債権・借金にも種類が存在するの?

それは有意義な目的でしょうか?

借金をするに至った経緯はバラバラであり、誰もが好き好んで申込みをしていません。

日本国内の消費者金融業者による、貸し付けた金額の総額は、約14兆円と言われており、その総人数は、約1,400万人に及ぶとされていますが、日本で8人のうちに1人は、借金を抱えている人がいるという計算です。

多重債務でお悩みの方は、クレジットカード現金化を利用する前にどんなに借金を抱えていようと、解決方法として考えられる事がありますので下記の紹介ページをご覧ください。

「多重債務(借金問題)に関する相談について」

借入・融資とは、個人法人問わず、誰かから借金をすることですが、法律上では、「債務」と呼ばれます。

支払い方法や金額は、契約したときの内容が主軸となりまして、この債務の目的として一般的なものの例を出してみましょう。

  • 「車のローン」
  • お店が溢れている都市圏以外では生活必需品と考えられています。

  • 「住宅ローン」
  • キャッシュで購入できる人なんてほんの一握りだけでしょう。

  • 「生活費」
  • 扶養者が居ると居ないでは、収入に対する負担の割合は異なりますからね。

  • 「事業資金」
  • 経営ですから、失敗した時の事も考えておくべきであり、簡単に借りる事を考えてはなりませんが・・・。

  • 「奨学金」
  • 成績優秀者以外にも有利子ではありますが用立てる事が出来ますが、未払いが相次いでおり社会問題化しています。

などなど、利用したい対象によって分けることが出来ますが借金先である相手(銀行・消費者金融等含めた業者)ごとに、法律上でさまざまな決まり事が存在します。

  • 「貸金業法」
  • 「出資法」
  • 「利息制限法」
  • 「月賦販売法」

大まかに、上記の4つに分けることができます。

クレジットカード現金化では、クレジットカードを用いることが必須ということは、支払先はカード会社ですから、「月賦販売法」がクレジットカードの取引に関連した法律に該当します。

その他、3つの項目は消費者金融・貸金業全般の規制を目的とした法律ですので、クレジットカード現金化がこれに該当するのかしないのか、不明確でありグレーな事として認知されているわけです。

さらに、質屋についてはまた違う扱いであることをご存知でしょうか?質屋とは別に、「日賦貸金業者」やマルフクで一昔は有名であった「電話担保金融」があり、いずれも法律で特例扱いで、他のサービスと比べて高い金利が認められている貸金業態も存在しています。

質屋だから安全、公安委員会の許可があるから大丈夫ということは一切なく、優良であることを保証していることではありません。

世の中のサービスが飽和状態ですから、正しい選択をするために、正しい知識を身に着けて優良なお店を選択しましょう。

私自身も借金を抱えた生活を経験したことがあり、所有していた車を売ったり黄色い看板のお店にお世話になったり、クレジットカード現金化をしたり、一通り潜ってきましたが、節制した生活と仕事に昼夜打ち込んで元の生活を取り戻すことが出来ました。

簡単に終わらせられる借金なんてありませんが、遠くない未来には光が灯っているはずです。最後まで頑張りましょう!

負債を引き寄せる人の特徴は?

ご飯を食べていくために、雨風から身を守るお家で暮らしていくために皆誰もが頑張って働いている世の中で有りながら、さらに返済をするという日常は大変な心労を伴います。

知人に相談する事も選択肢ではありますが、金の切れ目が縁の切れ目になってしまう恐れもありますし、ましてや専門家で無いのであれば根本的な解決にはならず、不毛な相談になりますので意味がありません。

一日一秒でもお金に悩む精神的な疲労は、実は債務整理をする事で手っ取り早く解決に向かいますが、今後このようなお金に関する経済的信用を伴う審査につきましては、問答無用で否決されることになります。

さらに自己破産となれば就ける仕事や家族の財産も無くなる可能性があり、人生をやり直すつもりで専門家や身内に相談することも解決の道ではありますが、負債は解消しても息苦しい生活で有る事には変わりないでしょう。

インターネット上でも困窮する人の特徴について情報を確認することができますが、どれも変わりなく共通して言える事ばかりです。

  1. うそつき
  2. 嘘が上手い人ほど他人には心情を察知することが難しいので、負債と嘘は常にセットと言います。

  3. 絶好調な人
  4. ブランド品を積極的に取り入れる人の事を言い、ケチと思われるのが嫌で比較的付き合いがよい人の事を言い、必要の無い接待にも顔を出す人は要注意。

    中身の無い人のブランド品まみれは只々見苦しいですからね。

  5. 現実から逃げる
  6. ギャンブルで返す、最悪身内の誰かがケツを拭いてくれる、責任を転嫁すればいい、問題は後にするなど、何かと言い訳を付けますので「うそつき」にも当てはまりますね。

  7. 実はそこそこ稼いでいる
  8. 人よりちょっとよいお給料を貰っていると、その組織の中だけで見れば大きな差かもしれませんが世間と比べれば、どんぐりの背比べで御座います。

    変な優越感や勘違いをしていますので、出費が多くなったことで余ったお金が、結局周りと同じ可処分所得になってしまっては浪費癖が付くことになりかねません。

日本人の平均年収は下がっていく傾向にあり、そんな中結婚し扶養家族を養っていくことを考えると、とても世間がいう平均年収では贅沢かつ快適な暮らしが出来るとは考えられません。

共働き、もしくは私利私欲を捨てる事が求められ、独身時代の金遣いを忘れられない人にとっては家族に内緒で利用したいということもあるようです。

ほんの少しの気の緩みが事の始まりに繋がらないように注意してください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化しにくいブランドはありますか?

  2. 即日調達法にクレジットカード現金化?

  3. クレジットカード現金化は闇金(ヤミ金)でしょうか?

  4. クレジットカードのクレジットカード現金化ってどうなの?

  5. クレジットカードを有効活用!現金払いには無いメリットとは?

  6. クレジットカード現金化は即日対応ですか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP