還元率・換金率とは?

よく出現するキーワードですね

クレジットカード現金化を利用する際に、とくに気にする箇所はこちらでしょう!広告をはじめ、各お店に記載している「還元率」「換金率」という言葉は我々一消費者の立場から見れば一番目にするはずです。

これは長らく時を経過しても不変なチェックポイントになっており、実際にこれを意識しない方はいらっしゃらないでしょう。

ほかにも、下記のような言い回しをする場合があります。

「返金率」「キャッシュバック率」、←の言葉はすべて言い回しが変わっているだけであって、どの言葉も受け取れる金額について指したもので変わりはないのです。

このパーセントが高ければ高いほど、我々利用者にとっては嬉しいわけです。


  • 1,000,000円x100%=1,000,000円
  • 1,000,000円x90%=900,000円
  • 1,000,000円x80%=800,000円
  • 1,000,000円x70%=700,000円
  • 1,000,000円x60%=600,000円

単純ですが、その他手数料などを加味しないで計算すると上記のようになるはずです。

100%での利用は不可能だと推測できますが、このように、利用する時はもちろん1%でも高いお店を選びたいですよね?この深層心理を逆手にとって悪質な営業方法で利用させようというお店も存在しています。

実際にお店のページには99%や90%、80%などなど、パッと見てよいところに電話をかけてしまいがちですが、実際に電話して話を聞いてみると、ホームページ上の表記と違うという口コミがあります。

ホームページもまた広告であり、「利用者の利用意識を促進させるために作られている」のです。

綺麗な構造のホームページだから、色使いが綺麗なホームページだからといって利用するのは業者に騙されている、業者の手のひらで踊らされているということです。

事例を書き下してみましょう。

  • 「クレジットカード現金化ができる確率を指していると言われた」
  • んー絶妙な言い回し、これはこれでたしかにそうですね(笑)業者によっては取り扱いが不可能な発行会社やクレジットカードブランドがあるようで、各会社が換金目的での利用について厳格な管理を行っている場合には業者から断れるとされています。

    単純に利用頻度が高くなったり、急に高額な決済をした場合に制限が入ることもあるようです。

  • 「別途で手数料がかかると言われた」
  • よくあるパターンで、じゃあ最初から言いなさいとツッコミましょうね。

    これは業者・店員の対応次第ですが、還元率・換金率を手数料名目をすべてコミコミで見積もりを出すところもあれば、提示された料率から手数料項目を差し引く場合もあり、とくに後者は差し引く前に高換金率・高還元率で提示されますので比較検討者が錯誤してしまう恐れがあります。

    この話術によって総額で考えたときに実は前者の業者が良かった、と後悔することになります。

  • 「送料・振込手数料がやたら高い」
  • ちょっとバカにされているかもしれません。

    一般的社会経験があれば、どれくらいの荷物にどれくらいの送料が掛かるのか、ネットバンキングにしてもATMにしても振込手数料が大体幾ら位なのかは容易く想像できるはずです。

    また、買取式の場合には商品を業者から指定される住所へ返送することになりますが、買取依頼という形ですからその際の送料は実費負担、つまり最初の見積もりと別に費用が発生する事になります。

こうしたことが当優良案内所でも投稿が寄せられていますが、一番よく遭遇するパターンは【本人確認等を送った後に、金額を伝えられるパターン】と、【振り込まれてから、気づくパターン】です。

  • 「電話で最初は●●%といっていたので、手続きを進めてもらったら、金額を言われたが●●%ではなかった」
  • 利用者側で暗算を出来ない事をよい事に悪質な対応をするパターンで、とくに電話が中心ですからそのまま流れで手続きが進むことになってしまいます。

  • 「電話で最初は▲▲%といっていたので、手続きを進めてもらったら、いろいろと手数料を引かれた金額が入金されていた」
  • 前述した各種手数料について説明不足、あるいは利用者自身がお金を手に入れる事に執着しすぎてよく話を聞いていなかったことによるトラブルです。

最終的な金額は最初に聞いたことと、話が違うということがあるようですので、双方で【言った言わない】の問題になると、話がややこしくなってしまいますから必ずメールや書面で取引の内容をお店から貰う様にしなければなりません。

本来は、90%ではないのに、90%のサービスを受けている気になっては井の中の蛙ですから、もしご利用される際は還元率・換金率ばかりを気にするのではなく、最初に【具体的な金額】を店員さんに尋ねましょう。

還元率、換金率が高い事には越した事はありませんが、サービス提供者も商売で営業している事を考えると余りにも高すぎる料率では運営が出来ない事は明らかですので、問い合わせした際に軽々と言いのける対応には少し気を付けて検討したほうがよいですね。

用意されているプランは関係ないと考えると・・・

各クレジットカード現金化業者のホームページを見ると、プラン別の申込みフォームが用意されている店舗とシンプルな申込みフォームの店舗など、複数パターンを見る事が出来ます。

プラン内容は「女性専用」「事業主専用」「シニア専用」が多いでしょうか?

しかし、その本質と目的は同じクレジットカード現金化ですので、プランを多く見せる事でサービスが充実しているように見せかけているだけと推測が出来ますし、これらのプランの違いによって換金率、還元率が異なるようであれば差別的でどうなのかな?と考えてしまいますね。

たしかに男性だけでなく、女性の方や事業を営む方の利用も有るようで数多くの体験談と口コミを当案内所でも頂いておりますが、このようなプランの表記はいずれにしても口実に過ぎませんので、しっかりとサービス内容を聞いた上で他の店舗と見比べるようにしましょう。

基本的にはこうしたプランが用意されている業者もそうでない業者も変わりは無いと考えるべきで、希望している金額が高額であれば優遇する傾向が各業者に掲載されている換金率表からも窺い知ることができます。

ショッピング枠で購入される商品は媒介させる手段ですから、プランによって商品が変わるとしてもそれが直接換金率に影響を与えるというのは考えにくいのではないでしょうか?

また、クレジットカード現金化業者によっては女性店員さんが居る店舗もあります。

男性には話しにくい女性の問い合わせにも希望をすることで女性店員さんが対応してくださるところも有りますが、女性店員さんが居る事にビックリと言いますか、ちょっと拍子抜けしてしまいますね。

yahoo知恵袋やNAVERまとめ、検索エンジンのサジェスト補助入力などで、クレジットカード現金化業者によって自演の口コミや広告文を書き込みしているのを見ることが出来ますので、ステマは少なからず存在している事は明白ですから、見た目や広告に惑わされずに自分の判断の元で選ぶことが大切です。

どこを選んでもクレジットカード現金化業者ですから、比較検討者の興味を引く為のこうした差別化が行われていると考えられ、Amazonギフト券を使った換金がプッシュされ始めた背景にも言える事かもしれませんが、それに伴う換金を希望した利用者の責任が変わるものではありません。

少なくとも他の比較サイトにおいても業者の説明には無い情報が更新されていますので、各項目をお調べになっていただいてからご自分に合った店舗を探し出して見ましょう!

関連記事

  1. ショッピング枠の使い方には規則が設けられている

  2. キャッシング枠かクレジットカード現金化 選択で迷ったら?

  3. クレジットカードで税金を払える?

  4. クレジットカード現金化は働いてない人でもできる?

  5. Vプリカをクレジットカード現金化できますか?

  6. クレジットカード現金化とキャッシングの違い

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP