クレジットカード現金化を利用する際の限度額は?

なぜか感じる・・・優越感

どんな人間でも、幾らあっても足りないもの・・・お金ですよね~。

お金が無い時には、とくに大きな金額が手元にあればあるほど、精神的に安心感が生まれます。

お金はとにかくいっぱい欲しいですよね!抱えきれないほどの現金に埋もれてみたいけど、そんなの日本国内でも一握りの数しか居ませんが、審査の無いクレジットカード現金化であれば可能!?・・・なんてことはありません。

そもそも上限金額は、クレジットカードを最初に作る際の審査で基準が決定されますが、利用した分を支払える経済力があるか判断されるのは、なんといっても「年収」の項目ですからご自身の収入が少なければ、それだけ利用できる与信枠も少なくなります。

勤務先の企業情報の入力が求められたことを覚えていますでしょうか?中小零細企業で勤務、年収も300万円くらいですと与えられる各与信枠は10万円から20万円くらいで、上場企業で勤務年数がしっかりとあれば、例え年収が低かったとしても目を瞑ってくれると推測できます。

しかし、クレジットカードを利用していくと、俗にいうクレヒス(クレジットヒストリー)が積み重なり、使えば使うほど支払いが滞りなく健全に利用されていると、ショッピング枠の増枠が可能になります。

ただ、この増枠幅はあまり大きくはありません。

もっと与信枠は欲しい!という方は、ご自身の仕事を頑張っていただき年収を上げることで増枠はもちろん、ステータス性の高いクレジットカードを所持することが可能となります。

そして、今までに記述した以上にもっと簡略的に与信枠を手にすることが出来る方法もあります。

それは・・・所持しているクレジットカード以外に、「別の会社」に発行の申込みを行う事です。

なぜ、「別の会社」なのかと言いますと、同じ会社での発行の場合、既存で所持しているクレジットカードと与信枠が共有されることになる可能性が非常に高いためで、どっちを使っても変わらないと事になるのですが、「別の会社」ですと審査基準も変わり、同じ会社ではない為、顧客のデータを共有していないということですので、新たな与信枠を得ることが比較的容易に出来ます。

クレジットカード現金化では「限度額があれば幾らでも」ということですから、制限の無いクレジットカードであればクレジットカード現金化業者は幾らまで出してくれるんでしょう!?というか、ステータスの高いクレカを持っているような方はこのサービスを利用する意味も無いんですけどね・・・。

上限金額が無い、総量規制の影響を受けないことも、一つのメリットとして利用者からは受けているようです。

予算が漠然としている方は、とりあえず少額からの利用を考えるのも一つの手では無いかと当案内所では考えます。

結局は「節約」すること

お金に困っている状況だからこそクレジットカード現金化に望みを掛けて申込みをするわけですが、利用することでお金を貰えるサービスではありません。

結局のところ、自分自身が何にお金を使いたいのか、その使いたい金額は幾らなのか、ですべてが決まると言っても過言ではありませんので、過剰な予算を設定せずに適切な予算を見出すことが必要です。

収入を増やす事は簡単ではありませんが、節約をする事で余裕が生まれます。

「1万円の収入を上げる」と「1万円分の節約」、どちらがお金の余裕を生み出せるかわかりますか?一目見ただけでは変わりないように感じますが、実は損得が発生しています。

それは「税金」が絡む事が影響しています。

収入に対して課せられる所得税や各種保険料や住民税など、収入が上がる事で収める税金が増える為です。

節約したことで浮いたお金に税金は掛かりませんから、この事を理解されている人は、収入が少ないとしてもきっちり貯蓄が出来ているのではないでしょうか?家賃や水道光熱費など、ライフラインと呼ばれる固定経費の支出を抑える事は決して間違いでは無く、賢いお金の生み出し方で有る事は一目瞭然でしょう。

しかし、節約にならない節約もあります。

  • 遠くのお店でセールをやっているから行ってみたけど、交通費が掛かってトントンだった。
  • オークションやネットで価格を比較して購入した物の、実店舗の方が安く売られていた。
  • クーポンがあるお店にしか行かない、けどクーポンが無ければ行かないようなところに行ってしまう。

後日振り返って考えると無駄遣いだったすれば本末転倒ですからね・・・節約を頑張ることで扱えるお金が増えると充実した気持ちになりますが、絶対に×な節約もあります。

たとえば、食費を浮かせるために即席めんやコンビニのパンなどで過ごしていけば栄養が偏って病院にお世話になってしまったり、冠婚葬祭時の出費まで渋るようになってしまえば、周りの評判が落ち込んでつまらない人生になり兼ねません。

クレジットカード現金化にしても節約にしても「結局何の為のお金なのか、それをする事で自分自身はこれからどうなるのか」を自問自答することが大切と言えます。

関連記事

  1. Amazonギフト券現金化とは?

    Amazonギフト券クレジットカード現金化とは?

  2. 選ぶ基準の選定は何でしょうか?

  3. クレジットカード現金化の必要最低条件

  4. Amazonギフト券の手段は違法?

  5. デザイン豊富なクレジットカード

  6. クレジットカード現金化でクレジットカードが利用停止になる実例3選

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP