外国人ですがクレジットカード現金化は可能ですか?

誰もが持てるクレジットカード

クレジットカードは日本人だけが持てるというわけでは無く、全世界の端末で利用できることから世界中の人々が所有しています。

今回のコラムでは、外国人という理由だけで手数料が掛かると言われて、換金率・還元率が落ちた事があるという、悪徳業者の利用体験談の投稿を受け、クレジットカード現金化業者に電話にて「外国人ですが利用できますか」と聞き、問い合わせ調査を行いました。

クレジットカード現金化の普及は、日本国内でも皆が知っているというわけではありませんが、海外ではクレジットカード現金化のサービスを、業として営業しているサイトは見当たらない事と、投稿者の方も、来日してからサービスを知ったということで、日本独自のサービス内容で有る事がわかります。

外国の貸金業の実態を調べますと、日本では貸金業者が金融機関に吸収され年々金利手数料が低くなっていますが、諸外国では民間企業の融資が広く行われており、金利手数料も日本のおよそ倍まで認められている国もあります。

この金策の理屈的には国籍は関係無いために、英語や中国語を表記しているお店もありますが、そのお店の数はごく僅かと思われ、当案内所でも把握しているお店は店舗型の「天商」というお店しか把握していません。(天商さんは、上野と横浜に店舗を構えています)


※天商は後に出資法違反で逮捕され閉店しました。買取式の換金方法を取り入れていたようですが、自社で販売する商品をその場で買い取る手口で売買取引を装った貸金業という見方が報道されていました。


クレジットカード現金化は、「ショッピング枠があれば誰でも利用できる」と謳っていますが、ほとんどの店舗ページを見回しても、日本語のみの表示が多いため日本語を理解できる方で無いと利用は難しいです。

当案内所の人間は外国籍では無い為、身分証明関係を提示することは出来ませんので、今回は実際に利用をせずに、電話問い合わせのみを行いました。

無数のクレジットカード現金化業者に問い合わせをしたところ、ほとんどのクレジットカード現金化業者では日本国籍でないと利用ができないとのことでしたが、当優良店案内所でランキング圏内の店舗では利用できるという話でした。

その他の業者でも日本国籍(永住権)のある方なら出身の関係は無いとのことで、身分証明証等の提示は当然必要になりますが、通常のお申込み方法ととくに変わりはないようです。

日常の買い物にしても、外国籍だから金額が上がるという屁理屈はありませんよね?ということは、そのような対応を取る業者は悪徳と判断することが出来きますよね。

外国人でも大丈夫な業者を見つけたから安心ということではありません

外国人の方でも利用できる業者を見つける事も大事ですが、根本的な要素を疎かにしてはなりません。

利用後の支払いを済ませるまでがクレジットカード現金化です。

利用用途がどんな出費であっても、計画的な利用を心掛けましょう。

与えられた与信を限度額いっぱいに利用しても、支払いをしていくことが困難であることは明白であり、その一時的な凌ぎの為のクレジットカード現金化の利用では、ゆくゆくは身を滅ぼすことになるのは確実です。

海外絡みでの余談ですが、海外FXやバイナリーオプションのサイトでショッピング枠を使い、専用の口座に入金して、現金で引き出す方法を最近見かけます。

そのような利用目的をするユーザー向けに手数料を設定していたり、実際に引き出せるのは数週間後という実態がありますので注意してください。

他の比較サイトではまったく利用できないと紹介されているけど?

この金策における情報を発信する比較サイトの数は、年々増加している傾向にあります。

その中でも外国人に対するクレジットカード現金化の情報は数が少ないのですが、他の比較サイトで発信される情報は各管理者によって視点が異なります。

この記事は実際に「クレジットカード現金化_外国人」と検索していただきますと上位に表示されるかと思いますが、他にも外国人の換金について述べられたサイトを見る事も出来ますよね。

前述で「当優良店のランキング掲載サイトでは利用ができる旨」を記述しましたが、他の比較サイトではすべての業者で断られたという内容もあります。

これは、その編集者が本当にすべての業者を調査したのか確かめようもない話です。

何とかお金を手にしたいという考え方ばかりが頭に浮かび、他の事なんて気にしている暇も無いかもしれませんが、それが比較検討者の盲点となりやすいことを理解しましょう。

業者選びには慎重になるのに比較サイトの情報は精査せず結果的に失敗を招いているような気がしてなりません。

出来ない事は無いけど、認識しておくべき事は日本人と変わらない

ショッピングの仕組みは日本人では無くても、クレジットカードが使えますので問題は有りませんね。

しかしサービスの特性上、とくに日本語で会話が出来なかったり、サービス提供者側にとって問題が有るとなれば、申込み者の意思に関わらず利用を断られる事は日本人でも同じでしょう。

また、表立って運営していないクレジットカード現金化サイトを見つける事があります。

とりあえず1サイトだけ当案内所で見つける事が出来たのですが、その業者は身分証明書などの本人確認の必要も無く、クレジットカード1枚と振込先口座があれば問題無いと主張しています。

電話番号の記載も無く、購入する商品は「ダウンロード商品」の一択のみであり、決済会社は世界的ショッピングモールebayグループだから安心との事。

「だから」何が安心なのかはよくわかりませんが、サービス提供者側で支払う必要がある手数料はおおよそ10%前後とされており、業者のサイトに記載している換金率はあくまで「最大」と表記されているだけに留まっていることから、かなりの低換金率で営業していると思われます。

そんな中でも使われているとしたら、ここの業者は非常に怖いですね。。。

単純に外国人だから何か特別な手続きが必要という項目は無く、気をつけるべき事柄は我々日本人がクレジットカード現金化をする時に注意しなければならない項目と変わる事はありません。

従来の業者を利用しないという選択もあるが・・・

当優良店案内所でも、定期的に話題に挙がる事のあるAmazonギフト券のクレジットカード現金化ですが、どうやら海外でも似たり寄ったりのサービスが有るようで、実際に確認出来たのは英語サイトのみであり、その他の言語がわかる人は検索してみますと意外とあるかもしれません。

基本的にギフト券には互換性が無く、日本のAmazonで購入したギフト券で海外のAmazonでの買い物は不可能になっており、言語が理解出来る方は、利用する事も一つの選択肢かもしれませんが、ドル建てで取引される可能性が非常に大きいですから、日本円に換金する手間もあるでしょう。

とくに海外ではAmazonの様に各業者が独自に発行する事が多く、全国で共通して使えるギフト券の多いのは日本くらいであり、近年普及が進んでいるビットコインの様な仮想通貨も決済手段として取り入れる機会が多くなっています。

他にも、ブランド品の換金は今でも利用は可能ですが、買取率に関しても不透明であることと、価値が数十万円レベルの品物では余程の人気商品なら話は違いますが、基本的に買取率はよいとは言えず、当然価値が高い程扱う金額も大きくなりますので、3桁ぐらいの商品でないと到底納得できる取引は出来ないでしょう。

日本では徐々にクレジットカード現金化の媒介物として認知されている物ですから、検挙された例については無いようですが、時間の問題ではないかとも考えられるのではないでしょうか。

関連記事

  1. クレジットカード現金化において電話連絡なしとは?

  2. クレジットカード現金化を使う理由ってなに?

  3. クレジットカード現金化における電子ギフト券の危険性

  4. クレジットカード現金化って宅急便コレクトの事?

  5. 貴方は元々クレジットカード現金化をする素質があるかも?

  6. 【カードない!】クレジットカード現金化業者は融資をしてくれますか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP