自分自身で現金化

クレジットカード現金化を自分でする方法はありますか?

業者とは事業や商売を行う人や組織を指す意味であり、クレジットカード現金化を業として営んでいる者たちはボランティア団体でも行政機関の公務員でもありません。

業で有る以上、利益を得ながら運営をされているのが世の中の民間サービスのすべてに言えることであり、行政が事業展開をする国営の組織の数は決して多くありません。

換金を求める方の中で、好き選んでいる人などいないはずです。

クレジットカード現金化を自分でする方法の一覧

クレジットカード決済端末

すでにあるものでしか出来ないことなので、公然と知られているサービスを利用する他、手段はありません。とくに勿体ぶるつもりはありませんので、さっそく下記にご紹介しましょう。
  1. 飲み会の幹事になって、会費を現金で集金し、支払いは自分のクレジットカードで行う方法
  2. 知人の買い物に付き添い、代わりにクレジットカードで支払いをして現金を受け取る方法
  3. 商品をクレジットカードで購入し、買取店に買取依頼をする方法
  4. たとえば…ブランド品・家電製品・金券類・チケット類・流行中の品物・切手など

  5. 商品をクレジットカードで購入し、オークションサイトで出品し、売却する方法
  6. たとえば…Yahoo!オークション・ジモティー・メルカリに代表されるフリマアプリなど

  7. 個人でも利用できる電子決済端末を用い、自分でクレジットカード決済を行い、入金先を自分の口座に指定する方法
  8. たとえば…Square・PayPal Here・コイニーなど

電子決済端末を用いた方法は、他の方法と比べてもっとも料率が安定しています。

何か商品を用意する方法の場合、その商品の市場価値と評価額が変動することは皆様もご存知でしょう。

もちろん100%を超える換金率もあり得る話ですが、その確率に期待するよりも、決済手数料が決められている電子決済端末を用いた方法がもっとも現実的な方法と言えます。

クレジットカード現金化業者を利用しない方法について調べる理由とは?

クレジットカード現金化を希望する方は、業者の存在を確認出来る事から一定の需要と利用者数が存在することを示しており、すでに10年以上営業している業者もあります。

顧客需要が無くなれば廃れるのが経済です。

今現在までに長年営業している優良業者であったとしても、手数料を支払う事については多くの人が抵抗感を覚えるものです。

そもそも困っているから手数料云々業者のコトよりも自分自身を優先する…。

このような私情感情が入って当然なのですが、クレジットカード現金化という取引に対する見方では無く、業者との取引に対する嫌悪から抱くものではないでしょうか?

「手数料を支払いたくないけど、換金をしたい・・・」

そんなワガママな願いを業者が聞いてくれるはずも無く、本当にそれが嫌なので有ればもう自分自身で手段を模索しなければなりません。

しかし、いざ行動しようとすると…

「自分自身でクレジットカード現金化をするということは、支払先を自分にして、それを振込む・・・??どうやるんだ??」

と、なりませんか?

結局何かを「媒介する工程」と「商品を購入する」ことの必要性は変わらず、それが商品であったり、決済環境の整備をすることは自分一人で用意するには時間が掛かるのです。

どんな方法にしても換金する為には第三者の存在が肝になるということであり、これらの手間をすべて省いた形がクレジットカード現金化業者ということを考えますと、手数料が差し引かれる事に対してはある程度の妥協が必要であると理解できます。

こうした手数料の発生が、クレジットカード現金化業者に対して嫌悪を抱くキッカケです。

なんらかの手続きに対する請求としての手数料名目につきましては、何もこの業種だけではありません。

世の中にある商法のすべてにおいて手数料が含まれた形での金額提示、あるいは別途で手数料を請求する事などよくある話です。

キャンペーンを開催しているお店…実はやっていない説
その内容はなんらかのモノがプレゼントされる形であれば非常にわかりやすいのですが、換金率に関わるキャンペーンにつきましては掴み処が無い為に、その内容につきましては十分に説明を聞くようにしてください。

クレジットカード現金化業者を利用しないで換金をすることは認められているの?

クレジットカード現金化業者に関わる事は、何かとトラブルが発生するのではないかとイメージがつきものですが、実は自分自身で実行したときにも同様のリスク・トラブルの要素を抱えるのです。

関連団体での注意喚起と致しましては、それで利益を挙げる業者の撲滅と業者との関わりによるトラブルが例としても挙げやすいことから、クレジットカード現金化そのものを目的にしないよう注意しているのが現状です。

国民生活センター・消費者庁による案内では、業者で利用する事を想定した注意喚起のみとなっており、それでは業者を通さずに行う事につきましては一切の記載を確認する事は出来ませんが、もっと関わるあらゆる関係の大本までに掘り下げたところでクレジットカードの発行元という立場が有ります。

発行元はショッピング枠が換金されることに対して、どのようなスタンスを取っているのかと言いますと、もちろん禁じ手とされています。

業者に申込みをする以前にダメとなっているのですから、業者を利用する事も個人で行う事も良しとされていないということです。

換金を目的に利用する際には、下記の手順によって一応換金が可能になることは明白。

  1. ショッピング枠で買い物をする
  2. 商品の買い手を探す
  3. 自分自身で決済環境を整える術が有るのであれば、それをすぐに換金する事は出来ませんが理論上は出来ます。

上記に挙げたように業者を利用する事と同じように媒介物を購入し、それの買い手を探すことが自分自身で行う事の作業とまったく同じ。

買い手が幾らで買うのか保証されている訳では有りませんし、いつ売れるのかもわかりませんが、その点業者は代行してくれているという感覚で、換金までの時間を圧縮してくれます。

しかし、支払いが終わっていない状態で、買取ってもらう行為は横領の可能性が有ります。

支払いが終わっていない状況で、決済したことで手にしているその商品は、本来の所有権はクレジットカードの発行元にあるからです。

このように考えますと、自分自身で行うクレジットカード現金化も違法性・問題点の考え方は同じと言えます。

利用明細を常に発行元に管理されているということからも、換金のハードルは簡単そうに見えて、見えない要素が複雑に絡んでいるのですね。

まとめ:自分でやる・業者に申し込み、どちらも同じクレジットカード現金化!

こうして書き綴った内容をあらためて見ますと、業者を利用する事がよい様にも受けるかもしれませんが、結局のところどちらも同じクレジットカード現金化です。

換金を希望する方にとって、どのような利用条件が好都合であるか否かの違いは、自然と優劣が付くものです。

換金性の高い商品は幾つか挙げられますが、業者が購入を指定する商品や買取率が高いとされる商品は総じて変わる事が有りません。

それを捌く先の買い手も変わらない事を考えますと、結局は時間に余裕が有る方は自分自身で、時間の猶予が無い状況であれば業者に申込みをするという単純な分け方でよいと思います。

それでも発行元各社が嫌う利用の仕方なワケですから、「餅は餅屋」では無いですが自分で行う事に不安を感じる方は、その不安を解消する為の代金として考えるのも一つ。

第三者に委託する事の不安として、以下のことが考えられるのではないでしょうか?

  • 振込がされない
  • 後で何か要求される
  • トラブルに巻き込まれる・・・など

いろいろと不安が有りますが、現状においてすでにクレジットカード現金化業者の数自体が減少傾向に有り、少なくとも比較サイト等で取り上げられている情報を基に掲載されているお店をあたってみる事が一番よい検討方法と言われています。

ここまで記事をご覧になっている方で、嫌悪が拭い切れない方は辞めておくことを強くオススメします。

結局のところ、すべての不安や欲求を満たして金銭的悩みを根本から救ってくれるサービスなどありません。

己の行動と生き方が抜本的な解決に直結するのであり、つまるところ他人・第三者のサポートよりも自分自身が耐え凌ぎ、努力をする他ありません。

換金した時の自分と、換金しなかった時の自分、その他さまざまな方法を模索しながらも、どれを選んでもその後の自分自身の生活をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

当記事では何も難しい事を言っているのでは無く、普通に考えても出来る事しか紹介が出来ません・・・。

収入が無い状況で、就職先や勤務先が定まらない状況の方が利用する事はとくにオススメできません!
このような方は、換金後の予測は出来るはずも有りませんよね?
想像が出来ないということは、やめておいた方がよいという解釈にしておきましょう。

関連記事

  1. クレジットカード現金化 買取方式ってどうなの?

  2. クレジットカード現金化を利用する際の限度額は?

  3. クレジットカード現金化の手続き

  4. 買取式とは

  5. 急に必要でも

  6. ショッピング枠とは

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP