは取引先会社の兼ね合いがあるでしょうし、営業を続けれる事が出来ないまでに発展する事は考えにくいとは思いますが、これまでに悪徳と言われるケースが起きている事が各所で確認できます。

一つのトラブルによって閉店に追い込まれる事態になり兼ねないのですから、そんなリスクを背負ってまで悪徳な手口を行う理由は無いと考えられ、換金率や対応スピード、営業日営業時間は抜きにして、どの業者であっても確実に現金を受け取れる事は出来るのではないでしょうか。

基本的に店舗サイトの情報は度外視して考える

これはクレジットカード現金化に限った話ではありませんが、消費者の利用を煽る為に商品販売業者やサービス提供者側では、練りに練ったデザインや文章を使ってお金を落として貰おうと必死になっているわけです。

どんな職業にしても利用する人がいなければおまんまにありつけないわけですが、とくに当該サービスに関して言えば完全な法律違反とはされておらず、問題視され続けている事は変わらず、グレーな部分を要素として持っています。

「今」現在ではこのように違法と断定する事が出来ない、隙間産業的なサービスを提供する業者は幾多にも及んでおり、すでに世間一般的に定着、認知されている事で、消費者が違法である事を知らないまま利用しているサービスや、違法とは知りながらも利用している場合もあります。

クレジットカード現金化の仕組みとして、当案内所でも主流の方法と挙げられている手段のすべてにおいて、とくに買取タイプを行う店舗が急増していますが、実はこの仕組みですでに検挙者が出ている事から、買取式なら100%大丈夫という謎の都市伝説もありましたが、現在は崩壊していると考察できます。

それでもなお、買取式は安全と謳っている業者については、利用の検討を辞めるべきではないでしょうか。

買取の対応が増えた背景には、全国で最初の検挙された経営者は還元をする仕組みで営業をしていた事によるものとされ、実際に各店舗に問い合わせをしてみると、大抵このような返答の切り返しを受ける事から、「単純に買取なら大丈夫」と考えた事によるものと当案内所の調査では推測しています。

しかし、これだけの動きが見られる中で、過去にクレジットカード現金化を利用したことのある利用者については、過去20年以上とも言われるこのサービスの歴史の中で一件も無いとされています。

もちろん、誰かが落としたクレジットカードや盗んだ物の利用などにつきましては例外かと。

基本的に本人確認が手続き上求められるケースが多いようですから、互いにリスクを避ける目的でしょうか?業者側でもそのような対策を取っているとされています。

そんな中で、検挙されている業者については詐欺を犯していたと他のサイトで紹介されていました。

近年は見た目をおしゃれにする傾向にあります

同じクレジットカード現金化であっても、運営元が異なれば差別化を図られる事が常。

実際に、多くの業者では一定期間を経過したりWebの新しいデザインの基準が流行りだすと業者のページもリニューアルが頻繁に行われています。

もちろん、ずっと変わらない業者もありますが、とくにネットで完結できるタイプであれば、人間が持つ感覚機能のうちの一つである「視覚」によってその業者の第一印象が決まると言っても過言ではありません。

クレジットカード現金化を比較する項目でサイトデザインという項目はありません。

視覚の先入観で業者を選ぶ事こそ相手側の意図によって敷かれたレールの上を歩いているということでもありますので、見極めを慎重に行ってください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化業者とのトラブルの実例は?

  2. クレジットカード現金化と携帯電話キャリア決済クレジットカード現金化の違…

  3. クレジットカード現金化業者って審査が無いって本当?

  4. ショッピング枠(与信枠)の利用額は増枠できますか?

  5. クレジットカード現金化は最低いくらから対応してる?

  6. クレジットカード現金化は無くならないのか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP