深夜に対応してくれるクレジットカード現金化業者はありますか?

現金調達の様に一筋縄では解決が難しい悩み事を抱きますと、すでに寝静まった世の中で落ち着かない心理状況になります。

筆者もかなり悩んだ時期を経験していますが、寝て起きても結果は変わらないし、何か行動を起こしたい!!と強く思った時に限って深夜だったということはありませんか?

深夜はみんな寝る時間です

お金が必要で困ったときって、一日中終始、暗い気持ちになってしまいますよね。

支払先も夜になればさすがに連絡は取れないのですが、朝を迎えてしまえばそれはまた別の話、債務者にとっては考えたり行動を起こす時間となります。

私も明日の事を考えるのが怖く感じた日々の経験がありますが、コンビニで買い物をすることや、携帯使用料金や生活光熱費の事など、生きているだけでお金が掛かることに疲れてしまいます。

当時は自動販売機で飲み物を購入する事もためらいましたし、自販機の飲み物を口にする事自体が非常に贅沢に感じられ、甘いコーヒーが心まで満たされていくように、何本も買ってしまう事もありました。

相談できるのであれば、すぐに話を聞いて貰いたいわけですが、飲食店を除く一般的なサービス業は、日中に営業しているところが圧倒的に多いわけです。

その時間に、いつも私たちは仕事や学業、家事に追われているので、「気づいたらこんな時間・・・」いうこともあるのではないでしょうか。

役所等の公共サービスの利用にも行きたいのに、休日や時間がなかなか取れない方もいらっしゃるこの現代社会。

それがお金の事となると、ほぼ私事ですからご自宅に帰ってから調べたり、まとめたり・・・。

日中、仕事を放りだしてお金の悩み相談へ行くというのも、なかなか気が引けてしまいます。

無店舗型のクレジットカード現金化業者であれば場所に捕らわれることはありませんので、口座への振込ですから、実質24時間の対応は可能となっています。

一般的な消費者金融では、遅い時間の受付をしてくれるところはありませんが、クレジットカード現金化業者であれば、午後19時から遅い所ですと21時まで営業しています。

当案内所の調査で、さらに遅い時間帯に営業しているクレジットカード現金化業者を探しましたが、残念ながら、表記された電話番号に問い合わせてもつながることはありませんでした。

その後、深夜・早朝の営業に関して、何社か質問をして得られた有効回答は以下になりました。


  • 「深夜に来るお客様の絶対数が少ないので、従業員をその為に雇う事は難しいんです」
  • 「お客様の生活環境もさまざまですから、ご要望にお応えして合わせる事も出来ますよ」
  • 「深夜帯の口座振込ですと振込の際に、相手先の名義人表示がされない場合がある為」

と、回答をいただきました。

そしてつい先日、政府が「銀行口座送金24時間化」の政策に着手しました。

日本では、15時を過ぎた送金は原則的に翌日の営業日扱いになりますが、海を越えて外国では、日本よりも24時間可能という政策の動きが広まっています。

家族や友人間でも、24時間口座での受け渡しが可能になるということなので、助けてもらうことを当てにしてはいけませんが、頼りに出来そうです。

消費税増税により、銀行の振込手数料・引出手数料も値上がり、ジュース一本購入できるくらいに、決して安くない金額となっています。

これだけのお金が集まるのであれば、24時間化にしてほしいと願うばかりですが、24時間化によってクレジットカード現金化業者は、これからさらに便利なサービスになっていくことが予想されます。

また、金融機関の手数料や消費税の項目はクレジットカード現金化の換金率・還元率に作用される項目になりますので、業者としても経営努力が求められる事になります。

クレジットカード現金化において深夜、土日祝日等で注意するべきこととは?

深夜、土日祝日、その他長期間の出張中、滞在先で現金が必要になる事もあると思います。

そんな時にもクレジットカード現金化なら、わざわざ来店せずとも審査や収入証明・保証人など一切必要無く、スマホを片手に簡単手続きをするだけで即日振込が可能なのですが、これは業者で取り扱いをしている商品に左右されます。

クレジットカード現金化は、上記の様な条件下で申し込みをすることは可能ですが、即日振込が実現できる換金方法は限られておりますので、どの業者も即日振込と謳いながら実際には対応していないという検証結果も確認しています。

商品の発送や受け取りの手順を踏まなければ手続きが完了しないためです。

自宅にした場合は、家族が入れば代わりに受け取って貰う事も可能ですが、一人暮らしの場合や家族にクレジットカード現金化した事実を知られたくない時は、発送先や発送方法を変える必要があります。

その場合は発送方法を郵便局留めや営業所留めまたはコンビニ受取などにする必要がありますので、単純に深夜でも対応できる業者を見つけることが出来たとしても、ご自身の置かれた状況によっては懸念事項が増えることもあります。

気を付けなければならないのは、あまり期間が空きすぎると商品を発注していた事実を忘れてしまう可能性がある事です。

保管期限を過ぎると商品は発送元に返品されるので、別途送料や手間賃を請求されても文句は言えません。

買取式でも還元式でも現金が振り込まれている事で気が緩んでしまいがちですが、商品を受け取る事は絶対に忘れないように気を付けた方がよいでしょう。

困っている人は終わらせたい気持ちでいっぱい

本当に困った状況で無いと感じ得ない、想像が出来ない不安は本当に当事者にしかわからないストレスです。

ストレスの感じ方ってたくさんあると思いますが、金策のストレスについては誰にも知られたくない事でありますし、それこそ死を意識してしまう人だっているわけです。

この火あぶりを受けている様な過酷な状況の中で、どんなにベッピンさんやイケメンから優しい励ましの言葉を貰っても安心する事は無く、真に心にゆとりを持たせてくれるのは、なんとも残酷ですが「お金」しかありません。

当案内所以外でも比較的ランキング圏内にあるクレジットカード現金化業者では、年中無休24時間365日の受付体制を取っているように見受けられますので、平日は仕事や家事で忙しい人でも土日祝日に手続きが可能です。

ショッピング枠で買い物が出来る状態であれば、各種金策よりも確実にクイックに利用が出来ますので、このサービスに関しては需要があるという位置付けを確立しつつあります。

これで無ければダメということではありませんし、そもそも利用しない方がよいに決まっていますが、頭の端っこに置いておいても、急な出来事にも役立つツールとして覚えておいて損はありません。

世の中には多種多様のサービスが有る中で、一定の需要がある背景には、信用情報機関や各社が定めるスコアリングに基づいた審査手続きがあることが挙げられます。

情報伝達端末の普及と進化によって、オンラインで審査が簡潔するようにもなりましたが、実際に無人機で手続きしたことのある方ならご存知でしょうが、結構すんなりと進まないんですよね。

ローン社会とも言える現代の代表例として携帯電話本体の分割払いでしょうね、月々の使用料金に加える事で実質0円で渡せるというモノですが、これも信用情報に汚点が有れば分割を組むことは出来ません。

どんなに便利になっても審査がこの世からなくなる事は無いでしょうし、このように貸金業や各種ローンとクレジットカード現金化の仕組みがまったく異なる為にその需要が一切無くなることはないでしょう。

関連記事

  1. カードの締日支払日ってどうやって調べるの?

  2. 現金化のメリットを傍受した男性

    クレジットカード現金化業者のいうメリットは本当?

  3. ショッピング枠現金比較レジェンドの評判は?

  4. 自分自身で現金化

    クレジットカード現金化を自分でする方法はありますか?

  5. 家族・身内のカードですがクレジットカード現金化できますか?

  6. 消費税増税!クレジットカード現金化するなら今でしょうか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP