金策で手に入れた現金

【具体例だけ】金策をまとめてご紹介!!【クレジットカード現金化以外にも!?】

彼此長い年月のクレジットカード現金化業界を俯瞰してきた当サイトでも、たまに「このサービス以外の方法で現金調達方法はありませんか?」というお問い合わせをいただく事がありますが、残念ながら当サイトでは換金を請け負う事はありませんし、融資等の貸金業は一切行っていません。

しかし、あらゆる現金調達方法の中でもっとも手軽な方法がクレジットカードのクレジットカード現金化である事は揺るぎが無いと感じていますが、その他の金策について考察しました。

北朝鮮の政治家、金策(キム・チェク)について調べられている方はWikipedia:金策からどうぞ。

時間がない方の金策は5つ

時間が無い方

「金策」で検索したときに表示されるWebサイトはたくさんありますが、どれも記事の最後まで読ませようとして前置きが長く、時間がない方にとって有益ではない内容であることから、当サイトでは時間がない方のために具体例を先にご紹介します。
  1. クレジットカード現金化
  2. ➡︎サイト内記事:優良店業者一覧

  3. 不用品をリサイクルショップに
  4. ➡︎検索結果:リサイクルショップ

  5. カードローン
  6. ➡︎平日14:30までなら当日中の借り入れが可能:オリックス・クレジット株式会社
    ➡︎審査時間は最短30分!アコムの無人機にて即日で受け取り可能:アコム

  7. 気の知れた間柄の関係者から借りる
  8. ➡︎親族・上司・部下・同僚・勤務先(給与の前借り):検索結果-お金を借りるときの頭の下げ方

  9. 日払いの仕事
  10. ➡︎肉体労働が中心です。検索結果:日払いの仕事

※カードローンはすべての貸金業者が即日で融資をしてくれるものではありません。
その中でも、とくに早く現金を受け取ることができる業者をピックアップしましたが、その他カードローンでは日数を要することが普通です。

時間に余裕がある方の金策は3つ

まだ時間に猶予がある方

金策のXデーまで時間がある方は、先ほどの方法に加えて選択肢を広げることができます。
経済状況とそのお金の使い道が、困っているすべての人が同じ理由では無いことから、特定して「コレがいい!」と紹介できませんにで、ご自身で判断するか一通り試すのもアリですね。
  1. 債務整理
  2. ➡︎債権者からの取り立てを止めるなど:債務整理手続きの流れ

  3. 生活福祉資金貸付制度
  4. ➡︎各自治体、つまり国から支援を受ける:厚生労働省

  5. 資産運用・保険の積み立てを解約する
  6. ➡︎それぞれ契約取引中の各業者にご連絡してください。

現金資金が無くても、有価証券・定期貯金・生命保険等に加入している事で、結果的に現金資産が不足している方もいるでしょう。
そのような状況にある方の場合、せっかくこれまでに積み上げてきたモノを解約しクレジットカード現金化する事について、「短期的に必要で返せる手立てがある」ということであれば、コレをムリして利用しない方がよいです。

生活費の支出を抑えることも金策です!

支出が抑えられない男性

ほかの金策を紹介しているサイトでは、小銭程度の節約にしか結びつかない方法が目立ち、有益ではない情報がSEO対策の一環で記述されている様子ですので、当サイトではまとまった金額になりやすい方法のみをご紹介します。
取り組みやすい内容ですから今から行動してください。
  • 食生活を見なおす
  • 定番中の定番、外食をしないことやコンビニや自販機もダメです。
    自炊をすると食材を実家や知人から貰える事も出来るでしょうから、自炊するだけでも節約が出来ますがさらに恩恵を受けることも。

  • 家賃を下げる
  • たとえば5000円下げると、年間で6万円の可処分所得が増えます。
    固定経費として支出されていくものですから、ほかの項目に対してお金をかけることができますのでオススメです。
    また、国民健康保険に加入されている方は地域別によって課せられる、所得に対する割合が異なりますのでおさえておきましょう。
    参考サイト:国民健康保険計算機

身辺整理をする事は支出を抑える事においては、無くてはならない要素です。
食欲・睡眠欲・性欲の人間が持つ動物的本能に逆らう事は自らにストレスを課すことですが、発散させるためにお金の掛からない方法は現代において、そう数あるモノではありませんね。

クレジットカード現金化以外の金策について解説と補足

前述の行動で金策が出来れば、手数料の負担や利子を抑えた形で解決できます。
挙げた例に当てはまらず解決出来ない方は、よりお金を手にしやすい方法を選択する必要があるということです。

つまるところお金を貸し出すところにお世話になることですが、サラ金に借りるほかにも、手間と時間を抜きにすれば金策は多様に存在します。

  • まずは消費者金融が挙げられますが
  • 消費者金融と言え、業者間で他社との差別化を図る為の戦略として、貸金業に対するイメージアップの為のテレビコマーシャルを目にする事がありますよね?
    芸能人の誰が広告塔になっていようが、我々消費者が受けるサービスは皆同じ貸金サービスですから関係はありません。
    しかし、金策で困っている状況において、見逃しては損とも言える注目キャンペーンがあります。

    「●●日間無利息」

    私自身も利用した経験がありますが、本当に利子0円で借りた金額だけ返すことができました。
    収入の当てが有って超短期的な要り用であれば、クレジットカード現金化やその他サービスの利用をするよりも遥かにお得です。
  • 携帯で金策
  • 携帯のキャリア決済で現金調達するとしている業者がありますが、危険以外何もありません。
    こうしたサービスは無知な人、情報弱者しか利用し無いサービス内容で、そもそも携帯料金の請求において割賦払い(分割やリボ)を選択する事はできません。
    換金の仕組み上、還元率・換金率はクレジットカードのクレジットカード現金化と比べて低い事が当たり前です。

  • 働く
  • すぐにお金が欲しいけど「貸金業や手数料が発生する業者にお世話になりたくない」、という方は日払いの仕事を見つけるしかありません。
    必要とされる期日までに余裕がある方は週払いの仕事も有りますから、仕事を選んでいる状況では有りませんが多少なりとも選択肢は増えます。
    これもまた経験した事がありますが、工事現場の荷物搬入や引っ越し等の力仕事が主な内容です。

  • ほぼ最後の手段は、「国の制度に甘える」
  • 福祉制度の一環で、国が認めた条件に限定されますが、生活資金を貸し付けてくれる制度があります。
    低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯のそれぞれが対象となりますが、ネットで情報をかき集めるよりも直接各市区町村の福祉窓口へ足を運ぶことがオススメです。

簡潔にお金を手にする手段を挙げましたが、これ以外に苦労せずお金をくれる人やサービスは有りません。
人が苦労して得る収入ですから、無いお金を創出するエネルギーは並大抵のモノではないでしょう。
どんな方法においても自ら行動を起こすことが解決への糸口になるので、ぜひ実践してください。

クレジットカードが無いけど、クレジットカード現金化業者から金策はできませんか?

クレジットカードが無いけど金策したい人

「クレジットカードを持っていないけど、ダメもとで申し込みをしてみた」
「クレジットカードは持っているけど、利用残高がないor有効期限が過ぎているものならある」
…etc、このように二進も三進も行かない状況の方が、業者に申し込みするという話を問い合わせの内容から確認しました。
当案内所で掲載されている業者は、あくまでクレジットカード現金化を専業とされる業者であり、クレジットカードを持っていない人や与信枠の残高が仏様となってしまった方は申込みが出来ない取引内容となっています。

「持っているから何とか出来ないものか」とゴリ押しで申込みをしても受付されることは無いので、諦めるしかありません。

クレジットカードを利用した他の手段を紹介してくれませんか?

  • 「このサービスはお金を貸してくれるということですか?」
  • 「毎月返済○○万円希望です」
  • 「審査の緩い金融を紹介してください」
こんな内容で、なにかいい話はないのか、横のつながりを期待して問い合わせをしようと検討される方は要注意。

クレジットカード現金化業者はお金を貸してくれるところでなければ、業者をあっせんしていることもありません。

クレジットカードを所有している事と、与信残高がある事がクレジットカード現金化の条件ですので利用できる方が限られている事からか、世の中にはあまり浸透されていないサービスです。
クレジットカードは、「お金を借りるためのキャッシング枠」と「商品を購入するためのショッピング枠」のように目的別に与信枠が存在しています。

キャッシング枠の様に、ショッピング枠を何か有効活用できないかということから、クレジットカード現金化サービスは今日までに需要が高まってきたと言えます。

クレジットカードであれば、使った金額に応じて各社に準じる還元率でポイントが貰えますし。

ところで、世の中には意外と「クレジットカード現金化」で溢れていることをご存知でしょうか?

「クレジットカード現金化と言えば、クレジットカードのショッピング枠を利用するもの」という認識が、皆さんには定着されているのではないでしょうか。

実は、クレジットカード以外の物を媒介してクレジットカード現金化する方法はいくつも存在します。

たとえば、お酒を媒介することについて、記事を更新しましたが、結局はショッピング枠でお酒を買う事です。
媒介するための商品を用意する為に、結局はクレジットカードを使いますね…。

お小遣いアプリで用意されている案件に、登録や申込みをすることでポイントを貯めて換金する方法もありますが、簡単に換金させないようにポイント付与率が工夫されていますので、手間と時間を考えるとよい方法とは決して言えません。

他にも、家電量販店さんで買い物をするとポイントカードの発行であったり、ポイントを管理するアプリのインストールを勧められたことはないでしょうか?

高い買い物をすればするほど、このポイントってたくさん貰えますよね!

しかし、還元率はクレジットカード現金化業者より落ちる形ではありますが、実はこのポイント還元の仕組みも「クレジットカード現金化」の一つなのですが、このポイントはそのお店でしか使えません。

他店でも使えるようになったら、そのお店以外のお買い物にも使えてしまいますからね。

このポイントを商品券購入や換金性の高い商品の購入に充て、換金することで最終的に現金が残りますが、代表的な例としてジャパンネット銀行では「Tポイントクレジットカード現金化」というサービスもあります。
手数料を差し引いた金額が口座に振り込まれるという仕組みなので、クレジットカード現金化の仕組みとまったく変わりないですね。

結局のところ、キャッシングやクレジットカード現金化以上の利便性が高い資金調達法はありませんので、資金調達の序列としては「換金性の高い所持品を売る→キャッシング→クレジットカード現金化」が順序として考えられます。

ただ資金調達を検討するだけでなく、いつも利用しているサービスの支払先を有効活用することで、日々の節約や貯蓄に繋がりますから、小さな「クレジットカード現金化」を有効活用して節約に繋げてみては如何でしょうか?

非効率な金策も一応あります

ダメ?

21世紀ですから数年で新たなサービスが発信され、あのとき流行ったよねといつの間にか消えて行くサービスも有る中で、クレジットカード現金化においても新たな手段の確立を垣間見ることが出来ます。

通常クレジットカード現金化業者は、クレジットカード以外の取り扱いを行っていることは、あまりないように見受けられます。

広告でもクレジットカードを匂わすことしか記載がありませんし・・・。

しかし、クレジットカードのクレジットカード現金化以外にも、換金してお金を手に入れることができるサービスは沢山存在します。

最近では落ち着きを見せていますが、たとえばMNP(携帯電話番号ポータビリティ)はご存知でしょうか?

他社からの乗り換えによって、販売奨励金・促進費のお金を手にすることが出来ますので、テレビの特集でも取り上げられていましたが、このキャッシュバックで生活している人もいるようです。

携帯電話関連で新製品として販売されると、なにかとiPhoneの大量購入・転売の話題もありますね。

他に考え得る方法について、当サイトではすでに調査した経緯があります。下記の記事をご覧ください。

クレジットカード現金化の仕組みは、あらゆる金策に共通していることがある

札束

還元式(キャッシュバック)の仕組みから考えてみると…
フレッツ光の申込み・マイルやポイント等のクレジットカードのポイント還元等というサービスが、還元方式と呼ばれるクレジットカード現金化手段と変わりない仕組みです。
これらが商品購入・契約にともなう特典をつける行為について、淘汰されれば世の中は違法者だらけですから現実的に明文化は必要と当サイトでは考えます。

買取式の仕組みから考えてみる
買取方式と呼ばれるクレジットカード現金化でも同様で、たとえばパチンコの金景品の買取は超が付く程に有名で、別名で三店方式と呼ばれ堂々と営業していますよね?
形骸化している現状の中でも、明らかな「自家買い」は2014年も摘発事例が存在しています。
質屋や車買取、その他買取サービスもショッピング枠は利用しなくても、クレジットカード現金化の行為に当てはまりますから、買取することについて淘汰されると世の中は違法者だらけですね。

クレジットカードを換金目的で利用することは、会員規約ではNGでも、法律上は必ずしも合法と言い切れない部分はあるが違法では無いという現状で、なかなか線引きがはっきりしないので曖昧決着になっています。

クレジットカード現金化以外にも、換金・還元をするサービスが世の中にはありますが、換金率・還元率が高い程、手間とリスクが伴います。

買い取った物を再販する必要があれば換金率は下がりますので、私的な考えではありますが、換金ビジネス自体にあまり印象は有りません。

不要なものがあれば、なるべくそれを媒介としてクレジットカード現金化をするのが1番です。
どうしても手放せなければというときにはクレジットカード現金化という感じでしょうか。

数ある金策の中で、クレジットカード現金化でなければいけない理由とは?

クレジットカード現金化業者の捨て看板

関係省庁、関連団体の啓蒙活動により、クレジットカード現金化は合法に行われながらもマイナスイメージが付きまとっています。
このサービス絡みではじめて検挙されたのは2011年。
当該サービスで検挙された例が今までではじめての事件であるということで、世間から一斉に注目を浴びるきっかけにもなりました。

それまで逮捕される危険を感じていなかったのか、実店舗型・無店舗型に限らず数多くのクレジットカード現金化業者が自主的に店じまいをしましたが、今日まで営業を続けている業者ももちろん存在しています。

たまに悪徳業者の検挙などで話題に挙がる事もしばしばありますが、現存する店舗数は近年では横ばいという印象です。

サービスの利用について比較されている方の多くは、急な出費の悩みで検討されている方が多いと思います。

この状況の中では、目先の悩みを優先しがちになり、後の事を冷静になって考える精神的余裕は保てないでしょう。

利用したもののその決済金額の請求に困ってしまう事で結局利用する前と同様に、悩みにふけてしまう状況を作りやすいから、換金目的での使用に警報を促しています。

しかし、利用者の多くはそのような事を踏まえた上で利用している為、今日までにクレジットカード現金化業者が運営されている背景が有ります。
少なくとも需要が存在しているのは確かで有りますが、事前に「どのような事へ気を付けなければならないのか」について述べられた比較サイトの数はそう多くありません。

残念な事にその多くは掲載料を募って掲載し、料金によってランキング順位が決まるという何ともユーザービリティに反する事であり、そのような比較サイトを利用する事で何かのトラブルに巻き込まれる可能性についても否定は出来ません。

多くの店舗では、大なり小なり利用した金額に対して手数料が少なからず発生しますので、利用検討中の予算が大きければ大きいほど、その店舗へも掛かっているということですから本来必要の無い予算での申込みは避ける事で有効活用へ結び付けやすくなります。

金策に裏技は無い

身内や知人からの借金、キャッシングにクレジットカード現金化、いろいろ探してみたけれど役所の無料相談所へ行っても促されるのは自己破産。

お金に困った状況の中で何か方法は無いかと弄るのは時間のムダとしか言い様がありません。

工面する方法は片手程しか無いかもしれませんが、その中で解決策を見出していかなければいけないのです。
貸金業や大手金融機関の審査基準は、信用情報照会機関を基にしていますので変わりは有りません。

金融機関で無利息が存在しないように、クレジットカード現金化でも利息は発生しないものの手数料が掛かりますので、店舗間で比較して少しでもよい所を利用する事で難を逃れる事は可能です。

注意喚起をしているサイトも有りますが、それも数あるデメリットの1つひとつを強調されているだけであってメリットを紹介することはありません。

たしかに出来るだけお世話にならないようにするべきですが、お金の困り事は相手が有っての事ですから支払いをしなければ相手が困ってしまいますし、手段として選択せざるを得ない中で一体何が、誰が救済してくれるのでしょうか?

商品購入に伴うキャッシュバックや品物の買取という、クレジットカードのクレジットカード現金化方法は法律上で規制・違法の対象となっておりません。

だからと言って過度な利用と過剰な信用は絶対に×で、前述したように「何をやってもダメ」という状況でのリーサルウェポンとして理解しましょう。

貸金業や金融機関のフリーローンも借金に変わりは無く、「クレジットカード現金化はダメ!!でも借金は大丈夫!!」ってことではありませんので、何処を利用するにしてもとりあえず問い合わせをして話を聞き、こちらの利用目的と照らし合わせながら、それぞれのメリットとデメリットを把握して最良の判断をしましょう。

関連記事

  1. 情報はなるべく多く取り入れた方がよい

  2. クレジットカード現金化優良店の定義は?

  3. クレジットカード現金化の手続き

  4. クレジットカード現金化の支払い方法は?

  5. クレジットカード現金化業者は稼いでいるの?

  6. 本当は怖いキャッシングやクレジットカード現金化

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP