クレジットカード現金化優良店の定義は?

当サイトでは下記の要素を元にスコアリングしています。

  • 換金率・還元率
  • 接客態度
  • 比較サイトの評判
  • キャンペーン更新頻度
  • スピード
比較サイト、口コミサイトにも優良店の掲載に当たって、ランキング化されているサイトと、ただ一覧表示になっているだけのサイトがありますが、やはりランキング化されている方が、利用者目線からすると比較しやすいですよね。

当案内所でも、随時調査と情報の更新を行いランキング化した掲載方法と、ただ優良店の紹介だけでなくコラムやいただいた体験談の発信を行い情報の充実に努めていますが、情報の掲載も無く単純なランキングのみ載せているところも少なくはありません。

優良店を探すために、我々は比較検討の輪廻が終わらない

どんなによい評判が並んでいても、そして悪い口コミが書かれている業者でも、ボランティアのような慈善事業とは言い難い事もあり、業として成している以上は何処を利用しても手数料は掛かります。

その手数料の差と、店員の対応が主な判断基準として重視されている傾向に有るようです。

  • 「このクレジットカード現金化業者は優良です」
  • 「どこよりも換金率、還元率は高いです」
  • 「他社には絶対に負けない自信があります」

各業者は、「うちは優良ですよ」と自ら謳っていますが、優良か悪徳か判断するのは、我々利用者ですから、基本的にホームページに書いてある言葉はあまり信用していない方が賢いです。

じゃあ利用したことが無い人は、どのように判断すればいいの?

という話になりますが、そんな場合の為に当案内所をはじめ、比較サイト、口コミサイトが存在しているのです。

広告掲載料を募っているお店もありますので、一概にここが信用できると断言することも出来ないのですが、検索結果の上位に位置するところであれば、それだけの人が参考に見られているということですので、信用ができるのではないでしょうか。

情報発信をしている比較サイトが幾つもあり、ランキングも違うし面倒臭い!!個人的に進めた方がよい!!と考える方もいると思いますが、実はクレジットカード現金化をするにあたって、個人で行うには時間と手間が必要になり、個人で行う事が出来そうな手段は幾つか考えられますが、当優良店案内所では決してオススメはしておりません。

さらに、その方法が会員規約違反とみなされて、クレジットカードそのものの利用停止という結末を迎える様な方法では・・・。

どんな優良店でも、依頼をすれば当然手数料は差し引かれることになりますから、少しでも高い換金率、還元率を選びたいという希望は、利用を考えている方であれば当然です。

業者にコンタクトを取ることは、クレジットカード現金化クレジットカード現金化を利用したことのない人には勇気が要りますが、インターネット上の口コミや評判を調べることで、他の人の意見や経験を知ることが出来ます。

yahoo知恵袋や2ちゃんねる等でもクレジットカード現金化をすることについて語られています。

借金生活(仮)@2ch掲示板

yahoo知恵袋-クレジットカード現金化

利用しようと考えている店名について検索して、悪い口コミが存在しているかよい評判はあるかを調べれば、それは一目瞭然ですね。

そもそもクレジットカード現金化は優れた金策なのか

お金が要るが、手持ちのお金では足りない。

そうなれば、何かの方法で現金を用意しなければなりません。

世間一般的に幅広く浸透しているのが、消費者金融、銀行系のカードローンで、テレビコマーシャルでもタレントを起用し放映され認知されています。

あまり刺激的な広告をすることが規制されているため、今現在では音楽を取り入れて、頭に残るようなリズムや言葉を利用しているのですが、小さい子供にも悪影響があるのではと私は感じますがみなさんはいかがでしょうか。

これらの金融サービスに共通するのは、無担保で信用取引になるので、所定の審査を通過することで、即日でもお金が手に入る仕組みとされていますが、さらに「来店不要」「最短●●分」など、利便性を謳ってサービスを押し出していますが、実はこの審査が厄介なのです。

その審査内容について簡単にまとめると・・・。

  • 今現在の借り入れ状況
  • 仕事をしているか
  • 収入状況
  • 過去に支払いに遅延やトラブルがあるか
  • お金の使い道

などなど、上記の項目を最低でもクリアできなければ、即日または即時のお振込は絶対にあり得ないのですが、たとえ八方塞がりの状況となっても、この状況を打開できるのが、クレジットカードのショッピング枠の存在です。

もちろん、キャッシング枠があれば借り入れもできますが、キャッシング枠も利用済みであっても、ショッピング枠さえあれば専門の業者に申込みをすることで換金することが出来ます。(キャッシング枠と一体型になっていたり、なっていない場合があります)

クレジットカード現金化であれば、審査無いので個人情報を伝える必要は一切無いことと、普段のお買い物と同じようにクレジット決済を行うだけなので、スムーズにお金が手元に届きます。

しかも、決済した金額に応じてカードのポイント還元も受け取れますので、実質利用した換金率、還元率は実質+1%で受け取れます。

クレジットカード協会では、カード会員規約違反となっていますが、2018年現在法律上では違法と特定されていませんので、注視されることがあれば法律も変わるとは思いますが、世の中にすでに存在するキャッシュバックサービスや、換金(リサイクル含む)なども違法とされる可能性があり、現実的ではありませんね。

その他、クレジットカード現金化のメリットとデメリットについては、下記の記事でご紹介しています。
クレジットカード現金化とは?
そのすべてがよいということは無くデメリット的な部分もあります。
世の中のサービス全般にも言えますが、一長一短であると理解してください。

利用することでお金が増えたり、借金が減ったりすることは有りませんが、これは当然の事ですし通常のショッピングと同様にカード会社に支払うだけということを考えると、他で借りても借りてなくても関係なく金策ができるので、余程困っている方にとっては優れて見えるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化そのものは、各々の状況次第でその優劣は異なる

利用しない方がよいと言えるのは、経済的環境に困っていない方たちの言葉であります。

もちろん、そうならないように日常生活を過ごしていき、税金を納めて勤勉に努める事が社会人としての務めですが、困窮した状況になってしまっては自由がありません。

社会は平等であるとお世辞にも言えない日本の情勢ですが、こうした状況を生み出した責任は少なからず自己責任で有りますが、クレジットカード現金化を利用しなくて済むのであれば、当然申込みをしない方がよいです。

身近に立て替えてくれる人や手段が有るのであれば、第三者に手数料や貸金業であれば金利等を支払う必要はありませんからね。

また、クレジットカードさえあれば手軽に出来る方法であり、支払いも通常の買い物と同じ形で出来るという手軽さもウケているのではないでしょうか?

「少し多く見積もって貰おうか」という煩悩が働きがちですが、このように少しでも多く貰っていきたいと考えはよい考えではありません。

還元率・換金率の割合が存在する以上、求める金額が大きければその差額も広がってしまうため、利用するにしても少しでも少なく見積もって貰った方が、手数料というリスクを最小限に抑える事が出来ます。

余程追い込まれた状況でない、比較的その支払いについて時間の猶予がある方に限り、銀行等の金融機関を利用する事や公的機関の相談窓口で一度相談されることも一考です。

定期預金や保険の積立金があるようであれば、名残惜しい気持ちを察しますが解約して、また新たに生活を立て直した上で申込みをする事をこれからの目標にしましょう。

なるべく利用しない事もそうですが、自分自身がよい方向に進むための選択を自分自身で決めなければいけないのです。

誰もが望む仕事や住まいを手に入れたい。

そのすべてを叶えられるのが理想ではありますが、それらを目的として考えずに手段として考えてみると、「目的ってなんだろう」ということに気付きませんか?

どんな目的でも大きな括りで言えば幸せを求めている訳ですから、仕事やお金についてもそれらを手に入れる為の手段にしか過ぎません。

大変な状況を誰かが掻っ攫って解決できる事でもありませんが、冷静に各種比較検討をしましょう。

注意:クレジットカード現金化業者に関連する国民生活センターへの相談件数は0では無い

国民生活センターでは、世の中のサービスに対する消費者視点からの相談ごとについて、各業種別にその相談件数の統計を取っています。

その中でクレジットカード現金化関連のページも有るわけですが、他のサービスと比べても件数はかなり少ないモノの、決して0件ではありません。

約5年ほど前をピークに減少傾向に入り、相談件数は2014年度においては約1/4までに滅しており、業者数の減少と関係団体の尽力によって悪徳業者を出資法違反や脱税等の容疑で検挙が進んだ結果でしょう。

それでもトラブルに遭う可能性が有るということですが、代表される悪徳業者の手口について考えてみたいと思います。

  1. キャンセル出来ない
    そもそも事前に取引におけるすべての説明がされていれば通常考えられない事ですが、手続きを進んでからでないと概要について説明しない業者があるようです。
    キャンセルに関わるトラブルが多い事例として、手続きが終盤に掛かった頃に説明や見積もりの最終決定額が言われるケースで、その説明に納得が行かずキャンセルを申し出たところ、「すでに手続き中で不可能」と言われるケースがあるようです。
    さらにもっと酷いところは、申込み後手続きを進めていないのにも関わらず、申込みした直後なのに「すでに準備を済ましています」などとキャンセル料をぼったくろうとする手口もあるようです。
  2. 蔑ろにされる
    とある比較サイトでは、この手口が一番多いのではないかと紹介されているくらいに代表されるモノで、手続きを進めたはずも一向に指定した口座に入金が無かったり、申込みしても先方からの連絡が一切無い、また連絡を掛け直すと言いながら寄こさないなど、利用者を馬鹿にしている対応の総称です。
    すでにクレジットカードの与信枠を利用した状況で蔑ろにされる事の方が多いようで、泣き寝入りしてしまうケースもあるようです。

このような被害に遭わない為にも情報を仕入れて、店員の言動に気を付けてみてください。

関連記事

  1. クレジットカード現金化はばれない?

  2. クレジットカード現金化の利用者って結構いるの?

  3. クレジットカード現金化は専業主婦でも大丈夫?

  4. クレジットカード現金化の違法性とは?

  5. 違法ですか?

  6. 悪徳業者の手口は?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP