クレジットカード現金化業者の口コミが良い=優良店とは限らない

このサービスは世間的に公けにされていることも無く、テレビのニュースやネットで話題に挙がるタイミングとしては事業者が逮捕された時くらいかもしれません。

とくによい方向で発信される機会は無いに等しく、その中でもサービスについて推奨をする記述を見られる機会と致しましては業者のWebページ、もしくは比較サイトだけでは無いでしょうか?

さらには誰もが投稿できる掲示板などでも積極的な宣伝活動に励んでいる様を見る事が出来ます。

クレジットカード現金化比較サイトの口コミは信じるな

クレジットカード現金化比較サイトの口コミを信じる人

クレジットカード現金化比較サイトで確認される口コミを見ますと、特定業者での利用体験談を短文で書き込みをしているという特徴があります。

あくまでも一個人の意見に過ぎず、その内容が本当であるかどうかを確認するには、自分自身で利用するほかないでしょう。

「すでに利用した人がいう事だから間違いないでしょ」

と真正面に受け止める事は危険な事であり、それは誰もが書き込める仕組みになっているのであれば、より慎重に疑うくらいに気を持っていた方が悪徳業者での換金を避ける事に繋がります。

さらにその傾向を裏つける特徴と致しまして、広告報酬を業者から得る事を目的に運営されている比較サイトが存在しているということです。

これは実際に比較サイトを見る事で確認が出来るのですが、「お問い合わせ」や「サイト運営者」についてのページを開きますと、「掲載に関するお問い合わせは~」などと、掲載枠を募っている様子が我々消費者でも確認が出来るのです。

今現在比較検討の為に閲覧していたサイトの中で、この項目を見つける事が出来たらぜひ確認してみてください。

近年は当サイトの様に注意喚起をしているサイトが増えたコトにより、一昔前までは掲載料金も見る事が出来ましたが次第にクローズドとして閉鎖的になっています。

恐らくは広告代理店などを通して掲載されている事が予測され、中にはメディアとクライアントを仲介する役割をもつ業者が、こうしたクレジットカード現金化を案件として取り扱っていることを確認しています。

事業を営む者としては、利用者を募らなければごはんを食べていくことは出来ないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化に対する広告規制はすでに最強レベルで規制されており、社会的な認知度から自主規制としている会社がほとんど。

彼らとしてもステマをしてでも宣伝したいという気持ちは分からなくないのですが、いかんせんサービス内容や実際に応対する店員の態度などを考えても、将来的には無くなってほしい仕事だと思いますよね。

クレジットカード現金化業者が掲載している口コミ・体験談も怪しい

閉店したクレジットカード現金化業者の体験談掲載例

こちらの体験談は、すでに閉店した業者に掲載されていた口コミ・体験談です。

当時、比較サイトで数多くの高評価を集め、こうして業者のHPに掲載されている口コミも好印象を受けますよね。

先ほどの比較サイトもそうですが、その口コミ・体験談が嘘だとしたら…どうでしょうか?

たくさんのクレジットカード現金化業者を何年も何回も見てきた当サイトでは、その口コミ・体験談が更新されることなく、同じ内容が掲載し続けられたり、比較サイトでは何年も前の日付が最終投稿日になっているケースも確認ししています。

当サイトでも、利用者様からの投稿を当初は募集していましたが、そもそも体験談の数が多く集まることはありません。

それでも数多くの口コミ・体験談として紹介されている背景には、実はランサーズ・クラウドワークスのようなアウトソーシングサイトで、クレジットカード現金化業者のライティングを募っているところがあるのです。

複数の比較サイトにコピペされてしまい、募集を停止している経緯があります。

口コミ・体験談を気にしているという心理は、業者側も把握されているのか、「クレジットカード現金化_口コミ」と検索していだけますと、検索結果からの流入を狙った悪意のページが確認できるはずです。

もしクレジットカード現金化比較サイトの運営者様が見ていたら…。

表や構成、記事タイトルの付け方まで最近は真似されているので、逆によく見ていただいてると感じています、ありがとうございます。
そして数々のコピペを確認しておりますので、悪徳な比較サイトとしてまとめることも検討中です。
心当たりがございましたら、削除していただけますようお願い申し上げます。

クレジットカード現金化を比較検討する理由は人それぞれ

人の利用目的が同じとは限りませんし、私自身経験者なのですが、決断を口コミで決めることはオススメできません。

クレジットカード現金化業者に関する口コミ・体験談だけでなく、様々なジャンルのサイトでも同じことが言えます。

とくに医療に関する内容について、全面的にビフォーアフターの広告表現が薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で認められません。

一般消費者金融では、業界による自主規制があるものの、クレジットカード現金化業者は業界団体は存在しません。

昔の方がひどい広告ばかりで、やっと適切な情報を掲載されるサイトは確かに増えている印象はあります。

「クレジットカード現金化業者を利用した」、と人には言えないものだから

クレジットカード現金化業者を利用しました

あなたは、なぜ口コミを重視してしまうのでしょうか?

それは、すでに第三者から調達しなければいけない状況にも関わらず、現金を手に入れられるだけで本来は御の字であるはずなのに、やたら条件を気にして比較するからです。

そんなこと気にするくらいなら、はじめから別な事に気を付けていればこのような悲惨な事態にならないでしょ、と文句の一つくらい言われても当然なのですが、何も失うものが無い当人らは・・・無敵です。

たしかに人間は追い込まれた状況ほど利己的な考えが働くと言います。

その為か、とくに金策を出来るサービスの比較については、どのような条件であるのか比較しなければ納得して申し込むことは出来ません。

消費者心理を煽ってか、やたら条件を比較した広告が有りますが、そのほとんどが報酬を目的とした運営です。

申し込んだ先で消費者が利用しようがしまいが、申込みをさせれば報酬がゲット出来るわけですから、いかに心理を操作できるか、ということに焦点を当てて比較サイトは作られています。

これは消費者金融だけでなくクレジットカード現金化におきましても同様で、近年はあまり目にする機会は減っていますが、一昔前は堂々と広告掲載料金を明記した表が確認できたこともありました。

最近になって目に付くようになった比較サイトでも、業者が一社も掲載されていない時点では会社概要や掲載に関する問い合わせを記述し、業者を募る事が出来たら連絡先を削除するケース、さらには業者のサイトに飛ばす前にクッションページを置いて「うちとは関係無いよ」という表示までする徹底ぶりです。

余程広告収入がおいしいのか、リスクなく儲けたい一心が垣間見れるサイト構造です。

そもそもこうした広告報酬目的の比較サイトが乱立する背景には、そもそも宣伝する機会が無い事が要因として挙げられ、第三者が宣伝することで事業者が宣伝しているのではないという立場を取ることが出来ます。

さらに、こうした案件は報酬が高く設定されていることが多く、高額案件で事業を行うワケでもなく紹介するだけであれば、ノンリスクハイリターンを見込めるのがこうした情報を発信するサイトの実態です。

さまざまな利害関係が渦巻く中で、いつも中心にあるのが金策に悩む当事者たちです。

消費者金融はもちろん、クレジットカード現金化も利用しない事が一番の得策であり、一人ひとりの行動がこうした金策を事業とする者たちを排除することにつながるのではないでしょうか。

関連記事

  1. クレジットカード現金化業者の申込プランの違いってなに?

  2. クレジットカード現金化は在籍確認が必要ですか?

  3. 各都道府県公安委員会の公認があれば大丈夫?

  4. クレジットカード現金化の高額予算

  5. 本当は怖いキャッシングやクレジットカード現金化

  6. クレジットカード現金化業者の個人情報管理は大丈夫?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP