クレジットカード現金化を比較する時のポイントは?

はじめての場合、ちょっと敷居が高いような・・・

金策の一つとして利用されている換金の仕組みですが、世間体としてはお世辞にもあまり評判のよいサービス内容とは言えません。

法律的にもグレーとする位置付けで注意喚起をしており、中にはまったく入金がされないという悪質業者の存在もあるようです。

何十もの店舗がインターネット上だけでも確認出来ますが、リアルに店舗を開いている店舗も有る割に、あまり利用する人が少ないのか実際に利用したことのある体験談や口コミ等の情報について触れているということもありません。

当クレジットカード現金化優良案内所でも、総数の中から厳選された上で紹介していますが、利用歴の長い方ですと、それぞれのサービスを利用することでサイトごとのよい点が発見できます。

クレジットカード現金化と言っても、何が大切で何が誇大なのか、すぐには理解できませんよね。

そこで数あるランキングサイトより、より有益な情報の発信を行うために、比較するポイントについてわかりやすくお伝えします。


  1. クレジットカード現金化にかかる時間
  2. すべてのお店、店員は同じでは無いので、場合によっては手順の工程数と対応のスピードに差があります。

    緊急に必要なときは、換金率、還元率よりも早さを優先したほうがよい場合があると思います。

    お店によっては、即日プラン以外のほうが換金率が優遇される場合もありますので、スピードを取るか、換金率を取るかは検討したほうがいいでしょう。

  3. 信頼できるクレジットカード
  4. クレジットカード現金化では、ご本人様のクレジットカードを所持していることが大前提で、ご利用者以外の名義人のカードは不正利用にあたるため、検討している人は改心してください。

    お店によっては、扱えるクレジットカードが限られている場合があります。

    クレジットカード現金化業者のホームページを見たり、聞いたりして扱えるクレジットカードであるか確認しましょう。

  5. 換金率、還元率
  6. クレジットカード現金化をする中で、最大の比較ポイントは換金率、還元率ですが、もちろんクレジットカード現金化業者によってそれぞれ違いますので、比較してから利用しましょう。

    また、「%」だけを聞くのではなく、具体的な金額を聞ききましょう。

    たとえば、「うちは90%です」と言われたはずなのに、具体的な金額を聞いて、その数字から計算したら「60%だった」など、利用者を馬鹿にした対応をするお店も有りますので注意しましょう。

  7. クレジットカード現金化業者の対応
  8. 残念ですが中には、電話対応がひどいところもあります。

    このように、スタッフによる実際の電話対応は、各サイトを見ても確認することは出来ませんので、口コミや体験談を見たりして、実際に問い合わせや電話をしてみましょう。


これらが本当に最低限のポイントであり、他にも知っておくべきことは多々有りますが、こちらに記述しますとえらく長くなってしまいますので、その他の情報については他の記事をご覧ください。

常に情報は更新することに努めていますので、ぜひ当案内所のコラムをご覧ください。

洞察力を試される我々消費者の立場

優良な業者がすべてであれば、なんら問題は無いはずで比較の要点について知る必要も有りません。

しかし、例に挙げたように困っている消費者の目線から考えると、その対応の様は決して健全とは言えない事が事実でしょう。

2017年に突入してから、クレジットカード現金化に関する相談について国民生活センターの情報が更新されておらず、たしかに年々そのトラブルの数は減っているようですが、だからまったく問題が無いワケではありません。

インターネット完結型でも対面型のいずれを利用するにしても、同じことが言えますのでとくに対面型に関しては顔が見えるという安心感もありますが、逆にキャンセルをしにくいという側面もあります。

ネット通販は今でこそ当たり前に利用されているサービス内容ですが、購入する前に手に取って性能を確認する術が無いのと同じであり、すべての事業者はボランティアという「善意100%、利益も要りません!」なんてスタイルで運営している訳は有りません。

クレジットカード現金化についてもインターネットで手続きを済まそうとするのであれば、その業者の仕組みについてキッチリと説明が有るか無いかの対応は非常に重要な要素として理解しましょう。

消費者保護の観点は国レベルでいうと、世界的に見ても日本は過保護と言われており、海外では認められているサービスが日本では事業展開出来ないなんていう事もあります。

民族性なのでしょうか、フレキシブルに考えられないのが日本人の弱点と言いますか、情弱と呼ばれる人がよく詐欺に遭ったり振り込め詐欺に遭う様に、出されたものを簡単に食べてしまいます。

このようなサービスを利用するにしても、ご自身のクレジットカードですから自己責任は必ずついてくるものであり、サービスを提供する業者もグレーとされる故かすぐに批判対象に挙がりますが、同意した上で申込みをする、利用者である我々も対して変わりません。

だからこそ、悪徳な業者は消費者が経済的にも余裕が無く、発行元の会社に連絡しづらく八方塞である事をよい事に「入金をしない」「出来るだけ入金を延ばす」「初回の見積もりと違う金額で入金する」「後付けで手数料を請求する」などの悪態を付くわけです。

クレジットカード現金化比較サイトもその例外では無い

実は近年、クレジットカード現金化業者よりも比較サイトがファーストインプレッションの機会となっております。

つまり、サービスを提供する業者では無く業者を紹介していたり、情報を発信するサービスを提供していない第三者が運営している比較サイトです。

当優良店案内所もその一つで、クレジットカード現金化サービスを提供しているワケではありません。

そもそも、このサービスを知るキッカケそのものが年々淘汰されてきており、社会全体として世間的に良くない表現はメディア側で自制する動きがあります。

極端な例を挙げますと、出会い系サイトの広告や開運ブレスレット、その他輸入薬品等の事業を行っている業者がありますが、表向きに広告される機会は無く、パチンコ雑誌やそれらしい業界の刊行誌の広告枠では見かける事がありますよね。

それがよい悪いは別にしましてもこのように知っている人だけが知っているという傾向があり、大手メディアでは自主規制が慣行され、顧客を増やしたからより影響力のあるメディアに露出を試みたところでその事業者が断られるということです。

クレジットカード現金化比較サイトの情報は業者のサイトよりも中身が濃い事は当然で、中身の無い比較サイトは検索結果の後ろの方になるようになっているために、可笑しな情報を見る機会というのはあまり無いようになってきています。

それでも消費者側が検索するキーワードによっては誤解を招く内容を見る事があります。

たとえば、「クレジットカード現金化_未成年」・「クレジットカード現金化 内緒」「クレジットカード現金化_他人名義」などを検索致しますと、この議題をタイトルにして情報を記述する比較サイトの数が幾つも確認できると思います。

その検索結果の中で、本来であればやってはいけない事をクレジットカード現金化なら出来る、問題ないとして紹介するケースが一部の比較サイトで確認されることもあります。

すでに当記事をご覧になっている方であれば、その情報の真意について判断する事が出来ると思われますが、そのような紹介をされている中でオススメしているクレジットカード現金化業者に申し込みを比較検討中の方が居ましたら、お辞めになった方が賢明である事をお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. キャッシング枠かクレジットカード現金化 選択で迷ったら?

  2. クレジットカード現金化業者を接客態度で選ぶ?

  3. ショッピング枠現金比較レジェンドの評判は?

  4. 病院代の為?もしかして・・・

  5. クレジットカード現金化を繰り返さない為に!究極の節約術

  6. 24時間 クレジットカード現金化は可能ですか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP