クレジットカード現金化は詐欺ですか?

サービス内容が世間一般的にグレーとされているサービスですから、基本的な印象としてはあまりよい事はないでしょう。

ただ、クレジットカード現金化業者のすべてのお店が詐欺行為をしているワケでは無いようで、一部だけ入金し残りを振込まなかったり、次に利用してもらうためにワザと送らせる、つまり保証金みたいな仕組みで保留させている悪徳業者が存在しているようです。

クレジットカード現金化業者では、まったく入金されない事は無いみたい

まったく入金が無いというケースよりも一部だけ入金されるケースが多いので、金額に関わらず受け取ったという既成事実が有る為に、残りが振り込まれなくても泣き寝入りするパターンが近年の悪徳業者の手口です。

利用する上で注意する必要がある悪徳業者の存在ですが、当案内所への投稿の中にも以下の内容を頂戴しています。

  • 「他のお店と比較している事を伝え、他社よりも頑張ると言って置きながら、手続きを進めて最終的に提示された金額が最初に言っていた金額とまったく違うし、はじめに申込みをしたところの方が結果的に良かった」
  • 「スグに振込をしますと言われたが、何時まで経っても連絡が来なくて、催促の電話をしても担当者から折り返すと言われたんだが担当者以外はわからないと言い張り、話にならずに困っている」
  • 「利用後に承諾書にサインをして送り返すように言われた。到着した承諾書を見ると完全に私に不利益になるような事しか書いていない。書いて送り返さないと残り半分の振込をしてくれないので、泣く泣く送ってしまった」

上記の様に、詐欺とは言い切れない誇大広告と虚偽対応をする業者もありますが、もちろん当優良店案内所では、そのような悪徳業者の掲載は一切行っていませんのでご安心ください。

さらに、上記の事以上に下記のことがありましたら、それこそ詐欺の危険がありますので注意をしましょう。

  1. 振込み催促詐欺
    クレジットカード現金化業者を利用後に、「ショッピング枠の増額が可能」と話題をもちかけて、クレジットカード現金化して振り込まれた金額を、また再度お店に送金させる手口です。
    利用後は、クレジットカード会社への支払いのみですから、お店に対してお金を支払う必要は一切存在しないので注意しましょう。
  2. 保証詐欺
    これは、クレジットカード現金化よりもキャッシング系でよく見られるもので「お金を貸す為に保証金が要る」と言い、意外にも多数の方が騙されていて、この手口はわりと広く認知されているのでは無いでしょうか?
    クレジットカード現金化で考え得る保証詐欺では、申し込み後に利用予定のクレジットカードは使えないと言われ、このクレジットカードのクレジットカード現金化をするには、保証金や手数料が発生すると言い保証金の送金を促す手口です。
    利用残高が有っても無くても、関係なく言われる事が有るそうで、この話題が出たら電話を切りましょう。
  3. 返金式のクレジットカード現金化業者
    決済代行会社との関係上、表立て「クレジットカード現金化業者」としての広告ができない為に、ごく一部の物好きにしか知られていませんが、クレジットカードで購入したものを返品する際に、決済の取り消しをする事なく現金を返金する事で振り込みをする手口です。

    表向きは普通の通販と同じとしている「だけ」ですが、「何癖を付けて振り込みをしない」、あるいは「振り込みをする気はあるから待ってくれ」などとはぐらかす理由付けが代表的な手口です。
    詳細(別記事):STOP!返金を謳うクレジットカード現金化業者

どんな健全な営業をしている優良店でのクレジットカード現金化を利用しても、依存して多用することはNG。クレジットカード現金化を利用するのであれば、「優良店の利用+つなぎの考え」と考えておきましょう。

クレジットカード現金化業者が詐欺で立件された事はある?

クレジットカード現金化業者で立件されたケースとしては、主に出資法違反で逮捕されている事をクレジットカード現金化で逮捕者がいるということ実についてでご紹介しています。

それでは、出資法違反ではなく、詐欺という観点から業者やクレジットカード現金化という行為について考えてみますと、複数の要素を挙げる事ができます。

  1. 業者が利用者に対して詐欺行為をしている場合
  2. 例、利用者に対して代金を請求したのにも関わらず、買取金額やキャッシュバックを振り込まない

  3. クレジットカード決済代行会社に対して加盟店が詐欺を働いた場合
  4. 例、クレジットカード決済代行会社がクレジットカード現金化業者の取り扱いをしていないとする場合、これを偽って契約し取引をしている

  5. クレジットカード名義人が、クレジットカード会社に対する詐欺行為
  6. 例、クレジットカード会社が換金を目的とした使い方を認めていないのに、これを行った場合

いずれにしても、仕組みの中で当サイトが考察する範疇ですので、これについて公にされている情報は存在しませんが可能性としては有り得る内容です。

とくに有名なのは3つ目の内容で、注意喚起を促しているサイトは利用者にもリスクがある事について説明をしていますが、そのサイトも裏付けされる事例については情報が無く、公にされている大手メディア等でも詐欺でクレジットカード現金化業者が逮捕されたとする内容は、2018年1月現在は存在しない様子です。

組織犯罪処罰法違反で、Amazonギフト券クレジットカード現金化業者は逮捕されています。

別記事:Amazonギフト券クレジットカード現金化を利用して逮捕

Amazonギフト券を使った詐欺は、クレジットカード現金化以外ではすでに発生している事案です。

別記事:Amazonギフト券の詐欺情報はありますか?

ふと不信感を感じる事点があったら、詐欺を疑いキャンセルしてください

申込みをしたり問い合わせをしたら必ず利用するという条件などはまったくありませんし、手続きが進んだ状態からのキャンセルに関しても、手数料が発生するようなことは本来有ってはならない事です。

悪質な営業対応の例として、口頭では80%~90%と言いますが最終的に手元に入った金額は50%~60%で有る事も。

実はここがミソで、口頭では最終的な見積もり額を提示せず、パーセンテージしか言いません。

手続きも終盤に差し掛かったところではじめて金額の提示をされ、後から手数料と称し請求項目を付け加えた形で成立させようとします。

とくにそのような業者は当然、インターネット上で悪徳業者であるとして口コミを書かれてしまう事になるのですが、このような口コミが他の利用者やこれから比較検討している人たちに対して目にして欲しくないのが悪徳業者の心理。

その為、暇さえあればyahoo知恵袋でこれまた具体的な見積額が記載されていない、「●●%で良かったです」などとアカウントを大量に生産して書き込みをしている様子がよくわかりますし、口コミサイトを業者で大量生産し火消しに躍起になっている事もまた面白いです。(とくにURLの付いた投稿は自演の可能性大)

誰もが利用できるサービスは悪徳業者も利用できるということで、とくに2ちゃんねるでは同業の嫌がらせや棚に上げるような書き込みをされており、過去に何社か検挙された話題は有りましたが、利用者に対して嘘をいう業者は有りませんでした。

故意に騙そうとするクレジットカード現金化業者の数はかなりの数が減ったものの、依然として上記の様に消費者を募っているところがあると認識をしてください。

私の経験上においても見た目は同じようにしか見えませんが、問い合わせをしてみると各店員の対応には雲泥の差が有る事を実感するはずです。

店舗数はたくさんありますので、上記の情報に気を付けて比較するようにしましょう。

関連記事

  1. クレジットカード現金化と総量規制の関係とは?

  2. クレジットカード現金化の高額予算

  3. 金券をショッピング枠で購入しても大丈夫ですか?

  4. なぜよい債権と悪い債権があるの?

  5. クレジットカード現金化で確認しておくこととは?

  6. クレジットカード現金化とミニマリズム

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP