クレジットカード現金化はネットの店舗とリアル店舗どちらがいいの?

クレジットカード現金化という特殊な資金調達方法は、他の業種の小売店と同様にネットで完結できるタイプと来店して手続きをするタイプに分ける事が出来ます。

関連するキーワードを検索に掛けてみると、表示されるほとんどのお店が前者の無店舗型が大多数の割合を占める結果を確認することが出来ます。

これはネットでしか取引を行っていない為に、このネット空間を利用した広告展開に固執する事は当然と言えます。

すべてはクレジットカード現金化が目的で変わりません

クレジットカード現金化を利用しようと考えた時に、皆様はどちらの営業形態がお好みでしょうか?

ほとんどの方はネット検索をした時に表示されるものから選択しますので、多くの方は無店舗型を利用されているのが実情です。

しかし、実店舗型のお店もホームページを構えている事が多く、それでも全国各地の対応は出来ない事からか、地域名を商号に追加してSEO対策をしている実情があります。

地域名を含めて「クレジットカード現金化」と検索しますと、意外にも全国各地に業者が点在している事がわかります。

換金する為の手順はさまざま存在していますが、無店舗側ではとくに幅広い方法が用いられています。

すでに当サイトにおいて換金方法の種類についてご紹介していますが、ここでもう一度仕組みについておさらいします。

買取式の場合

これを行う業者は公安委員会の古物営業許可を取得している事が想定され、販売用と買取用で法人を用意して居たり、または商品を指定して送付先を買取法人の住所にさせている業者もあるそうです。

近年はAmazonギフト券Eメールタイプを買い取る業者も現れています。

所有権の観点から古物営業許可は要らないと判断する業者も有る中で、購入時に一度申込み者のメールアドレスに送らせ、それを転送する仕組み、つまり業者指定のメールアドレスに直接送らせないという手法を行う業者もあります。

古物という考え方であれば、後者の仕組みが一番理に適っていますが、電子コードという扱い上、業者というより申込み者の不正利用等も推測されますので、本当に信用ベースで取引されていると仮定しますと、業者にとってもリスクがありそうですが・・・。

買取式とはより

還元式の場合

商品やサービスの契約に伴って、消費者に対して利益還元をする行為です。

一般企業でも利用されている概要で、ナンバーポータビリティやネット回線の契約、家電製品の購入やまさか行政のふるさと納税にまで取り入れられています。

定める還元率はさまざまですが、この仕組みそのものを禁止する事は出来ないでしょう。

恐らく最速でお金を手にすることが出来る手段となっておりますが、取引する商品やサービスに有体性が無ければ出資法違反として検挙されたこれまでの実例がありますので、この仕組みを利用するクレジットカード現金化業者の利用については、この点を気をつけるべきです。

還元式とはより

キャンセル

決済取り消しをする事では無く、決済自体はそのままにして商品は業者に返し、業者は現金で返金をするという仕組みです。

これはクレジットカード現金化業者で無くても行われている行為であることをご存知でしょうか?

私も実体験が有りますが、クラウドソーシングの依頼取り消し(依頼先都合)や予約してどうしても行けなかったセミナーの受講料を返金してもらったコトがあります。

これらすべてはあくまで事業者側の善意によるもので、意図的にキャンセルを請け負う者は、やはり専業のクレジットカード現金化業者しかありません。

キャンセル方式のクレジットカード現金化は安全?より

リアル店舗は買取式が圧倒的に取り入れられています

多様な手法が実際に取引されている中で、実際に店舗を構えている業者のほとんどは、買取の手段を取り入れるケースが九割九分の確率です。

パチンコ屋が金景品を渡し、それをそのまま買取手続きされる事が無いのと同じ理屈です。

表向きは古物商として構えていれば大丈夫ということではなく、パチンコの換金の仕組みの様に第三者の立場が入っていない換金方法、つまり、購入者と販売先だけで商品とお金の移動が成されている場合には、出資法違反の容疑で検挙されている事例があります。

堂々と換金する為には、やはり人目に晒される店構えですから、古物商の資格を取って買取の仕組みを採用することでリスクヘッジをしているものと当案内所では考えます。

逮捕者は出ているけど、実店舗型はなぜ営業を続けているのか?

パチンコ屋の三店方式の仕組みが認め続けられている限り、合法の中でクレジットカード現金化が行われている事業体は不滅でしょう。

逮捕された業者の比率だけ見ますと、多くは無店舗型のお店です。

たしかに現在までに営業されているクレジットカード現金化業者と比べますと、商品取引が皆無で有ったり、無登録業者にも関わらず融資・借金といった言葉で集客をしていた事による出資法違反など、サービスそのものを否定する取引内容での検挙ではありません。

売買取引が適切に処理されていれば、合法の範囲内で換金を実現できることが現実です。

2015年9月に新橋ギフトという屋号のクレジットカード現金化業者に強盗が入ったようですが、強盗を行ったとされる2人が逮捕されただけで、事業者側はクレジットカード現金化の事業者にも関わらず逮捕されませんでした。

事件が起きてからすでに1年以上を経過した今も、その店舗型の業者は営業を続けている事が事実ですので、クレジットカード現金化ということ業内容に対してお咎め無しであった事が明らかです。

警察はクレジットカード現金化業者を逮捕しなかったということですから、これは業界を益々元気にさせてしまう要因にすら感じます。

この事件はTBSニュースで実際に報道されたましたが、お店の紹介を「金券ショップ」という形で行っており、リアルタイムで見た映像にはキッチリとクレジットカード現金化の文字が確認出来ました。

報道する放送局もこれは困ったんじゃないでしょうか?

クレジットカード現金化業者は逮捕されないということ実が世間に駆け巡るワケですから・・・。

なぜ金券ショップという表記になったのか推測しますと、換金対象物が金券・商品券関連だからではないかと考えます。

古物商もさまざまな媒介物が取引されますが、取得時には主要とする媒介物を「●●商」という形で営業所に飾る必要がある為、ある程度把握する事が出来ます。

合法の中でクレジットカード現金化業者は営業されているということですが、このような事業だから儲かっているという様子もなく、ネット型もリアル店舗も年々事業者数が減っています。

比較サイトで評価されている業者に偏りが見られるのも、その総数が少ない事の現れとも言えるでしょう。

逮捕者が出ていてもクレジットカード現金化が合法の中で取引されている背景には、断定的に法律の中で指定が難しい背景が隠されているだけでなく、取引の仕組みを違法と指定すると、クレジットカード現金化業者とは関係の無い事業主にまで影響が及ぶのです。

換金の仕組みから見ても、「店舗があるから安心」と考えるのは間違いであり、ネットの店舗とリアル店舗も変わないと当サイトで考察しています。

クレジットカード現金化の実店舗型は、繁華街に所在する事が多い

無店舗型はインターネット上で完結する事が多く、手段問わず媒介する商品がネット上で取引や手続きする事でわざわざ利用者が足を煩わせる手間が無いですが、店舗型は商品をネット上で購入する事は無く、最寄りの取扱い店で購入する流れが一般的とされています。

無店舗型と変わらない共通点もあり、支払い方法の選択肢はもちろんクレジットカードを持っていくことと身分証明書も必要とされています。

これは、「クレジットカード現金化」と宣伝して居ながらも実店舗型の多くが表向きは「質屋」として営業している為で、古物営業法上で買取を依頼された者の本人確認が義務付けられているからです。

法律で定められている為、本人確認を怠ると違法とされて営業許可の取り消しに繋がりますので、身分証明書が無い人に関してはクレジットカードを所持しているとしても断られる確率は100%でしょう。

店舗型のよい所は、現金が手渡しで手に入るので金融機関の営業時間に左右されないことに有ります。

無店舗型ですと、どうしても15時以降や土日祝日の兼ね合いと、互いの所持している口座が同じ機関で無ければ取引時間外の手続きが不可能ですので、その状況下であれば有利です。

本人確認が済むと購入する商品を選ぶ事になるのですが、何でもよいというワケにはいかない様で予めこちらの予算に対して近い金額、価値の有るモノをクレジットカードで購入する仕組みになっているのですが、購入するべき品物は各店舗によって異なるようで、家電に特化していたり、新幹線の回数券に特化していたりとさまざまです。

予め商品を用意して行くよりは、その店舗に行って換金率や予算を確認した上で手続きをした方が確実ということです。

実店舗型のお店は、ネットで展開する店舗と比べて口コミが乏しいので実際のところ不安要素が大きいのは確かですが、手段や過程は異なっても両者いずれにしても同じ「クレジットカード現金化」が目的となっておりますので、その方法が自分の状況がどちらの方を利用するのが適切か判断しなければなりません。

クレジットカード現金化業者の運営形態の違いについて

店舗型のヤエスチケット。2014年現在閉店されているようです。

クレジットカード現金化を承るお店は、無店舗で営業されているネット型と実際に物件を借りて看板を掲げ営業をする店舗型に分けられますが、営業形態が異なることで、生じる事について述べられた比較サイトはそう多くは存在しませんね。

日常生活の中でクレジットカード現金化に関する知識を得るのは、なかなか出来ない事ですから、情報の収集は結局ネットになってくることになるでしょう。

しかし、インターネットの検索結果は常に一定ではありません。

普段携帯やパソコンをお使いの方はご存じかと思いますが、最近の検索結果はyahooにしてもgoogleにしても結果はネット型の業者が多く表示され、店舗型の業者を掲載している比較サイトや口コミはあまり見ないという印象です。

数年前の記憶にはなりますが、店舗型のほうが昔は多く表示されていましたが、その頃は同じ屋号なのに、検索結果を自分のお店で埋める目的で複数のホームページがありましたね。

ちなみに最近では、そのような不当表示を行うなクレジットカード現金化業者の検索結果は排除されてきている印象ですが、yahoo、googleのキーワードサジェスト機能を悪用している業者が存在しています。

話を戻しまして、今ではすっかり影の薄くなってしまった店舗型ですが、ネット型との違いによってもたらす影響について考察してみました。

店舗型のクレジットカード現金化業者には、「店舗があるのであんしん」という謳い文句が定番となっていますが、ネット型のクレジットカード現金化業者では、「来店不要」を謳い文句にしています。

両者の言い分は相反するものですが、店舗であっても無店舗であってもクレジットカード現金化の利用は、カード会員規約違反になりますので、店舗型の謳い文句には矛盾を感じざるを得ません。

対面したほうが安心できる方もいらっしゃいますが、対面したことで安心してしまい、業者とって都合のよいように言い包められてしまっては、どうしようもありませんね。

どの営業体系にしても、クレジットカードを預ける様なことは必要ありませんので、クレジットカードを預けなければいけないという業者は要注意で、利用は避けたいところです。

店舗型ですと家電や新幹線回数券の購入が主な方法となっているため、カード会社の調査が入りやすいのではないでしょうか。

総評ですが、店舗型の利点は「対面出来る」というだけで、スペシャルな事はありませんので、2014年現在ではネットで知識を蓄える事も出来ますから、垣根の存在が無い事を踏まえるとネット型が一番よいと言えます。

私自身も無店舗型に限らず実店舗型のクレジットカード現金化業者を利用した経験がありますが、全部のお店がそうでは無いと思いますが、監視カメラが1台処では無く複数台設置されていて対応も横柄だった事が印象的でした。
 

関連記事

  1. クレジットカード現金化はクレヒスに載る?

  2. 本当は怖いキャッシングやクレジットカード現金化

  3. クレジットカード現金化業者の個人情報管理は大丈夫?

  4. クレジットカード現金化をギャンブルに利用してもよいですか?

  5. デザイン豊富なクレジットカード

  6. なぜよい債権と悪い債権があるの?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP