ブラックリストに載らない

世間一般に確認しようが無いために生まれた都市伝説

「ブラックリスト」

このリスト・・・実はリスト自体は存在しないんです。(ホワイトリストも無いです)

これは俗称で、厳密にいうと「事故情報」と言いましてブラックリストになってしまうのには、それに伴う理由があってのことです。

お金に関連する個人情報がすべて記載されていて、支払いの滞納・破産したなど、ネガティブな履歴が信用情報機関に登録されていることをブラックと呼ばれています。

この事故記録を清算するためには、負債の完済や債務整理が必要ですが、清算が完了した後の向こう10年以上は事故記録を抹消することは不可能です。

公共料金や携帯電話の支払い、その他支払うべき税金が滞納していれば当然このようなリストに載ってしまう事は自業自得であると言っても過言ではありませんね。

各金融機関では、貸金業その他クレジットカードサービスを営んでいる以上、信用情報機関の会員として登録されていますが、会員はその事故履歴を閲覧することが出来ます。

借入をしようとして複数社に申込みをしても上場企業や銀行と提携しているような金融業者であれば結果が変わることはありません。

規模間の小さい業者であれば、多少は目をつぶってくれる事があるようですが、基本的にクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は、必要書類を提出し各社の厳正な審査に基づき設定されています。

たとえ、金融ブラックと呼ばれる方でも、クレジットカードのショッピング枠さえあれば信用情報機関に新たな借り入れ・融資としてではなく、クレジットカード現金化という形でお金を手にすることが可能です。

実はクレジットカードのステータスによっては、多少の事故履歴でも作りやすいクレジットカードがありますが、代表的なもので言えばアコムが発行しているマスターカードで、ご存知の通り消費者金融で発行されているクレジットカードであり、唯一消費者金融業者が発行しているクレジットカードです。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)と呼ばれる信用情報は構築しやすい信用情報であり、各種ローンを組む際に非常に有効な情報として利用されます。

クレジットカードを所持していない人の信用情報のスコアリングは、年収や職場、家族構成や世帯収入を重視されますので、それに加味する形でクレヒスが付いてきますので、高く評価されるひとつのプラス材料として評価されるのです。

ただ、無職の人がクレジットカードを作ることは不可能と言っても過言ではありません。

大元は消費者金融ですから収入が無いということは、「返済の手段はどうするんですか?」

と、チェックされてしまうからなのですが、ただし無職の人でも過去にクレジットカードを作っておいた人は問題なくクレジットカード現金化は可能です。

ブラックリストに残ることを喜ぶ人なんていませんが、法改正による総量規制で新たな借入が難しく債務整理に行きついたという理由も聞かれます。

ブラックリストになっていない方は、ブラックリストになることの無いように返済計画を立てて、確実な見積もを元にして極力の節制を心がけましょう。

お支払いの選択も「一括払い」・「分割払い」・「リボルビング払い」と選べますので、クレジットカード現金化が個人・法人を問わず、今、人気を集めています。

ブラックリストのあれこれ

実はあなたも気付かないうちに載っている可能性が有るかもしれません。

それは大学や専門学校に進学、通学するための「奨学金制度」です。

借金の滞納やクレジットカードの支払い遅延以外にも金融事故情報として掲載される一つの滞納情報として記録されており、延滞したところで取り立てが比較的優しいとされていますので、払わない利用者が急増している事が社会現象としてニュースで特集も組まれています。

若気の至りなどと簡単に解決できる事ではなく、「自分が学びに行くための自分に返済義務が発生する借金である」という自覚が薄いからでしょうか?

社会に出て返済をしていくという想像と、それだけ巨額なお金が絡むのですから家族を巻き込む問題ですね?支払うのは私では無いというのはあまりにも無責任ではないでしょうか。

それ故に進学したくても諦めたりする人も居るわけですね。

他にも家族がそのような金融事故を起こすことで関係の無い自分自身もブラック扱いになるということはありません。

あくまでも個人でありその当事者のみになるのですが、連帯保証人としてあなたがサインしていた場合は支払い義務が生じます。

これを滞らず支払い続けることが出来ればブラックに載る事はありませんが、支払いが出来なければ当事者では無いにしてもブラック扱いとなってしまいます。

このように何か与信を組む際には必ず連帯保証が付き物ですので、専業主婦や未成年者、学生がクレジットカードを作成する際には審査対象が保護者や御両親になる場合が一般的ですので影響が出てくる事もあるのです。

手軽に申込みが出来る様な事を謳う、テレビコマーシャルや屋外広告を行うクレジットカード会社や消費者金融・その他カードローン等の申込みには、甘い言葉の裏側をしっかり理解して利用をしなければ、身の回りの人に迷惑を掛けてしまう事もあります。

与信枠を持つということは、責任を持つということなのですね。

換金後の支払いを怠れば当然ブラックリストです

クレジットカード現金化をした直後は、支払いのアテが出来たことによって束の間の休息を得られて精神的にもゆとりが生まれます。

少なからず固定収入がある人、またはなんらかの収入を得る予定がある人にとっては。翌月にすべてを支払い終えるのか、割賦払いで少しずつ支払っていくのか…

人それぞれ異なりますがクレジットカードを所有していれば利用ができる安易さが故に収入が無い状態でも可能です。

支払いのために利用した換金が、翌月以降は換金で使ったお金の支払いになるということ実に、換金直前直後では疎かになりがちですから、まさか金策したはずが、自分で苦しめているという結末を迎えてしまっては結局換金してもしなくても苦しい状況である事に変わりがないという最悪な出来事になってしまいます。

発行する各社が換金を目的とした利用を禁止事項としているのは、まさにその支払いの遅延や踏み倒しを危惧していることにあり、これまでにもそのような人々が数多くいたという悲しい実績があるからです。

このような事は、買い取り式でも還元式でもAmazonギフト券などの手段手法に関係なく、さらに言えばどこの業者を利用しても同じ可能性が含まれますので、特定業者だけが安全で何事もなく手続きを終える事が出来るという内容を聞いたり見たりしましたら、それは間違いであります。

最近では、報酬を目的とした比較サイトを見かける機会が増加中です。

そのようなメディアは総じて基本的にクレジットカード現金化を全面肯定した内容が記載されている事が多く、「クレジットカード現金化マニュアル」と称して紹介されていますので、そのようなミスリードを誘う広告には十分に注意をしてください。

一見簡単に発行されるように見えるクレジットカードですが、その奥深くには信用情報が管理されており、お金には変えられないモノを失うキッカケになる事もリスクとしてあります。

ショッピング枠を使う事はほかの買い物と同じ様に使えても、焦がしてしまえばクレジットカード現金化のメリットとする「ブラックリストに載らない」は否定する事になると覚えましょう。

関連記事

  1. ショッピング枠を現金に変えたい・・・でもどうやって?

  2. キャッシング枠が一杯でも

  3. ショッピング枠をどう使うの?

  4. クレジットカード現金化でもポイントが貯まりますか?

  5. クレジットカード現金化は生活保護も大丈夫?

  6. クレジットカードが作れません・・・

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP