クレジットカード現金化の違法性とは?

クレジットカード現金化業者を紹介する比較サイトは年々増加傾向にあります。

しかし、違法性について記述する店舗や比較サイトは決して多くなく、業者を紹介する事に重きを置いているサイトが多くなっている事について、当サイトでは「クレジットカード現金化は万能な存在では無い」と懸念される事項について惜しみなく更新をしています。

また、毎年のように逮捕者がいるにも関わらず、こうした情報について更新しない比較サイトが上位表示をしている事が事実であり、騙されない為にも一読をしていただきたく思います。

クレジットカード現金化比較サイトでは違法性が無いと印象付けされる

クレジットカード現金化業者において、実店舗型であっても無店舗型であっても、取扱いするサービスに関するマイナスイメージの発信は行われていません。

マイナスイメージとは、タイトルの様に違法性であったり、検挙者についてだったり、比較検討者の期待をへし折るような情報です。

どの比較サイトでも、そしてクレジットカード現金化業者のサイトにおきましても、メリットばかりが書き込まれ、無いはずの事を書いて閲覧者の頭の中に刷り込ませたり、優良店と紹介されていながら実際には悪徳まがいの営業対応をされた経験が私自身にもあります。

極め付けには、自らのサイトにおいて優良であると告知する業者まである始末。

クレジットカード現金化とこれまでに逮捕された事例、クレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュースで確認しますと、クレジットカード現金化に関わる法律は下記になります。

  • 出資法
  • 貸金業法
  • 古物営業法

これらに触れないで換金ができる仕組みがあるから営業が今日まで営業できるということでしょう。

クレジットカード現金化は借金をすることではないですし、厳密に言っても貸金業では無いですし、詐欺でも無いのですが、それだけにクレジットカード会社は各社で防衛策を取っています。

クレジットカード現金化に違法性が無いとしても、クレジットカードの規約違反に関わる可能性がある

こちらのサービスを利用して、発行元のカード会社に換金目的で利用したことがバレてしまった場合、なんで気付かれたのかと思う事になるのですが「店舗側がこの人が利用しました」なんて申告すれば共倒れになってしまうことになりますから、店舗側から漏れた事は推測しにくいですね。

しかし、クレジットカード現金化を利用する人の特徴さえ把握しておけば、クレジットカード会社も簡単に絞り込むことが出来るのですが、その特徴とはズバリ、キャッシング枠の限度額が一杯、もしくは限度額に近いくらいに利用している人ですので、少しでもキャッシング枠は残しておくとよいでしょう。

違法性を気にする以前に、そもそもお金が増えるサービスでは無い

キャッシング枠が利用できないから、クレジットカード現金化に申込む図式は、誰が考えても想像できることですので、申込みをする際には、請求日のコトを考えて延滞しないような予算で利用する事が大切です。

これは利用せざるを得ないと判断する場合です。

少しでも高い金額を利用してもらいたいのが店舗側の考え方だとすると、金額を高くすると換金率も高くなるという傾向がありますが、手元で確認できる現金との差額は広がるばかりです。

換金率に違法性の概念を入れてしまいますと、リサイクルショップやブランド品を売った事がある人はご存知かと思いますが、単純に購入額と売却時の金額を換金率と捉えますと、クレジットカード現金化業者で取引される換金率よりも悪い事が当たり前です。

店舗がやっていることは、「商品販売」もしくは「商品買取」ということは、購入者(利用者)が、商品の扱いを決めるのは各々の自由ですから、請求の支払いができれば問題はなく、滞れば利用者に催促されるという仕組みです。

営業するにあたって貸金業のような公安委員会の登録免許制度も存在し無い為に、貸金業を連想させる悪意の広告が蔓延する原因とも言えます。

  • 「カードでお金」
  • 「カードで借りられる」
  • 「未成年でもクレジットカード現金化で借りられる」
  • etc…

クレジットカード現金化業者だけでなく、利用者にも責任が生じる可能性もある

ただ、クレジットカード現金化の行為に法律違反で無いし、手軽に資金調達へつながる手段という長所の面もありますが短所の面ももちろん存在します。

決してすべてが万能というサービスでは無く、カード請求の引き落とし日が決まっていますので滞りなく支払わないと信用度が無くなってしまいます。

逆にしっかりと支払いを続ければ信用は上がり、ショッピング枠の増額につながっていきます。

クレジットカード現金化の行為には後ろ向きな考えが先行していますが法律違反ではなく、仕組みを逆手に取った悪徳悪質なお店が存在しているということです。

しっかりと、優良な店舗を選ぶ参考として、比較サイトや口コミサイトの活用、見積もりの比較にお問い合わせ対応内容など、ご自身で判断する必要があります。

元クレジットカード現金化業者の店員や法律家であるという設定で運営しているが何も権威性は無い

店舗の数はもちろんですが、情報を掲載する比較サイトの数の多さにも驚きませんか?

載っている事を見てみると、言い回しは異なっても7割~8割くらいは同じ内容について書かれているので比較サイトによる情報格差は少ないと当案内所では考えます。

最近とくに目にする比較サイトの中で、法律家が関わっているような印象操作をしている比較サイトがありますが、弁護士または司法書士という名称で書けないから法律家としているのです。

多くの場合、ランキング化してクレジットカード現金化業者を紹介されているのですが、この順位の付け方が各管理者で異なっているので、「あのサイトでは1位だけど、このサイトでは3位だったり圏外だった」「1位の店舗に申し込んだけど対応が最低だった」ということが起きるのです。

ランキングが確認できた場合には、確認できる各業者に一通り話を聞いてみると間違いありません。

クレジットカード現金化業者の違法性を検証するには、申し込みする事は避けられない

その情報の偽りを調べるには実際に申込みをする他はありません。

取引内容を確認するには申込みをする事が必要条件ですので、「利用する申込み」という考え方では無く「話を聞く為に申込みをする」という解釈の仕方で比較検討しましょう。

無作為に申込みをするのも考えモノで、問い合わせをする前に紙とペンを用意してメモを取る事を忘れないようにしてください。

できるだけ、言われたことと自分自身が伝えたこと、それに対しての返答を記録し、他のクレジットカード現金化業者に同じ事を尋ねた時の返答はどうか、同じ目的のサービス内容であるはずなのに、場合によってその対応は雲泥の差を感じる事もあるでしょう。

クレジットカード現金化がすべてではありませんので、シーンによっては貸金業の選択や親族・知人から個人的な借金をするのも選択肢です。

切羽詰っている中で冷静な判断をする事は非常に難しい事ですが、たった1回の選択は大きな決断になりますので、各情報を得て自分に合った方法なのかは他人がわかる事では有りませんから。

どんなところを利用するにしても「ご利用は計画的に」が付き物ですので心構えを持って申込みをしましょう。

関連記事

  1. 融資

    クレジットカード現金化と個人間融資ではどっちがよい?

  2. 請求額が違ったり振込が無いことはある??

  3. 消費者は比較する事を忘れたら騙されると思うべし

  4. クレジットカードによって提示される金額が違うのか?

  5. 上限金額はありません

  6. 未だ営業が続く実態をクレジットカード業界はどう見ているのか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP