消費税、その他増税後のクレジットカード現金化業者への影響は?

2014年4月より始まった消費税8%時代

日常生活の中で感じることは小銭が増えたことを実感していますが、追い打ちをかけるように、今後は税率10%時代の足音も聞こえていますね…。

自販機の値段が1缶/130円になったことで私は自販機の利用を一切しなくなりましたが、皆さんはこの少額の上昇でさえためらったりしませんか?

クレジットカード現金化業者では、キャッシュバック方式も買い取り式のクレジットカード現金化業者も、消費税を治めなければなりませんので、換金率・還元率に影響が響くことは容易に想像が出来ますね。

しかし、増税後の換金率・還元率に影響がある業者と影響が無い業者があるようです。

もし、今、当案内所をご覧になっている方でクレジットカード現金化を利用している方は、いつも利用しているお店の換金率・還元率はお変わりはないでしょうか。(随時投稿をお待ちしています)

価格転嫁をしないで、顧客離れを起こさないように薄利多売で営業して頑張っている業者や、利用者に増税分を差し引いた金額で、換金・還元をしている業者もあるようです。

一利用者の立場として、各社に電話問い合わせしてみると消費税増税の影響は無いと見受けられますが、このご時世ですから、換金率・還元率が上がることは無いでしょう。

利用者としては少しでも出費を抑える事ができれば、この上無い訳ですが、世の中の物価が上がり、税率も上がる事を考えると上手い具合に行かないことは明確で、消費税10%になれば、おのずと換金率・還元率に影響が出ることは間違いありません。

5%が10%に、既存の5%の2倍ですから、今のうちの利用が功を奏すのではないでしょうか。

「春闘」なんて言葉を春先の季節よく聞く単語ですが、中小企業で働く消費者には縁の無い話で、収入は増えないのに、物価が上がり低所得層の痛みはますます広がりを見せていくことになります。

業績のよい会社はベースアップを積極的にしていますから、実質増税して困るような事は無いのでしょう。

日々の支払いを現金払いからクレジットカードや電子マネー、デビットカードに切り替える人が増えていますが、これは、消費税や物価の上昇から、お財布の管理(小銭の増加)やレジストレスによるものと考えられています。

しかし、電子マネーやプリペイドカードの利便性は日本ではまだまだ利用範囲が狭く、実際には、ポイント還元のサービスが付属されている、クレジットカードとデビットカードの普及が進んでいると考えられます。

クレジットカードの普及と物価の上昇に伴い、総量規制外の金融商品(銀行系カードローン)も積極的にTVでもCMで積極的に宣伝されています。

しかし、総量規制外のサービスは金利が高いのが一般的で、クレジットカード現金化サービスの需要が高まってくるのではないかと考えられます。

毎年毎年ベア(春闘)が続いている

2015年に入った最中、日本労働組合総連合会(通称:連合)は2014年に引き続き経団連に対してベアを要求したと発表されました。(2017年も要求はありました)

そのベースは未確定のようですが、認められる可能性は高いと予想され、円安と予想される消費税10%時代を見据えた要求とされています。

これは大手企業の組合が先導して中小にも風を吹かせる為に必要な事であると思いますが、利益が上がっている業種はすべてに当てはまらないということもあり、ますます格差社会を生み出す事に繋がらないかという不安もあります。

消費税が上がる事で各クレジットカード現金化業者は企業努力次第ではありますが販売価格に転嫁される事が予想され、普段利用されている店舗側から還元率、換金率が下がる事を言い渡されるかもしれません。

優良とされている店の多くでは、これら手数料を掛けないところもあり、利用しやすいように単純明快でわかりやすく説明してくれるところがほとんどです。

当案内所で調査した際に分かったこととして、色々と手数料名目を並べるのはそれで納得してもらうための戦略でしか無い為、これに異議を唱えたときには恫喝してくる悪質店員も過去にいました。

この記事を初回投稿した年月は2015年1月ですが、同年9月頃から各社で増税に伴うキャンペーンを謳い始めると考えられ、実際に各社で消費税増税の影響についてお知らせを出す業者が多数確認できました。

その背景には、2014年の増税開始時も盛んに宣伝されていましたが、逃れたくても逃れられない出来事ですので、年がら年中キャンペーンを謳っているところは、騙しの可能性があるので気を付けましょう。

また、金券やチケット類を扱うクレジットカード現金化業者では消費税に関する心配は無いと考えられます。

これは、金券やチケット類の販売は非課税となっており、最終的に券を利用する者が支払うという考え方ですから、増税に伴って換金率を下げられたり下げようとされたという経験のある方は、その店舗は悪徳である可能性が非常に高い事がわかります。

購入する事以外にも振込手数料や配送料などは課税により値上がりする事は推測出来ますが、元々が少額の為に微々たる金額で済むはず。

このように増税後の影響は少なからず発生する事が予想されますので、注意深く話を聞いたり明細を確認することを怠らない様にしましょう。

消費税増税!クレジットカード現金化するなら今か?

実のところ、世界的に見れば日本の消費税は安いものです。

2014年4月、消費税が5%から8%に上がったことで、各商品販売者とサービス提供者は、価格転嫁を余儀なくされましたが、引き上げ前の駆け込み消費と呼ばれる、購買傾向がもちろんありましたが、その後の反発は意外にも感じられなかったのではないでしょうか。

増税後の営業は、実際のところ小さいものだったのではないでしょうか?

消費税法が成立したのは1988年でしたが、当時の反響と比べても、国民からの批判的な意見は少なく、増税はしょうがないものと冷静な人のほうが大多数を占めているようです。

クレジットカード現金化でも、クレジットカードに付随するショッピング枠を利用します為に、少なからず換金率、還元率の影響は無いということはありえないのではないでしょうか。

ただし、下記のような金券に分類されるものは、購入時には消費税を適用されることはありません。

「商品券」「ギフト券」「旅行券」などなど、その他テレホンカード等のプリペイドカードと呼ばれる類のものは、購入者が、金券を使って商品の購入または、サービスの提供を受けたときが課税対象とされているのです。

クレジットカード現金化の際に、購入する商品が金券類であれば、消費税が発生することはありませんが、金券類以外のジャンルであれば消費税は必ず発生しますし、消費税そのものはお店で負担するものでは無く、購入者が納めるものです。

Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の手段を提供する業者も存在していますが、これもまた、すべてが優良な業者とは限らないようで、悪質な営業のところは、消費税を言い分に換金率を下げて買取をしている事を確認しています。

また、そういった業者については、金券類の取り扱いをして営業する許可証を保有しておらず、ホームページ上に許可番号が掲載されていなかったり、載せていたとしても、その許可番号をインターネットで調べたら「クレジットカード現金化業者が店名を変えて営業している」ということがわかります。

そのような背景から、「Amazonギフト券買取業者=クレジットカード現金化業者」と言えるのではないでしょうか?

来年には消費税が10%になる事が予想されていますが、金券類の取り扱いが無いお店は、利用者に価格転嫁を行い、換金率、還元率が下げないと、利益の部分が無くなっていくわけですから、相当の企業努力が求められていく事でしょう。

これは各業者が商号として利用している店名で法人登記をしていない事は明らかであり、買取式の換金で取り入れられている方法がもっともわかりやすいかもしれませんが、商品を販売する法人と買取をする法人の少なくとも2社以上が経由されて買取代金を受け取るという仕組みになっています。

過去に逮捕された業者の中には自分たちで販売も買取も兼務しており、古物営業許可を取得していながらこれを悪用し、査定の実態もなかったとして逮捕されていた例があり、それでも今現在買取式で換金をしている業者は上記の様に商品を指定して買い取っているか、あるいは販売する為の法人の用意があるということが推測できます。

今現在でも対面で取引できるところは、業者が関与しない法人が販売する商品の購入を指定して買い取るもので、有名な商品と言えば前述した金券類になります。

当優良店案内所でも、消費税によって換金率、還元率の影響について、各お店にリサーチを行いましたが利用者に対する影響はとくに無いとの事でしたが、それは常に保障されている事はないでしょう。

どのような形であれ、換金できる仕組みが世の中から無くならない事に加え、例え「クレジットカード現金化」を謳って集客を行い、ましてや繁華街の中で堂々と看板を出して各種買取業を営む事は違法ではないのですから、これを指定した形での法改正が無い限りは、これからも無くなる事はないでしょう。

しかし、今後の見通しとして、増税後の影響についてお知らせを記載しているお店は有りませんので、今現在は問題は無いと思いますが、その時期が近づいた時にお金が必要となれば、増税前に申込みをしておいた方がよいと判断はできますね。

もっと詳しく調べてみました

現金にとって代わるものとして、上記で例に挙げた商品券、ギフト券、旅行券以外にも料金前納を示す切手や国庫収入の徴収に利用する印紙があります。

実は、購入した状況において課税対象になる場合と非課税対象になる場合がある事をご存知でしょうか?

商品券に関しましては、贈呈する目的の場合に購入される概念ですので、商品購入時に本体価格と消費税が発生する様に、消費する人がそのタイミングで支払う仕組みですから、例え発行元の会社から購入しようが、金券ショップで購入しようが非課税で取扱いが可能になっています。(Amazonギフト券買取業者の中で消費税名目を謳うところは詐欺行為になりますね)

切手を購入するところは郵便局だけでは無く、お近くのコンビニや売り捌き所(コンビニもそのうちの一つ)と呼ばれるところで購入が出来ますし、もちろん金券ショップでも取扱いがされています。

切手に関しましては、元県議員野々村氏の政治資金のロンダリング目的の購入が話題を集めましたので有名かと思いますが、実は金券ショップで購入した場合には課税対象になっており、第三者の介入による転売については、正規の発行ルートとの差額を生じさせないようにディスカウントを防いでいる目的があります。

これは、郵便が民営化される前の国営されていた時代からの約束事とされ、街角で販売する事業者の利益保護にも一役買っているそうです。

印紙についても同様な扱いであり、切手にも言えることですが収入印紙の金券ショップにおける販売価格では、ほんの数%安く販売されているところはありますが、本当に「安い!」と思う価格では販売されていないのが事実です。

100%未満で、例え1%でも安ければたしかに節約になる事は間違いありませが、課税対象商品を販売するにあたっては、事業者は消費税を納めなければなりませんので、非課税の商品券よりも課税対象の切手や印紙を高値で販売されている理由なんですね。

法人や金券ショップが最寄にあるなら話は違いますが、個人でこのような品物を頻繁に購入する機会はそうありませんので、節約で得られる金額は僅かですから、よほどのドケチな方でなければわざわざ金券ショップに行く必要は無いと思いますよね。

ミニ情報ですが、古物商のお店で買い取る際には、よく流通されている商品(人気がある)は時間的に早く売り捌ける事ができると査定されるものは高換金率になりやすく、逆に在庫として抱える期間が長そうだと査定されれば換金率が下がります。

街角で各種買取業の店舗では、なるべく多くの商品が持ち込まれる事を期待して「高く買い取ります」とよく見る外装ですが、実際のところ持ち込まれる商品の相場は決まっているのですから余程悪徳な業者で無い限り査定額に大きな開きが生まれる事は考えにくいでしょう。

このような情報はクレジットカード現金化を比較中の方にとってあまり考えにくい事かと思いますが、違法性や口コミを気にされる方は多く、店員さんの説明だけでは心配な方には少しでも知識としてご参考になればうれしく思います。

クレジットカード現金化業者の中でこのような金券類を取り扱う業者は少なく、古物営業法に基づく商品の発送から受け取り、本人確認のプロセスに手間と時間を要する事と、そもそもの金券類を取り扱う事による利益率の低さから、異なる商品を換金の媒介物として用いられているのではないでしょうか。

関連記事

  1. 換金とは?

  2. クレジットカード現金化は働いてない人でもできる?

  3. 現金化のメリットを傍受した男性

    クレジットカード現金化業者のいうメリットは本当?

  4. 24時間 クレジットカード現金化は可能ですか?

  5. クレジットカード現金化業者は自作自演をしている?

  6. クレジットカード現金化の返済はどうやるの?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP