クレジットカード現金化でもっとも怖いのは「リピーター」になる事

お金が無くて利用を比較検討している方達が、当サイトをご覧になっている方のほとんどを占めていると思います。

クレジットカード現金化がクレジットカード業界から嫌われている理由は、ただ利用規約に違反する取引の可能性があるだけでなく、クレジットカードの請求を焦げ付かせる恐れを危惧するものです。

クレジットカード会社も利用してくれないと利益を生まないのですが、そもそも決済した金額を踏み倒されては赤字になってしまいます。

クレジットカード現金化に頼る生活は厳禁です

意外と理解しているようで理解していないクレジットカード現金化を利用する事の怖さ。

それは、換金する事でお金を手にする仕組みが簡単に出来る実情から味を占め、かつ割賦払いを選択できるという支払い方法の柔軟さから繰り返し利用する方が多いようです。

「2回目以降の申込みはこちら」なんてリピーター専用申込みフォームが用意されている業者もあります。

一度収支バランスが崩れているから、クレジットカード現金化を希望するということですが、そのサイクルが一度崩壊しますと立て直すことは決して簡単な事では有りません。

収入の高低差は関係なく、支出が収入を上回ってしまうからクレジットカード現金化という選択肢が出てくるわけですが、支出は誰でも簡単に出来る事であり、理性を効かせて貯金に回すのか使ってしまうのかは己次第です。

少ない収入の中で貯金をする事を大きなストレスとして感じるのか、やり過ごす事が出来るのかは、正直なところ我慢やセンス次第です。

社会に出れば自己責任ですから、そのような収入になった背景も己の歩んできた道筋で有り、他人を恨むようなコトは出来るはずもありません。

多くの人がサラリー生活を送られているわけですが、支出は簡単に増えても収入が簡単に増える事はありませんよね・・・。

いくら働いても給与が変わらないなんて嘆きの声も聞こえてきそうですが、業績やその他利害関係や置かれた立場によって異なる事はしかたが無いのですから、頂ける給与の範囲内でやり繰りするしかありません。

実際にクレジットカード現金化を体験している身だからこそ伝えられる事

その様な状況でクレジットカード現金化をしてしまった場合、一体どうなってしまうのか・・・・破綻する他ありません。

当事者の方は目先の支払いが念頭になってしまい、その後の収支サイクルについて考える余裕など皆無ではないでしょうか?

さまざまな注意喚起サイトでも「気を付けて」「注意して」と簡単に結びの言葉を付けて情報を発信されているものの、本当に困ってしまった時の解決には至りません。

実際私もあらゆる金策を経験してきましたが、冷静になって余裕を感じる事など出来る訳がありませんでした。

そんな中でクレジットカード現金化を利用する事で手に入るお金は、自分に与えられた与信枠を換金する事で、まるで口座から引き出す感覚近いものを感じるでしょう。

「そんなワケないだろ~」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、当事者にとってはあるはずもなかったお金を手にすることで、心の持ちようは180°変わるモノです。

さらに、その決済金額の支払いは約1月後であるクレジットカード会社がほとんどですから、換金していた事すら忘れてしまい兼ねないという見えない怖さが同居しているのです。

このような背景について紹介をしている業者や比較サイトは、もしかしたら当優良店案内所くらいしか無いのではないかと思います。

“優良顧客(リピーター)”にならぬよう、クレジットカード現金化後はクレジットカードを解約するのも手

owakare

利用する事に対しては、各々の事情による判断が求められますので何とも言えません。

どのような事情であれ2回目、3回目・・・と繰り返し利用する事は当案内所と致しましても、あまりオススメ出来る事では有りません。

とくに次の引き落とし日を迎えるまでに、2回、3回と利用する事は、その後の生活に大きく影響する事が考えられます。

クレジットカード現金化をしなければ収支バランスが取れないという言い訳は、前述の様に与信枠をまるで自分のお金だという潜在意識が働いてしまっており、すでに末期状態と言えます。

使用した与信枠と手元にあるお金の差額が散り積もれば、いくら高換金率で対応してもらったとしても高額な金額にまで膨れ上がってしまうことは、誰の頭でも想定が出来ますよね?

たしかに誤魔化しながら生活を営む事は出来ますが、「Xデー」は必ず巡り巡ってくるのですから、思い切ってクレジットカードを持つ事を辞めてみませんか?

私自身もクレジットカードを使い過ぎたと感じたり、最近依存しているなと感じたら、強制的にハサミを入れて解約をしています。(笑)

基本的に年会費無料のクレジットカードしか持ちませんが、また必要な時には別のクレジットカード会社に申し込みをして無料特典を利用するようなサイクルで使っています。

クレジットカードを持つ事でお金を使っているという感覚が無くなっていきますので、ATMにお金を引き出しに行く機会は無くなりますが、明細書を見る度にお金の使い方を考えさせられます。

自らで戒めるということも、節制の一つとしてご紹介しておきます。

支出と収入のバランスを整える事がクレジットカード現金化を避けるコツです

出費する機会を自ら減らすことで、結果的によい方向に向くことが出来ます。

外出するときも財布を持っていれば使ってしまうのですから、あえて自宅に置きっぱなしにすることや、クレジットカードは財布に入れないという方法も個人的にはオススメです。

一度利用すると、利用者向けのキャンペーンや営業の電話が鳴る可能性もありますし、クレジットカードにキャッシング枠も備え付けられているのですから、何かの拍子に手を出してしまっては終わりの見えない自転車操業の道を歩むことになります。

それだけでなくショッピング枠の債務は、債務整理上の免責が下りません。

意外と知られていない事ではないでしょうか?

クレジットカード現金化で行われる取引が合法であるとしても、利用する事で生じる債務は貸金によるものではなく、「物販」の債務に分類されると免責の対象とはなりません。

こうした債務者を生み出す要因として業者は知らぬふりを決めているとも言えます。

「私は大丈夫です」

いや、そんなことはありません。

クレジットカード現金化を実行する事で誰もがその可能性を例え1%でも持つ事になるのです。

さらに、割賦払いをする事によって商品の所有権の所在は、クレジットカードを発行する会社になりますから、これを転売したり買い取ってもらう事がその会社にとってどのような見方をされるのか・・・。

たった一回のつもり・・・がトンデモナイ行く末にならぬよう、支払いを考えられない方は潔く手を引くべきです。

クレジットカード現金化業者を変えてもクレジットカード現金化をした事に代わりは無い

当サイトはかれこれ約4年以上もの間、更新を続けており、「クレジットカード現金化」と検索していただけると確認が出来ますが、約3年ほど1ページ目に滞在し続けています。

その理由はよく分かっていませんが、そんな状態ですから業者に申し込みされる前の方や、利用後の方からご投稿をいただく事が有ります。

多くは利用後によるクレジットカード現金化との向き合い方についての相談で、一度利用してから中々抜け出せないという体験談をいただいています。

1回で済む方の特徴として、「来月は臨時収入が入る」、「普段は無駄遣いしないが、今回だけはたまたま」等、どんな理由であれ決済金額の支払いについて問題が無い事を予め把握している方が多いようです。

はじめて利用した先が良くない業者で、次に比較検討した先が良さそうだとしても、それは自分にとっていい事とは言えないでしょう。

クレジットカード現金化業者を利用する事で儲かるという仕組みではありませんし、よりよい優良店を見つけ出したとしても、そこに安堵感を覚えてしまっては、そのお店のリピーターとなってしまう恐れが高いと言えます。

肝心なのは、クレジットカード現金化をしない生活に戻る事です。

関連記事

  1. 切手払いの取り扱いは?

  2. クレジットカード現金化は生活保護も大丈夫?

  3. キャンペーンって何?

  4. 買取式とは

  5. クレジットカード現金化の高額予算

  6. クレジットカード現金化とキャッシングの違い

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP