資金調達の道しるべなんてありません

困った時の解決方法こそが銭のにおい

お金に困っているからこそ金策のアレコレを調べるうちに、資金調達を事業とした業者に辿り着くことになりますが、これらは善意、ボランティアで運営されていることは無く、仕事として、業務として提供されているサービスですから、お金の無い状況なのに手数料や成功報酬として請求されるコトはよくある話です。

とくに過払い金に関する士業の方の宣伝を見てみると、いかにも善良な形で困っている人を助けたいという印象を前面に押し出した広告展開をされていますが、とある某士業のサイトを閲覧すると、何やら電話番号を入力する項目が出現します。

あなたの過払い金が幾ら戻ってくるのか、その場で診断するという内容を謳っていましたので、当の私は過払い金を請求できるだけの借金や履歴は皆無でしたが、潜入調査の意を込めて入力してみました・・・すると鳴りやむことの無い電話の着信とCメールの受信。

広告では正義感溢れる印象を受けますが、どうも士業の方も過払い金という世間の話題を書き入れ時と見たのか、法的に時効を迎えるであろう期日まで必死になって宣伝している腹黒い感じはどうも受け付けがたい印象へと変わっていきました。

このように、クレジットカード現金化も経済的な悩みを抱える人たちを基本的な顧客層としておりますので似たようなものでは有りますが、その他正規の貸金業者や士業の方も手続きの手数料として成功報酬を得たりと、経済弱者はいつも食い物にされてしまう格好のネタになっているのです。

世の中のお金の流れがすべて需要と供給のバランスで動いている以上、常に弱い立場にある人は求める事に終始尽きる事がありません。

クレジットカード現金化業者にいきなり申込みをする事に抵抗感を抱くその気持ちが比較サイトという需要を生み出し、ミスリードして業者に申込みをさせている悪意ある情報を掲載する様も確認する事が出来ます。

資金調達なんて聞こえのよい言葉で誘惑する情報は多数見る事が出来ますが、果たして当事者にとって本当に有益な情報であるかなんて保証など一切皆無であり、自転車操業のように延命を選択する事よりも、潔く諦める事を選択する方が正しい事だってあるはずです。

何が何でも資金調達する事が第一前提として考えてしまうから、正規の貸金業者やクレジットカード現金化、その他ファクタリングなどの事業を提供する彼らのエサになってしまうので有り、そのような無駄な粘り、悪足掻きをすることで虚業とも言える金策関連事業者が廃れる事が無いのです。

発信される情報を料理するのは自分自身

困っているからこそ、無料で簡単に調べる事が出来るインターネットを活用した検索。

この「貸金業がよい」「クレジットカード現金化の優良業者」「売掛金を即金に」「中小企業をサポート」・・・甘い言葉の数々に希望を見出す気持ちは分からなくも無いですが、人が取り入れる情報量には限界があるとされていますので、そのサービスの概要を比較的良心として捉える記述を並べていることが多く、利用に伴うリスクや展望についてはあまり触れられることがありません。

さらに誰もが情報に触れて発信できる世の中になったコトの象徴として、近年はブログやSNS、ユーチューバー、アフィリエイターのCtoCサイトの繁栄など、個人が影響力を持つ時代へと変わっています。

さらに少子高齢化に伴っているのですから、一人一人が持つ力や生産性はこれまで以上に求められているように、企業でも採用に力を入れる事ももちろん、企業研修を積極的に取り入れるなどその動きは顕著です。

話しが大分壮大な内容になってしましましたが、インターネットの世界では誰もが平等な関係である以上、一方的に発信される側のすべてをありのままに受け取る事は誤解を招いたり、間違いを受け入れてしまう事になり兼ねません。

クレジットカード現金化のような資金調達方法はとくに比較サイトでの情報収集を欠かすことは出来ませんが、当サイトを含めましてもその情報に関する確実な裏付けをされている証拠も出揃っているとは言い切れず、すでに溢れた情報をキュレーションしていることにより、運営者の意図や目的によって情報を改悪される場合がある事を消費者は理解しなければなりません。

情報は食材だと考えてください。

すでに調理された加工された食材だって有りますが、それをさらに調理するのか捨てるのかは私たち消費者次第です。

メリットに偏った記述、サイトデザインが綺麗だから信頼するというのは、まさに愚の骨頂であり、サービスを利用する為の取引内容や商品説明などの精査は誰もが行えるコトで有り、逆に行わなければ損をする事だって有ります。

「あっちの●●市場と同じショップ、同じ商品なのに●●●zonの方が安い」

なんてコト有りませんか?クレジットカード現金化も同じように換金する目的は同じであるモノの、翌々調べて見れば対応がまったく違うということはしばしば見られる事であり、単純に露出が高いお店がすべてよいとは限らない事を覚えてください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化業者の申込プランの違いってなに?

  2. クレジットカード現金化はクレヒスに載る?

  3. クレジットカードの「所持」が信用を生んでいる?

  4. クレジットカード現金化を使う理由ってなに?

  5. クレジットカードによって提示される金額が違うのか?

  6. クレジットカード現金化しにくいブランドはありますか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP