クレジットカード現金化を行う上での注意点

知識や知恵も無く、目で見たものすべてを鵜呑みにする人を「情弱」と言います。

ネット社会の中で、どのような仕組みの事業が成功するのかを考えたときに、一番手っ取り早いのはこのタイプの人間を相手にする商売とされており、中でも与沢翼さんが飛びぬけて成功されました。

パッと業者の謳い文句に騙されないために、当案内所ではほかの比較サイトよりも多くの情報を発信していますので、当案内所の各種コラムをぜひ一読してください。

無知識でクレジットカード現金化は危険です

ネット社会である21世紀ですが、一昔前まで携帯電話は存在せず、Eメールやアプリもありませんでしたが、普通に生活出来た世の中がありました。

今ではさらにEメールよりもLINEやFACEBOOKといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で人との交流が出来るようになり、それだけネット犯罪に触れる可能性も増えたと認識できる人は多くありません。

クレジットカード現金化の仕組みについては、法に触れないか触れるかあやふやな状況であり、営業ができているのが現状。

優良なクレジットカード現金化業者を選ぶことも重要ですが、どの店舗を利用するにしても、利用者自身が注意すべきことを調査し、いくつかに分けて記載します。

  • 即時・即日の振込を希望するとき
  • 銀行が営業している時間=業者が送金可能な時間として、これまで当日振込と言えば15時までが基本でした。
    2018年10月9日から銀行間のシステムが変わり、業者も同じように対応することができるようになったのです。
    即日が当たり前になっていますので、時間や日数を要する旨について説明する業者に注意が必要です。

  • 振り込まれる日を聞いて確認する
  • 決済方法が配送業者による代引カード決済の場合や、キャッシュバックの換金方法で即日振込としながらも、商品または荷物の受け取りを確認してからの振込になる業者があります。
    買取式なら後日の振込は珍しくありません。
    急な要り用とはいえ、焦りは禁物ですから、しっかりと実際に振込があるまでの過程を聞いて押さえておきましょう。

  • 本当に利用する必要はあるのか
  • 「家族にばれたくない」・「遊びに使いたい」・「内緒でお金がほしい…」などなど、私利私欲のためにお金が欲しい人は、クレジットカード現金化はオススメできません。
    そのままそっくりお金が振り込まれるわけでないことを認識しなければ、後々大変なことに。
    業者も営利目的で営業していますから、どうにか使ってもらうようにしたい魂胆がありますので、当然に甘い言葉も使うでしょう。
    利用用途を説明し、親身に説明してくれるクレジットカード現金化業者こそ、誠の優良店と言えます。

クレジットカード現金化業者は非対面取引が中心です

クレジットカード現金化業者は電話が基本

星の数ほどに数多く存在するクレジットカード現金化業者ですが、対面する事無く取引が出来ますので相手がどのような人物であるのかわかりません。

ネットを媒介した取引は、ネットショッピングやSNS・ゲームアカウントの売買など多岐に渡って普及し、クレジットカード現金化に限らず日常的なものとなりました。

ただ、どんなサービスにしても相手の事がよくわかりませんのでネットショッピングにしても楽天やYahoo!、Amazonといった巨大なプラットフォーム上で運営している店舗での取引をした方が、詳細不明なネットショッピングサイトを利用するよりも安全に感じませんでしょうか?

各プラットフォームの厳正な審査基準に合格して営業が許可されている事と、常に不正の監視を行っていますのでネットで買い物をするのであれば当然だと思います。

このように、ネット上の取引では相手の信用度が重要になってきますので、クレジットカード現金化業者も同様に比較サイトや口コミサイトで掲載されている店舗以外での申込みは余りオススメでは無い事がご理解いただけるはず。

下記の見出しでは、利用される際にお金絡みの犯罪に巻き込まれる代表的な犯罪を調べ、利用する前に注意すべき詐欺の手口をご紹介します。

  • 「クレジットカード現金化だと思って問い合わせたら、違う方法を提案された」
  • 「お金を貸してくれるところかと思ったら、クレジットカード現金化を案内された」

クレジットカード現金化業者に限った話ではありませんので、消費者金融等の貸金業全般を検討されている方も要check!各所で下記のような事がありましたら、すぐに電話を切ってくださいね。

紹介屋

「うちでは審査が通りませんでした」「より審査の甘いところをご紹介しますよ」など、ほかの業者へ誘導され言葉巧みに紹介料と称し、お金をだまし取る詐欺です。

インターネット上ですと、貸金業者の仲介所として無料案内サイトで利用者を集めているようで、複数の業者をたらいまわしにされたり入力した個人情報の流用の可能性も否定できませんので被害遭わないように注意してください。

保証金

「振り込む前に保証金が必要です」「ご利用停止中の状態を解除する保証金が要ります」など、尋常でない保証金をだまし取る詐欺で当然ですが信用情報はお金では解決できません。

正規の金融機関名を名乗って、甘い言葉を並べて融資を持ちかけられて最終的には保証金を払っただけで、融資を受けられることはありません。

振り込み

業者から振込を受けた後…「ご利用枠が増額できます」・「再度お手続きが必要」などと話を持ちかけて、振込されたお金を再度、業者に振り込ませるように促す詐欺です。

利用後に業者とコンタクトが取れなかったり、不可解な内容の連絡があった際には手遅れかも。

090金融

これは現在流行っている仕組みで、連絡先がすべて携帯電話番号なのが鉄板。

勧誘の手口はインターネットの掲示板やチラシ、電柱、さらにはCメールやEメールで勧誘をして来ます。

正規の貸金業者では固定番号・フリーダイヤルが用意されているのが普通ですよね?

携帯電話番号を何個も保有して、たくさん営業できるようになっています。

年金担保

年金を担保にすることで融資を受けることが出来ると謳うパターンですが、貸金業法で公的給付を受けている方に融資を促進させる勧誘行為が禁止されています。

年金は担保に出来ませんし、騙されて振込先口座の通帳やキャッシュカードをだまし取られることもあるそう。


上記5つの詐欺の対象者は、一度でも借金をした経験のある人や破産者、多重債務を抱えている人など、社会的立場の弱い人が狙われています。

彼らは利用者の親族関係の情報を抑えようとしてきますから、利用者を元として家族にも迷惑を被ることになるのです。

近年の総量規制の影響から利用者が増え、被害もあります。

暴力的・恫喝されるような取り立てが待ち受けていますので絶対に利用しないことです。

クレジットカード現金化業者以外にも注意点はある

クレジットカード現金化業者はサービスの斡旋を行っているのみである為に、いくら業者が営業していても商品の配送や送金などは他の業者が関連してきますので、即時即日対応が出来る店舗は意外と少ない事が当案内所の調査で分かっています。

配送や送金は各業者、金融機関の営業時間によって左右されますので理解しやすいかと思いますが、それ以外にとくに地方にお住まいの方は注意していただきたいのですが、お受け取りされる際に出向くであろうATMの営業時間です。

コンビニのATMでも店舗によっては取扱いの出来ない金融機関も存在しますので、時間に余裕を持って申込みをしましょう。

とくに年末年始やゴールデンウィーク中に各金融機関がシステムメンテナンスで一時停止される事がありますので、大型連休中の利用を検討されている方は、クレジットカード現金化業者に問い合わせをする事がオススメです。

ハイシーズンは対応が遅れる事もある

ちょうど申し込みが殺到するであろう時期というのが決まっていると店員さんから聞きました。

たとえば給料日前でよく言われる五十日(ごとうび)前や、先ほども挙げました金融機関の兼ね合いから金曜日が混雑しやすいという利用者の動きがあるようです。

さらには年末年始、春先の新生活準備時期、大型連休前には早めの申し込みを促す告知が増えます。

先に申し込みをした方が優先されて案内されるでしょうから、差し迫ったタイミングでは業者も金融機関営業時間内での送金手続きに間に合わせる事は物理的ムリでしょう。

年末年始のクレジットカード現金化は可能なのか

業種にも左右されますが、近年社会的な話題として勤労の話題をよく目にする中で普通の会社なら年末年始はお休みですよね。

クレジットカード現金化業者もその例外では無く、休み無く営業をしている業者の方があります。

何かトラブルになったときに連絡が繋がらない事よりも、いつでも連絡が取れる環境を整えていることは、優良店の必要条件。

数は少ないものの営業しているお店はたしかにありますので、年末年始でも申し込みは可能です。

各貸金業者におきましても店頭対応で直接取引については休みのようですが、無人機は動いているようですので自分の状況に合わせて選択する事はこれまでと変わりありません。

クレジットカード現金化業者との契約内容を理解しましょう

クレジットカード現金化業者との契約内容

安全性を謳うお店こそ信頼できない業者は無いと考えます。

営業年数につきましても同じ考えを持っており、何事も無く続けられている事の証ではありますが、それはあくまで比較検討要素の一つにしか過ぎないと申しますのも何年も営業していた業者が実際に逮捕されている事実があるからです。

今なお営業しているとしても、実は契約内容に違法性があればいつ何が起きても不思議ではありません。

利用者自身が自分が何を購入してその商品がどういう形で買い取られていったのか、あるいは商品の受け取りやキャンセルについてはどのように扱われて処理されるのか、きちんと手続きの意味を理解しなければなりません。

お金を手に出来る事から金融と勘違いしている方もいらっしゃると思います。

換金を希望した方の責任がまったく無いワケでは有りませんので、利用者と業者の間ではどのような名目で取引されるのか説明を求め、互いの認識のズレから大きなトラブルにならぬよう注意してください。

クレジットカード現金化業者から迷惑メールが来ていませんか?

各種無料応募サービスには要注意!あなたのメールアドレスがリスト化されているかもしれません。

誰もが雑誌等で、応募者全員サービスというようなキャンペーンをで見かけた事があるかと思いますが、近年はインターネットやアプリという電子情報サービスの発達に伴い、従来の広告・宣伝方法が年々変わってきています。

応募者全員、または抽選でなど諸条件は異なりますが、インターネット上のアンケートやアプリなどでも同様のサービスを見かける事があります。

名前や電話番号、メールアドレスを送るだけで抽選に参加できるというごく簡単な仕組みになっていますが、実はアドレス収集する事を目的に作られた広告であり、抽選は一切行われず迷惑メールが届くようになるというものです。

悪徳なクレジットカード現金化業者の中には、このメールアドレスを利用してサービス案内の迷惑メールを送りつけているところもあるようで、その他出会い系サイトや情報通信サービスに関連する営業メールが届くなど悪用されている実態があります。

すべてが収集目的であるとは言い難いのですが、【キャンペーンを提供している会社がどのような会社か】・【内容が応募者に対して有利過ぎていないか】・【規約に以後メールを送られてくる記述はあるか】など、このような事を確認しないで安易にポチッと押してしまう事は非常に危険です。

送信された情報がどのように管理されているのかは、我々消費者が知る事の出来ない部分。

この事実に関してしっかりと説明を返してくれる業者であるか、プライバシーポリシーの表記はあるかということを確認出来た上で、はじめて比較検討リストに入れましょう。

クレジットカード現金化に限っては、迷惑メールで送られてくる内容はその当事者が抱える悩みに付け込んで、甘い言葉を垂れ流すだけで十分な説明が記載しているような事は無く、何気なく記載しているリンクを押さないように気を付けてください。

迷惑メールが送られて来たら、疑いの目で判断する事が大切です。

関連記事

  1. クレジットカード現金化はクレヒスに載る?

  2. クレジットカード現金化の悪徳対応まとめ

  3. クレジットカード現金化の買い取り式は違法?

  4. クレジットカード現金化業者って審査が無いって本当?

  5. キャンペーンって何?

  6. クレジットカードを有効活用!現金払いには無いメリットとは?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP