クレジットカード現金化の高額予算

必要に迫られた高額な支払いに利用したい

積極的にクレジットカード現金化を利用する人はまずいないでしょう。

幾ら決済する事でポイント還元が受けられるとしても、何十パーセントも付与される事がありませんし、業者より提示された金額に微々たる数字が上乗せされるだけですから、利用を繰り返して何の得は生まれない事はいうまでもありませんね。

このサービスを利用する事で吉となる項目は、「一時的に必要」とされる場合に限ります。

利用目的がさまざまある中で、断定した表現の理由としまして、クレジットカードを所有していればどなたでも、という触れ込みで運営されているお店がほとんどです。

専業主婦や無職のように収入源が無い人、アルバイトやパートなどの収入が不安定かつ低所得者が申込みをすることで、備えられている与信枠が現状の経済環境の支出サイクルのバランスを崩しかねない恐れがあります。

しかし、こうした人だけに言えることでも無く、幾ら収入が多い人でも支出が所得を上回る人もいらっしゃいます。

たとえば、前年は高収入だったけど今年度は所得が低い方にとっては、前年度の数字から算出される税金関連は皆様も想像しやすいでのではないでしょうか?納税は国民の義務として身近なモノですからね。

会社経営者の方であれば、売掛金が入らない・遅れるなどの理由により、逆に自社の支払いサイクルが乱れる恐れも有りますが、その為に取引先に頭を下げるのも選択肢ではあるものの、仕事として・会社としての信用を著しく損なう事になります。

銀行に融資の申請をしたところで、当然所定の審査手続きが必要になり、知人が正にこの状況に陥りましたが一週間程度の時間を経過した後に合否結果が通知されたと言います。

自己資本が潤沢にある企業であれば柔軟に対処できますが、中小企業は各取引先との擦り合わせをしなければなりません。

急な方針転換に対応する事が、世間一般的に考えられる方法では解決出来ない為にクレジットカード現金化を選択される法人名義の方もいるようで、数あるお店の中にも「法人専用プラン」などと専用の申込みフォームを設けているところすらあります。

それにしても高額な金額が必要になる事って・・・何が有るんでしょうね?

  • 会社間の支払い
  • これは前述した通り、個人よりも法人の方が取り扱う金額が必然的に大きくなるからですね。

  • 税金や年金などの公金関連の滞納
  • 国民の義務だというのに・・・恥ずかしい話です。

  • 私利私欲
  • 欲望の数は無限ですよね?車に高級ブランド品、高級賃貸住宅、ギャンブル、歓楽街などなど。

  • 目標や夢、人生における分岐点
  • 進学による学費や留学、脱サラや借金返済など。

少額な予算に関しては主に生活費が挙げられ、生活費の捻出をする為に高額な見積もりをする事はよっぽどの浪費家の方で無い限り利用する理由にはなりませんね。

こうして高額と予想される支出項目を見ますと、季節柄のイベント時にはよく利用されているのではないでしょうか?たとえば、多くの人が新生活を迎える春先や、夏の行楽シーズンの娯楽関連はとくに利用が集中していると予見出来ます。

ショッピング枠は引き上げられる

高額な予算を希望する場合、クレジットカード現金化を実行する為にソレに見合った与信枠の残高が求められます。

お店より換金された金額を受け取る為には、予算に比例して与信枠が必要になるのです。

中には制限の無いクレジットカードがある事はご存知ですか?

アメリカンエキスプレスでは、一番ランクの低いグリーンデザインでさえも限度額が決められていないとされ、他の発行会社ではブラックと呼ばれるランクまで会員ステータスを上げない限りは具体的な上限金額が設定されます。

厳密に言えば、名義人の収入が一番の要素となっており、名義人たちには表向きに上限は無いとしておきながら、実際には社内機密で管理されているとされています。

通常発行時に上限のお知らせを受け取るはずですが、ずーっと決められた金額では無く、問い合わせをすることで再審査をしてもらう事が出来ますし、クレジットカード会社によっては自動的に引き上げられるところもあるようです。

とくに楽天や各百貨店に代表される、発行枚数の多い「流通系クレジットカード」は文字通りショッピングを目的とした提携サービスが特典として強化されており、日々の生活費の支払いもこのタイプで済ます方が多い為、必然的にクレヒスが溜まっていきます。

健全に利用を続けていれば優良顧客として認められ、より使ってもらえるように発行元で手配されているようです。

2枚目を取得する際には、1枚目の利用状況も加味された審査となりますので、複数のクレジットカードを所有するよりも一枚を大事に使い続ける方が結果的に与信枠の総額は上がるのではないでしょうか。

高額な予算でクレジットカード現金化を利用すること自体は、なるべく控える事が賢明であり、せっかく好条件で設定されている与信枠を台無しにする結果になってしまわぬよう、個人・法人を問わず日ごろから健全な金銭感覚を保てるように管理しましょう!

関連記事

  1. ファクタリングとクレジットカード現金化と同じ様なもの?

  2. いつまで経ってもお金が貯まらない人の特徴

  3. 悪徳業者の手口は?

  4. ブラックでもクレジットカード現金化はできますか?

  5. 個人情報が漏れない

  6. 換金という仕組みがもたらす事

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP