クレジットカード現金化における電子ギフト券の危険性

目に触れる機会が多くなった「電子ギフト券」

ネットニュースでよい意味ではなく、どちらかと言いますと悪い視点で話題に挙げられる事の多い電子ギフト券。

現金やクレジットカードと同等の決済手段を併せ持つ方法として、有体性のあるプリペイドカードタイプや英数字の羅列によるメールでの発行を行うタイプなど、その様式も多岐に渡ります。

そもそも、なぜ一資金決済手段がクローズアップされた見方があるのかと言いますと、これらを詐取されている被害者の人数と被害額の総額が非常に多い事が取り上げられている要因となっており、全国各地のコンビニやスーパーで購入できるという購入機会が簡単であることにより、各店舗で詐取に関する警報のチラシや顧客対応をしているとしています。

とくに各都道府県の新聞社では、その地域内の被害者件数や被害額を公表しており、地域に関わらず全国各地に被害が有り、年齢層も未成年者を含む若年層からシニア層まで幅が広い事も特徴です。

元々の被害は現金を使った手口が主流でしたが、金融機関の口座開設に伴う審査や開設後の不正利用に関する管理が年々厳しくなっていく事により、口座管理という詐欺師たちのもっとも重要にして必要なツールを必要最小限にする事ができ、口座凍結や手間を省ける事を利点として電子ギフト券を媒介する事が最新の手段となっています。

有人の銀行や店頭での取引ではなく、インターネットバンキングや無人のATMでの操作を求める傾向も有り、年々その手口が対策によって縮小されているものの、「アレがダメならコレに」という具合に常に新しい手口を模索しています。

詐取する時の口実や手段につきましては、サイトの利用料金代などに代表される架空請求系の手口で用いられるケースが目立ちますね。

クレジットカード現金化業者の中にも電子ギフト券を媒介した取引による換金を提供しているケースが確認が出来ます。

各社で独自発行されている電子ギフト券類を発行する楽天におきましても、特定・名指しして電子ギフト券の仲介市場で取引されたものの利用を禁止している事もあり、今後すべての発行元で現在取引されている実情をグレーであると考えますと、各社が明確なスタンスを公表する事によって被害を減らすことが出来るのではないかと考えます。

とくに詐欺に使われた電子ギフト券につきましても、どのようにして詐取されたモノが現金に変わるのかを考えてみますと、amatenなどの仲介業者の存在が被害を助長させているのではないでしょうか。

新しいサービスに便乗し、マイナスイメージを払拭させたいが為の戦略

クレジットカード現金化におきましても、これまでの方法とされているクレジットカード決済の場面が第三者であるAmazonやギフト券の販売元の管理下で行われているために、決済ルートを準備する必要が無く、あくまでも買い取りをしている事に徹する事が出来る事が”業者にとっての”メリットです。

近年この手段に移行するケースが目立っているものと推測され、とくに消費者にとっては何のメリットも生まれないものの、コレを新しい換金方法として強く打ち出している背景には、業者にとって都合がよい様に営業をしたいが為の口実に過ぎない事を理解しておきましょう。

これまで、主流とされていた新幹線の回数券を換金する行為は、買い取った側も販売が容易に捌ける事で取引をされていましたが、高い換金性を持つ事により購入制限が厳しくなったことによる矛先が、近年における電子ギフト券に移り変わっているように感じます。

前述致しましたが楽天がその換金の一つに利用されている事を挙げましたが、もっとも取引されているであろう電子ギフト券はAmazonが発行する電子ギフト券です。

これは、どの仲介市場を運営している業者を見回しましても、とくに秀でた取引の様子を見る事が出来ます。

電子ギフト券の購入につきましては、クレジットカード現金化やその他なんらかのサービスの決済手段の為の購入に必要だとされる場合には、取引先の管理下に”決済”がありません。

もし購入後や取引先に送付してトラブルに発展する事が有りますと、詐取や被害に遭いながらも電子ギフト券の購入履歴は取り消しが出来ない、あるいは購入者にも責任が及ぶ可能性がある事も考えなくてはなりません。

電子ギフト券を使った換金・買い取り業者の多くが、「余ったギフト券を・・・」と謳い文句にしている背景にはこのような事が有るからこそ、表向きは換金目的で購入する事を勧めるものでは無いという体裁を作っているとも言えます。

換金を資金工面策として考えていらっしゃる方が思う欲望と、業者の欲望がぶつかっているのですから、本当に利用するかどうかの選択はクレジットカードホルダーによる選択が重要です。

本来で有れば利用しない事が望ましいと十分に理解していながら申し込みをする事について、業者だけでなく自分自身にも非がある事を考えてください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化しにくいブランドはありますか?

  2. キャンペーンって何?

  3. 違法ですか?

  4. クレジットカード現金化はキャッシングよりも低金利?

  5. クレジットカード現金化でもっとも怖いのは「リピーター」になる事

  6. クレジットカード現金化は最高いくらまで対応してる?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP