ブラックでもクレジットカード現金化はできますか?

お金が無いのは日常茶飯事!

そのようなブラックと呼ばれるような方々たちは相応の理由があるために信用情報機関に「金融事故」が有ったとして認定されています。

そもそもブラックとは、当人の肌の色や罪人を指したりする事では無く、公的な信用情報機関で問題になっていることを言いますので、事故と言っても車同士がぶつかるような事故のことではなく、「金融」事故として情報が保管されるのです。

金融事故の詳細ですが、主に各金融サービスの支払い遅延や自己破産、債務整理といった法的な整理をした人を信用情報機関でリスト化しているので、機関の会員であるすべての業者が閲覧可能になっているのです。

あくまで俗称みたいなものですから実際にこの呼び名で管理されているモノではないですから、逆にホワイトという概念もありません。

クレジットカード現金化業者であれば信用情報機関への情報照会する手立ては無いはずですので、金融事故記録の閲覧は不可能になる事から、理屈上はブラックでもホワイトでも関係は無く申込みが出来る事になりますが、果たして本当にブラックリストでもクレジットカード現金化は出来るのでしょうか?

今回、匿名で各クレジットカード現金化業者に対してブラックリストであることを告げて調査した返答や対応を基にまとめてみました。

まず、基本的にクレジットカードを持っていないと始まりません。

クレジットカード会社や消費者金融などに利用される信用情報機関のチェックは徹底されていて、もしカードが使えなくなっていたり、カードを持っていない方は審査を受けて新しいカードの発行が必要です。

一般的な金融で断られた方や、諸事情により審査が通らなかった方が無審査で振込を受けられるという利便性から、クレジットカード現金化で用立てをしたいと考えている方が大勢いるようで、実際にクレジットカードを持っていない方からのお問い合わせも相当数あるようです。

カード作成の際、完済後もある程度の年数を経過しないとブラックリストから外されないようですが、金融事故の際にはその当時利用していた発行元では社内管理下情報により一生涯外されることは無いようです。

しかし、日本全国お金が無い人たちばかりではないですから、すべてを遮断してしまいますと、貸し出すことが出来なくなってくるために、消費者金融やあるカード会社ではそのような履歴に対してある程度は目を瞑っているのも事実です。

また、これまで現金払い主義でクレジットカードを使った履歴の無い中高年の方や、クレジットカードの支払いの遅延・未納をしてしまって履歴が傷ついたことのある方も、クレジットカードの審査に引っかかりやすい状態となっています。

クレジットカードを所有していながら、延滞をして結果的にブラックリストになった方はクレジットカードを持っていながら自己破産をした人は、有効期限が切れていないのに、いつのまにかクレジットカードを止められていたということ例があるとの事です。

ここまではあくまでも可能性について言及したまでであり、断定してあなたの属性がそうなっているということではありません。

つまり、現状がどんな状況であっても所持しているクレジットカードが有効な状態になっているか、ご利用残高を調べるなど必ず確認しましょう。

Webやアプリで明細や利用状況を確認する機会も増えましたが、裏面に必ず連絡先が記載してありますのでコチラからでも諸状況の確認はすべて可能です。

クレジットカードの状態が有効で与信の残高も確認が出来れば、たとえブラックリストのあなたでもクレジットカード現金化業者で利用が可能と言えます。

また、キャッシング枠とショッピング枠の総額がご利用可能額として設定される契約が一般的ですから、「キャッシング枠は使ったけどショッピング枠は使っていないから申し込みできるでしょ?」なんて事は通用しませんのであしからず。

下手をすると自己破産への引き金となりかねない

クレジットカード現金化をしたから生活が楽になると謳う悪質な比較サイトが検索上において上位表示されていますが、果たして本当に楽になると思いますか?

収入源が有るのであれば今から記述する事柄は違ってきますが、もしあなたの経済状況が思わしくない状況下であるならば、間違いなくクレジットカード現金化に手を出すのは絶対に止めたほうがよいでしょう。

ブラックではありませんが、収入源の無い専業主婦のクレジットカード現金化も同様に避けた方がよいに越した事はありません。

配偶者として持つ家族カードで比較検討中の方にも当てはまり、大元となる名義人(与信審査対象者)のマネーフローを超える恐れもありますし、何かあったときに失うのはクレジットカードだけでなく、家族間の信頼というお金に変えられない存在まで失いかねません。

仕事が有るならまだしも収入の当てが無いようですと、どうやって支払っていく事になるか真剣に考えたことは有りますでしょうか?まさに「自転車操業」で苦しい生活環境にさらなる苦労に拍車を掛けるだけですので、まずクレジットカード現金化を考える事よりも収入源を作る方が大切です。

さらに悪徳なクレジットカード現金化業者であれば購入だけさせて、現金を渡さない場合もあるとのことですから、とある店舗で断られて他の店舗では引き受ける事が出来るなど、どんどんヤバイ業者へと手を伸ばすことになります。

収入源が無い中で利用する事の最大のデメリットは、あなたが自己破産を計画しているのであれば免責不許可事由となり手続きが否決される恐れが出てくるということです。

法の一つに「破産法」が有りまして、その破産法252条1項の中で認められない行為について記載が有りますが、とくに2号「換金行為」と5号「浪費による財産の減少」が該当する事が予想出来ます。

ですから、これを踏み倒しという名の強行突破をしてたところで債務について厳しく審査されるのですから「どうにかなるだろう」の精神で手を出す事は絶対にしてはいけない事です。

悪意ある比較サイトの中には「新しいクレジットカードを作る」ことを紹介していますが、これは本当に当事者を理解していないものであり、特定業者への誘導を図った内容と判断するべきで、こうした誤った情報には気を付けてください。

ブラックリストに乗ってしまった方でも問題なくクレジットカード現金化を利用することが出来ます!

このような紹介をされたり見た事はありませんか?

「ブラックリストに乗ってしまった方でも問題なくクレジットカード現金化を利用することが出来ます!」←これを検索エンジンで入力して実行しますと、ブラックでも問題ないと紹介する比較サイトが確認できます。

何が問題が無いというのでしょうか?利用できる可能性があるだけで、すべての金策に共通しますが根本的な解決につながる事はありません。

ここまで来ると救いようの無いどん底が待ち受けている事も想定出来る事から、収入の無い方に対しては貸金業者は所定の審査が有るわけで、優良なクレジットカード現金化業者でも焦げ付きに伴うトラブルを避けるために断る事も有るようです。

本来、ブラックリスト扱いになればクレジットカードの解約通知が届くはずですが、発行元の会社が感知されていない状況で所持していたとすれば利用できない事も無いでしょうが、このような注意喚起を含めた上で利用する事は「ご自身の責任」ということを重々考えたうえで判断する事をオススメします。

関連記事

  1. 業者視点から見たクレジットカード現金化サービスの考え方

  2. 比較サイトの閲覧は欠かせません

  3. Amazonギフト券現金化とは?

    Amazonギフト券クレジットカード現金化とは?

  4. クレジットカード不正利用の実態

  5. クレジットカード現金化業者は稼いでいるの?

  6. 急に必要でも

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP