消費者は比較する事を忘れたら騙されると思うべし

消費者は比較する事を忘れたら騙されると思うべし

wasuretara

クレジットカード現金化は公式な免許制度がある産業では無い為に、そのプライバシーポリシーに関わる事項は完全に業者次第です。

世の中にあるあらゆる業種においても、同様のコトは言えますが、少なからずお金が関わるサービスだけに、しっかりと統率のある組織の元で営業する正規の貸金業を利用する事が望ましいと言われる理由ですが、このサービス以外の金策方法で組織や業界団体が無いサービスとして闇金融が挙げられます。

そう、だからことグレーなイメージが付きまとうのですが、これを絶対に大丈夫とは幾ら業者が説明したところで直接サービスを提供する者ですから、利用させる為の口実として当たり前の説明内容ですから、これを信用するまでには至らないはずです。

その為に我々は比較サイトを閲覧する必要があります。

しかし、誤った情報を発信している場合が多く、中にはクレジットカード現金化マニュアルと称し、特定業者のグループサイトだけが掲載されているステマサイトも存在しており、SEO対策と呼ばれる被リンクを過剰に付けて上位表示をしているサイトもありますが、時期に圏外へと飛んでいくでしょう。

これは明らかな広告報酬目的で有る事と、利用者目線で考えた時に必要無い記事コンテンツしかないからです。

当サイトで各比較サイトを閲覧しているところ、デメリットについてはまったく掲載しないサイトが約8割も確認が出来ましたが、これはあまり利用しない方がよい事を検討者に知られてしまうことにより、業者から人気が無いのか掲載される数はごく少数になっている特徴がありました。

そう、業者の多くはそのようなメディアサイトを探し、掲載料金を支払っている実態が推測されますので、店舗詳細ページに記載されている宣伝コメントのほとんどが真実とは言えないことこそ、真実ということ。

しかも比較サイトに掲載されているすべての情報が仕組まれたものだとすると、信用して閲覧している比較サイトの中でお店選びをしても、すべてが同じ、消費者心理を欺いたリードですから、業者だけでなく信頼できる比較サイトを探す必要があります。

要点はデメリットについて述べられているか。

これだけ注意していても、簡単にふるいに掛ける事が可能でいかにグレーな業界であるのか、身に染みて感じる事が出来るでしょう(笑)

近年はペナルティを受けまして見る影が無くなりましたが、サジェスト表示が汚染されていた事も記憶に新しいのではないでしょうか?

これを集客のあてにしていたグループは、今現在ではあまり名前を聞くことの無い零細業者になってしまいましたが、それだけ利用者の総数が少ない事がうかがえます。

関連記事

  1. 総集編:クレジットカード現金化業者の真実

  2. クレジットカード現金化でクレカを送れと言われたら

  3. クレジットカード現金化業者の実態は?

  4. クレジットカード現金化したのに振り込まれない?

  5. クレジットカード現金化を比較する時のポイントは?

  6. 情報はなるべく多く取り入れた方がよい

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP