クレジットカード現金化の必要最低条件

とりあえず一見してから

クレジットカード現金化は利用者が換金までの手段について、仕組みについての知識があるだけで優良業者の比較がしやすくなります。

本来包み隠された内容も利用者の口コミや比較サイトたちの情報収集により、業務対応上では説明されにくい部分であったり決してホームページに掲載されることが無い情報までかなり網羅されてきているのではないでしょうか?はじめて換金を望む方もすでに経験があって他店への乗り換えを検討されている方の両者にとって、こうした情報は重宝されています。

どんなサービスにおいても利用するにあたって何でも諸条件が有るように、クレジットカード現金化をする為の必要事項が有りますので、クレジットカード現金化の利用を検討される前に利用するにあたって必要最低限の条件についてまとめてみました。

お店に記載がないところが多い部分ですから、当優良店案内所で少なからず調査させていただきましたのでスムーズに出来るよう把握しておきましょう。

  1. クレジットカードを持っていることが前提です。
  2. VISA、MASTER、JCB、AMEXなどの国際ブランドのロゴが入っていない、一般的なキャッシュカード、ポイントカードのようにものに関しては利用出来ません。

    以前、いつの日か忘れましたがとあるお店に問い合わせをした時に、「稀にキャッシュカードを換金できると思っていた方がいた」という話を聞いたこともありました(笑)さらには、企業が発行するその企業が提供しているショッピングサイトでの利用のみクレジット機能を有するという一般的に馴染みの無いタイプもあるので所有している方にとっては少し面倒ですね。

    もし、判断に困っているようでしたら、店員さんに聞いてみましょう!お金に関する商売を行っている以上、知識のある店員さんが居ると安心ですよね?その際、クレジットカード自体を送らせるクレジットカード現金化業者は本来その必要が有りませんので悪徳と判断しましょう。

    利用しようとしている店員さんが知識があるかどうか確認が出来ますし、しどろもどろな電話対応をするようなお店や相談に答えてくれないところは避けましょう。

    たとえ換金率・還元率の提示が良かったとしても、何かあっては困ってしまうだけです。

  3. ショッピング枠の残高を確認すること
  4. 今、必要な金額はいくらでしょうか?利用後の錯誤を招く原因にも繋がりますので「だいたい●●万」←これではOUTです。

    自分自身のクレジットカードなのに把握していない方って結構いらっしゃるようで、そんな管理の仕方ですから逐一いつ利用して幾ら買い物をしたのか覚えている事はないでしょう。

    現金を出さずにカード一枚出せば清算、一度や二度、三度と使い続ける機会が多ければなおさら把握出来ませんよね?ショッピング枠の残高が不足していれば、もちろん振込を受けることはできませんので、これは店員さんよりも指摘を受ける事もありますが自分の為にと考えて率先して確認をするべきです。

  5. 身分証明証を用意すること
  6. 消費者金融をご利用されたご経験がある方はご存知かと思いますが、クレジットカード現金化を利用する際も公的な身分証明証が求められます。

    クレジットカードが本当にご本人様のものかどうか、別人に使われていないか、偽造されたものや盗まれたカードかなど、不正利用防止のための必要事項とされており、近年ではマイナンバーの提出を求める業者も出てきているようです。

    逆にそういったものが必要でないというところは、利用者の個人情報の扱い・管理が徹底されていないような業者であり、例え一利用者は問題無く取引出来たとしても他者がトラブルの原因となる事で巻き添えになる事も考えられます。

    これは少し突っ込んだ話になりますが。決済の仕組みによりなんらかの決済代行会社を介していると推測され、代行会社の先には銀行やクレジットカード関連の金融機関も絡むようなのですが、そのラインを汚すことになりますと複数のラインを繋げていなければ一網打尽になるということです。

  7. 振込先の銀行口座・信用金庫口座
  8. クレジットカード現金化業者は店舗型の店も存在はしていますが、今ではインターネット上で営業している無店舗型の方が主流です。

    現金の手渡しではなく口座への振込となりますので、銀行・信用金庫の口座が必要となります。

    もちろん、他人の口座を利用することは出来ませんし断られるだけなので注意してくださいね。(家族の口座もNG)

  9. 時間に気をつける
  10. 前述の通り、口座への振込ですので通常の金融機関の営業時間は平日午後3時までです。(近いうちに拡大するという噂があります)

    当日にお金が必要な場合、15:00までに手続きを終える必要があります。

    15:00を過ぎた振込は、すべて翌営業日日扱いとなり、翌営業日の午前中に振込反映があるはずです。

    また、クレジットカード現金化業者と同じ金融機関の口座を持っている場合ですと、そのような時間帯や土日祝日に捕らわれることなく、即時即日に反映が可能です。

上記の4つの条件を満たすことで、クレジットカード現金化業者の利用が可能ですが、ほかには顔写真の提出などが求められるケースがあるようです。

未成年者の利用は煙たがられている

クレジットカードは18歳以上から発行の申込みを受け付けていますが、これは社会に出て収入を得るであろう年齢で有り利用した金額の請求をしても支払ってくれるだろうという判断で発行されています。

しかし、18歳になったからと言って審査に通る保証も有りませんので落ちる事もあるでしょう。

家族がすでにクレジットカードを所持していた場合、名義の筆頭者はその家族になりますが、与信枠を共有してクレジットカードを所持することが出来る「家族カード」というサービスもありますので、実質的な審査無しで所有することも可能です。

クレジットカード現金化の手段には「還元式」「買取式」がありますが、還元式であれば商品購入の総付景品となりますので法律上は違法では無いですし未成年者の利用も事実上可能ですが、買取式は質屋の体裁を取っていますので、質屋営業法上で20才未満の者とは取引すると法律違反になります。(質屋さん、チケットショップでの買取も違法)

しかし未成年者として各社に調査した結果、多くのクレジットカード現金化業者では未成年者の利用を断るケースが目立つ事が分かっていまして、利用後のクレジットカード会社への支払いについて焦げ付く恐れを考えて自主規制をしているようです。

クレジットカード現金化_未成年」と検索致しますと、出てくるのはアフィリエイト報酬目的で運営されている悪徳乞食サイトですので、くれぐれも彼らの養分になる事が無いようにクリックしてはいけません。

未成年者がクレジットカード現金化をする事が無いよう、当サイトでもクレジットカード現金化は未成年(学生含む)も実行できる?を投稿しておりますが、SEO対策をされているのか誤った内容が上位表示されていますので注意をしてください。

どうしても利用したいとしても、身分証明書の提出によって嘘を付く事は不可能と考えてください!

利用発覚後クレジットカード利用停止になる事もありますし、トラブルを避けるために親御さんに相談する事をオススメします。

長々と必要最低条件について、他にも各記事で注意事項について綴っておりますがこれは業者がどのような商品や手段を用いているとしても共通している事項ですので、特定の業者だけに限った話ではないと覚えてください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化の大きな特徴って?

  2. メルカリのクレジットカード現金化業者は違法です

  3. クレジットカードを悪用した新しい手口(2014年11月)

  4. クレジットカード現金化を比較する時のポイントは?

  5. クレジットカード現金化で借金の一本化はできますか?

  6. クレジットカード現金化には審査が無い

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP