決済金額の上限ってあるの??

希望予算通りに手続きは出来るのか

お金を借りる時、個人であれば相手が幾らまで出してくれるのかは相手の懐事情によりますし、業者であれば審査結果による算出方法となるので、どちらにせよ求める側では判断が出来ませんね。

クレジットカード現金化業者を利用する方は、自営業者やサラリーマン、外国籍の方などなど…職業や収入、性別に年齢層も問わず、個人でも法人でも関係なく選ばれているサービスです。(借りる貸すという概念は無い)

しかし、当然の事ですが、クレジットカードのショッピング枠は、各個人の所得や利用状況によって設定上限金額はさまざまです。

では、ショッピング枠の最高設定金額はいくらなのかということを調べると、なんと利用可能額が無制限のクレジットカードもあるようで、最低設定金額は10万円のカードが多いようです。

決済金額の上限に関してよく使われている表現は下記の内容が多いのではないでしょうか?

  • ショッピング枠の残高があれば幾らでも問題無し
  • 高額の予算も大丈夫
  • 法人で事業資金目的でも可能

上記の様な言葉が謳い文句のクレジットカード現金化業者ですが、各お店に匿名取材を試みるととくに利用上限金額が定められていないところもあれば、下記のように縛りを設けているお店もあります。

  • 初回は10万円未満のご利用から、信用を付けていけば増額できる
  • この場合の信用とはクレジットカード現金化業者から見た信用ということでしょうか?逆に「最低5万円以上からの利用を条件とする」という金額の設定をするお店も確認しています。

  • 高額な金額の場合、当日中の対応が出来ない
  • 高額なクレジットカードの利用って印象が良くないことは理解できますね7?とくに普段高額な金額を利用しない人が、月内でいきなり上限に近い金額まで決済すれば発行元から疑いの目で見られても不思議ではありません。

  • 利用するクレジットカードをなるべく複数枚に分けたい
  • ショッピング枠の管理先はたしかに異なりますので、上記の事柄を加味すると一理あるかもしれませんが、悪徳な対応の場合にはブランドや発行会社によって換金率が変わるという対応を実際に体験しています。

この様なところもあれば、ブランド品や電車や新幹線のチケット、アマゾンギフト券を買い取る業者などクレジットカード現金化の手段は多様であることが当優良店案内所の調査で分かっていますので、各手段についてすべてのクレジットカード現金化業者で出来るワケではありませんので、各業者の振込されるまでのクレジットカード現金化の仕組み(手段)について必ず尋ねましょう。

また、金額・取り扱い商品によってはクレジットカード会社から制限を掛けられることや確認の電話などもあるようですから「大きな金額を扱えても優良店と断定できない」ということも理解しましょう。

決済する上限金額はご自身が所有するショッピング枠次第となっていますが、そのすべてを換金する事ではありませんが、お店側は利益を求めているために下記のような接客対応を取る事があります。

  • 多めに利用したほうが優遇します
  • この対応は利用者に対して必要な分以上に利用させようとしている可能性が高いと言え、支払うのは名義人ですから当人の負担をまったく汲み取っていないのですから惑わされてはいけません。

  • 現金はなるべく多いほうがよい
  • 業者も多い方が利益になるからですね・・・お金が無い状況を経験した事のある人にとっては、使う予定こそなくても手元に現金があるというのは、ある意味薬の様なもので精神的に安定しますが、結局もともとあるお金では無いのですから意味が有りません。

  • 少額はお断りしている
  • クレジットカード現金化業者にとって利益にならないことが考えられ、少なくとも1万円以上を最低条件とする申し込みフォームが目立ちますが、利益に繋がらない分できるだけ低い換金率にして少しでも利益に繋げようとして、前述した様に金額による優遇を行っているケースがあります。

他の比較サイトではこうした内容については暗黙されているようですが、悪徳なクレジットカード現金化業者に申し込みをしてしまい、建設的な利用で無ければ支払いに困ることになりますし、利用する金額はお店が決める事では無く利用者が決めるものですから、リスク等の説明や言葉を濁すことが無くしっかり対話できる親身なお店選びを心がけることが結論と言えます。

また、ショッピング枠の残高が不足していたり希望額に届かない場合には、発行元に対して一時的にショッピング枠の残高を増枠する申請も出来ない事は無いのですが、そのような事を店員から勧められた場合にはカモがネギを背負ってきたと見られているということです。

「嘘も方便」ということわざが日本にはあるくらいですので、クレジットカード現金化業者の説明を鵜呑みにする前に情報収集をして予備知識をつける必要を感じますよね。

上限が無いとは言え失敗する可能性も

ショッピング枠の残高の話や利用停止になることではありません。

この場合の失敗とは、お店選びに失敗したことを指します。

クレジットカード現金化サービスを利用した際にいくらショッピング枠の残高が豊富にあるからと言って、高額の利用と初回の利用する店舗の場合は控えた方が安心です。(個人も法人も変わらず)

まずは少額から依頼をしてみて、実際の取引内容を確認した上で信用をしてから足りない予算分を申込みする方が悪徳業者に対するリスクヘッジが出来ます。

比較的利用しやすいサービスがメリットとしての特徴ではありますが、利用者の心理を逆手に取った悪質な対応をする店舗の存在も事実で、広告の謳い文句のように対応できるクレジットカード現金化業者の数は実際のところ限られているのです。

そのような失敗の事例としては「実際に現金を手にする事が出来なかった」「予算よりも実際の金額が少なかった」「クレジットカード会員を退会されられた」などが有りますので、やはり比較サイトを見て情報収集をする事の重要性は非常に高いのです。

とくにはじめての申し込みする方の特徴として、ショッピング枠の残高に余裕がある為に、繰り返し利用する人の特徴と致しまして最初に行う決済が残高に対して高額の決済をする傾向があります。

この判断が後々の支払いについて何も考えが無かったということであれば、当然の如く支払日に全額支払いが出来るはずがありませんから、2回目そして3回目と優良なリピーターになってしまいます。

リピート率なんて表現をしているお店や比較サイトがありますが、決して比較項目として評価される項目ではなく、支払いに追われ与信枠の残高が戻るたびに申し込みをしている人の割合であると考えられ、とくに収入と支出のバランスが崩れている人たちが大勢いると推測できます。

冷静になって判断をすることでトラブルから逃れる事は可能ですので、利用する事に引け目を感じる心理に付け込んでくるのが悪徳業者ですから、いつも通りのお買い物の感覚で問い合わせをすれば問題は有りませんし、ここは私には合わないということであれば他のクレジットカード現金化業者を探すようにしましょう。

当案内所で掲載している店舗は実際に調査した結果を基にしておりますので、このようなトラブルが無かったことを確認しているとともに、随時新店舗などの調査も行っている上でのランキング化していますから、ご参考の一つとしてご利用ください。

また、クレジットカードを所持しているが元々あまり使わない方は、予め与信枠の減額をしておくと使い過ぎを防止する事が出来ますので、何も「限度額が高いから偉い」とか、そんな先入観など有りませんので堅実な利用をした方が賢い使い方と言えるでしょう。

関連記事

  1. 買取式とは

  2. Amazonギフト券現金化の被害者

    Amazonギフト券クレジットカード現金化を利用して逮捕

  3. 消費者は比較する事を忘れたら騙されると思うべし

  4. なぜよい債権と悪い債権があるの?

  5. ファクタリングとクレジットカード現金化と同じ様なもの?

  6. クレジットカード現金化をヤフオクでできる?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP