クレジットカード現金化は生活保護も大丈夫?

生活保護でもクレジットカード現金化は可能かもしれないが道理として問題

生活保護費の問題は、とある芸能人の家族が続々と受給をしていたり、不正受給に関する検挙が相次いでいた事から、一時期はテレビのネタとして話題になっていた事も記憶に新しいのではないでしょうか。

生活保護法の適用を受けていらっしゃる中でも、「給付されている金額が少ない」という方が結構いらっしゃるようですが、税金が絡む問題として、社会問題としてたびたびニュースで特集されています。

当案内所にもお問い合わせをいただく中でも、下記のようなお問い合わせをいただくことがあります。

「生活保護受給者でも利用できる業者はどこですか」・「生活保護受給者でもクレジットカードは作れますか」という方がいらっしゃいます。

生活保護申請後の借り入れや融資は、たとえ審査が通ってサービスの利用が出来たとしても、手に入れた現金は、「収入の扱い」になりますので、申告しなければ生活保護費の不正受給と見なされます。

どこの貸金業者(クレジットカード業も含む)でも収入が無い人の借り入れと多重債務を避けるために、信用情報期間で個人情報の照らし合わせをする審査が有るわけです。

クレジットカード現金化業者には審査がないですから、利用可能残高があって通常通りに利用できる状態であれば換金は実質的に可能です。

クレジットカード現金化(クレジットカード現金化)の為に生活保護でもクレカは作れる?

生活保護受給中もクレジットカードが発行できる可能性はあるのか、当サイトで調査し下記にまとめました。

幸い、私の古くからの友人が某クレジットカード会社で申請の受付をしていますので、餅は餅屋ということで電話して教えてもらう事にしました。

彼によると、「生活保護者の申請は、審査に通す前に受付用紙のお渡しすらも不可能だよ。支払うアテもないのに貸付をしたところで、もう詰んでしまうことが容易に想像が出来る」とのことでした。

人それぞれの事情はありますが、生活保護を受給している方に対し、世間からは白い目を向けられやすい社会です。

生活保護受給者は、遊ぶことも許されないのかと反論もあるようですが、支給されるお金は本当に毎日生きていく事が苦しい人のためにあります。

生活保護の現金支給は、娯楽施設で遊ぶ・借金、融資などの返済を確保の目的で支給していませんし、借金生活を応援しているものでは無く自立を促すためのお金ですから、当然まだまだ働ける余裕の人に対しては、受給期間は短く設定されているわけです。

お金が必要なら

  • 働いて収入を得ましょう。
  • 自活しましょう。
  • 普通の暮らしをするためには、努力をしましょう。

そういうこともしないで普通に生活をしたいというのは、誰も賛同しません。

私たちの税金はもちろん、国のお金でまかなわれています。

仮に身辺情報を隠し通してクレジットカードが発行できたとしても、支払いの遅れが出た際に、法的手続きが発生するわけですが、その際に受給について判明することになることでしょう。

どんな仕事でも、勤務先があれば、クレジットカード発行や融資を受けることが出来る確率がグンと上がりますから、まずは現金を手に入れる方法よりも就職先を早く見つけることの方が賢明です。

生活保護だからクレジットカード等の審査が緩くなる事は絶対に無い

生活保護者に関しては、「生活保護法」という法律の元でどのように生活をしなければならないのか、明確に記載がされています。

何条も内容が有るわけですが、クレジットカードに関連してくると思われるところで言えば、第60条生活上の義務と第61条届出の義務の2つが挙げられますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。


  1. 生活上の義務ってなに?
  2. 「常に、能力に応じて勤労に励み、支出の節約を図り、その他生活の維持」

    国からお金をいただいている以上、こうやって使ってねと指図を受けるのは当然ですよね?まあこうして健全に守れば「お金に困る事は無いよ」と法律・国がいう事ですので、生活保護中の借金はこれに当てはまり違法となります。

  3. 届出の義務ってなに?
  4. 「収入・支出その他生計の状況について変動した際は、その旨を届け出なければならない」

    お金を支払う立場の事を考えればこれもまた納得ですよね?報告は義務ですから、借金をしたと言えば第60条でOUTですね。


本来の目的は、生活に困窮した国民を守るために作った有り難い法律です。

その為、この制度中に融資を受ける事やクレジットカードを作るということは想定されていない事ですので、はっきりとは記載していません。

所持しているだけで違法と言われたり、貸金業を利用しただけで違法と言われてしまうのは、審査をする役所次第になります。

役所が気に入らなければ各種サービスを強制的に解約されたり、生活保護自体の打ち切りにもなるでしょう。

生活保護費は勤労によって得られる所得では無く、不労所得でも無いので、「収入」ではありません。

クレジットカード作成時に収入を入力する項目が有りますが、0円で記載するべき項目を虚偽の数字を入れたところで、信用情報機関のデータ参照により合格する事は100%ないですから、クレジットカード現金化を申込みする事すら出来ません。

もともとクレジットカードを所有していた方が、生活保護の受給者となった場合についても発行元の会社に経済状況が変わった旨を報告する義務が規約上に有りますので、お早目に申告するようにしましょう。

使い続けられたとしても、先ほどの信用情報機関の情報でいつ止まっても可笑しくはありませんし、最悪の場合、詐欺や横領の扱いとされて、どんな請求も一括で払う事にもなり兼ねません。

生活保護でもなんとかクレジットカードを作れませんか?

このサービスをはじめて見たときに、貸金業と誤解される方が多いようです。

しかし、貸金業の免許番号の提示は有りませんので悪質な営業方法で募っていたクレジットカード現金化業者のほとんどが出資法違反で検挙されています。

クレジットカードさえあれば、という利用するにあたって簡単な手続きと早い対応が魅力的な内容ですが、出来るだけ正規の業者を利用したいところ。

お金を用立てる手段としてクレジットカード現金化も一つですが、やはり銀行系や消費者金融などのキャッシングの方が認知度がありますから、利用者数も断然多く活用されています。

それでもみんなが審査を通るはずも無く、サービス展開する各社において独自の審査基準を用い、その人にお金を貸してもいいのかスコアリングされることになります。

一回もキャッシングされたことの無い方で、住まいが有って一定の収入源があれば問題なく審査を通過することは可能ですが、何か理由が有って、住民票に登記している住所以外の場所などに住んでいて住所不定であったり、求職中や在籍確認が取れないようなところで働いている人は、審査に通らない可能性があります。

お金が必要な時に限って、ただお金を手にする事だけでなくいくつかの心配事が重なると思います。


  1. 最低●●万円必要!
  2. お金を借りる事が出来たとしても、必要な金額に届かなければ意味がありませんね。

  3. お金がすぐに欲しい!!
  4. 本当にお金を手にすることが出来るのか、借りる側として少し偉そうな言い方ですがお金を手にした時の安堵感は何とも言えない気持ちですよね。

  5. 支払日に間に合わない
  6. 物事には何でも期限が存在しますので、約束事を守れない人は世間から見放されていきます。


お金が足りないときの状況は、実際にその立場に遭わないと苦しさはわかりません・・・お金が無い人の気苦労は、お金持ちの人にはわからないのでは。

生活費、税金、家賃、冠婚葬祭費など、クレジットカードで賄えるものもあれば現金払いが絶対条件の請求もあります。

お金が必要なとき、借入を考える人たちの割合について調べてみました。


  • 生活維持タイプ36%・・・求職中、無職の方など
  • 一時借入タイプ20%・・・仕事が見つかり初任給までの凌ぎなど
  • 趣味娯楽タイプ16%・・・ギャンブルや旅行目的など
  • 多重借入タイプ22%・・・他の借金のおまとめや冠婚葬祭など
  • 少額借入タイプ6%・・・給料日までの繋ぎなど

特定の理由が偏っているということはなく、お金に悩む人はさまざまな理由でまんべんなくいらっしゃることがわかりますが、お金が必要なときに、大手の金融会社に申し込みをしても審査が厳しく、希望した金額に届かないこともあります。

そこで、当案内所では、審査不要で手続きも簡単な優良クレジットカード現金化業者をご紹介しています。

クレジットカードがあれば、たとえ無職、ブラックの方でもご利用が可能ですので、どうしてもというときに、スピーディーに調達が可能となっており、身近の人に相談することで信用を失うことに繋がりますが、お店の店員さんが相手であればそういった関係の問題も起きません。

審査なしで借りる事ができる金融・貸金業などありません

インターネットで「審査なし」を含めた関連ワードで検索すると、アフィリエイト広告ばかりで正規業者公式サイトの表示が無い事がわかります。

正規業者がこのような形で集客をすれば、業界団体の自主規制ルールに背く為にアフィリエイターを通して集客をしているのです。

実際に、このような広告を取扱いする斡旋業者をASP業者と呼ぶそうで、広告を通して成約した人に対して報酬が支払われる仕組みですが、何千円といった報酬額が設定されている為に、皆困っている人たちを煽る目的で、甘く誘惑するキーワードを使って収入を得ているのですが、この様な広告に紛らわせて「無料紹介」と称しヤミ金の仲介をしているところも有ります。

利用者層を絞る為なのかスマホやPCでは見れない様にして、ガラケーなら見れるようになるという仕組みになってるところも。

貸金業の仲介所では、貸金業務を行っていないから免許を取得する必要は有りませんなどと記載があります。

個人融資の掲示板として運営されていた「あしながおじさん」というサイトは、貸金業登録の指導が有ったことで2014年1月21日に閉鎖をしていますので、怪しげな掲示板や無料相談所の利用は極めて違法性が高い事が懸念されていますので、簡単に申込みをしないように注意してください。

現状、借金を返すための借金をしている方の中で、収入が安定して入るのであれば各社債権の「おまとめ」をしてくれる業者もありますので、一度確実に支払いが可能な状況を一考したほうが賢明ですし、無職または収入が安定しない方は意固地になる事なく債務整理の専門家に話す事がオススメです。

貸金業者を利用する場合は正規の店舗を、クレジットカード現金化を利用する場合は優良店として掲載されている店舗を検討する事が、悪徳業者とのマッチングを防ぐ事になります。

関連記事

  1. クレジットカードのクレジットカード現金化ってどうなの?

  2. クレジットカード現金化の他にも債務整理で解決できる場合がある

  3. 利用する前に把握しておきたいリスクと考え方

  4. 逮捕された現金化業者の店員

    クレジットカード現金化で逮捕者がいるという事実について

  5. Amazonギフト券現金化業者の逮捕

    Amazonギフト券の詐欺情報はありますか?

  6. クレジットカードを有効活用!現金払いには無いメリットとは?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP