クレジットカード現金化の手数料について

クレジットカード現金化業者へ申込みをするにあたって、最終的な目的の大概は、「現金を得ること」・「本来引き出しをする事が出来ないショッピング枠を換金すること」にあります。

現金還元であったり買取業務を行っている業者、または媒介として比較サイトが有るわけですが、どの店舗も同じ運営者では無いようで、パーセンテージには大分開きがあるようです。

申し込みの際、業者から手数料の説明が有ると思いますが(説明が無いところは利用してはいけません)、業者が得られる利益が丸裸にされてしまう為か、この手数料の内訳について多くを語る業者は決して多くありません。

クレジットカード現金化で避けることができない手数料の存在

クレジットカード現金化の手数料

最近Amazonギフト券を取り扱う店舗が増えているようですが、金券類は消費者が商品購入の際に消費税を賄います。

金券類に消費税を課してはいけないのですが、Amazonギフト券は金券類にも関わらず消費税名目で8%を詐取する悪質業者について確認しており、著しく買取金額が低かったり何癖付けて振込をしないといった事例もあります。

この対応の裏側を探ることで、お店の換金率・還元率のカラクリや提示される金額の不思議に迫れるのではないかと考えました。

そこで今回、クレジットカード現金化業者のホームページでも記載が無い、項目の明細について調査することにしました。

クレジットカード決済代行会社に対する手数料

決済代行会社

カードホルダー(カード所有者)と利用するお店の間に、VISA・MASTER・JCB・AMEXなどのカードブランドがありますが、実はさらにカードホルダーとカードブランドの間に、また違う立場にある組織が関わります。

細かく説明するとさらに長文になってしまいますので控えますが、要はカードブランドに代行してクレジットカード発行をし普及させている代理店と考えてください。

このように、実は何社も介入されて私たちの手元に届くので、決済された金額がすべてお店に流れる仕組みではないことがわかると思います。

手元に届いたクレジットカードを利用するわけですが、利用先でもまた見えないところでお金の取引が発生しており、クレジットカードが普及してもお店でクレジットカード決済が出来なければ、この手数料商売で利益を出すことが出来ません。

そこで、決済代行会社の登場です。

クレジットカードの普及により、お店でもクレジットカードを取扱いが出来るようにすれば、「お店の売上も上がりますからカード決済を導入しませんか」、これが決済代行会社になるわけです。

お店側は、利用者の決済金額から決済代行会社によって定められた料率を支払う契約になることが一般的ですが、この料率について調べてみると、業種や各会社により違いがあることが分かっています。

この支払いが、クレジットカード現金化業者がいう決済手数料に当たるのではないかと推測が出来ますが、実際に業者が幾ら支払いをしているのかを探ろうとしましたが、聞き出すことが出来ませんでした。

業者がクレジットカード現金化するために利用する買取業者・市場の手数料

買取業者

買取式の方法を採用している業者に関して言えば、関連する店舗・または換金率のよいブランド品を指定して購入の指示があります。

商品を業者に送り、利用者は買取代金を受け取る仕組みですが、業者もその商品をクレジットカード現金化する必要があることを考えますと、差額が純利益とは言えない事実が見えてきます。

Amazonギフト券クレジットカード現金化も買取式の流れを組みますが、こちらは購入時に業者指定のメールアドレス宛に遅れば終わりなので、上記の決済手数料や配送料が業者の負担になっていないことに気付きませんか?

このAmazonギフト券クレジットカード現金化業者は決済に関わるリスクと手数料を下げることができ、利用者には仕組みが知られていないことをいいことに、決済に関わるトラブルはAmazonに相談するよう責任の所在をすり替えている様子です。

Amazonギフト券もそのまま現金として引き出せる仕組みはありませんでしたが、買取市場と呼ばれるサイトが誕生して以降、業者・個人でも売買に参入できるとあってか、Amazonギフト券クレジットカード現金化業者が増え続けています。

その他に掛かる金額としては振込手数料や商品配送料が挙げられますが、こちらの金額は少額で済むはずです。

大まかな必要経費は、お客さんを集めるための広告費や人件費に充てられていると思いますので、決済金額と振込金額の差額がすべてクレジットカード現金化業者に入るわけではないにしろ、差額が広がるほど業者は利益を上げることが出来ると容易に考えられます。

だからこそ、利用する金額は必要最低限の金額に留めることが正しいと断言出来ますので、消費税率は8%から10%の時代に突入していこうとしていますので、クレジットカード現金化業者の企業努力が求められます。

クレジットカード現金化で手数料不要はありえない

「お金がある事が絶対の幸せ」ということでは無いと考えますが、生活環境を豊かに有利に暮らす確率は間違いなく高いので、お金は一つのツールであって、目的ではない事もまた事実。
何かを得るために何かを失う世の中の縮図は、きっとこれからも変わることはないでしょう。

クレジットカード現金化業者は手数料商売、不動産仲介業や証券会社、最近流行りのバイナリーオプション等の金融商品などの「右から左」の利益構造となっているために商いとしての真理をついたビジネスモデルですが、社会的な生産性がありません。

お金に困っていない人が利用する事は考えにくいので、基本的には貧乏な方の利用が圧倒的に多いはずです。

手数料商売は計画性の無い人間から、つまり情弱な判断能力の低い人間からいかにして、必要性の低いモノに対して消費行動を起こさせるかが鉄則とされており、甘い言葉やデザインを使って取引の意欲を煽っています。

正に射幸心を煽るパチンコ・パチスロそのものです。

学校を出れば保護者の居ない社会人ですから、本当に必要かは自分で判断することができます。

リスクについて理解した上で申込みをする、と判断している人が居るからこそ、クレジットカード現金化は有用で求められている存在として、昔から今もなお営業をしていると考えられます。

需要が無ければ廃れるはずですが、老舗と呼ばれる程に営業年数が2桁を超す店舗もありますし、20人に1人が借金をしていると言われている日本ですから、身近な人が実は利用しているということも有るのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の手数料は時間に対する手数料

クレジットカード現金化をするにあたって、業者を利用すれば手数料が差し引かれますが、業者を利用しないで換金する方法も相手方から差し引かれる事に変わりありません。

換金を望む方の多くは、できるだけお金が欲しいとして要望を望む事は当然ですが、無償の愛や善意で取引されている訳でもありませんので、過度な期待は禁物です。

手数料とは、自分自身ではどうにでもできない事を依頼する事で実現するものですから、手数料についてしっかりと理解をしましょう。

自分でクレジットカード現金化をする時も手数料は0円にはならない

こうした専業に請け負うクレジットカード現金化サイトは、今もなお多数のお店が展開している様子が見られますが、実は自分自身で換金を実行する手立ては幾らでもあります。

代表される換金方法の一つに買取の仕組みを用いた方法がありますが、商品を買い取ってもらい、その代金を振込んでもらうという手段では、別にクレジットカード現金化業者に依頼しなくても他店に媒介商品を持ち込む事となんら変わりが無い事にお気付き出来る方は賢い方でしょう。

どちらも与信枠の残高が無ければ出来ませんし、媒介する商品や買取先をあっせんする事で支払う事になるであろう手数料の存在は、自分自身で業者の代行業務をこなすことが出来れば不要な項目です。

業者で行われる手続きを自分で行うということ。
具体的に何をしているのか難しく考えがちですが、単純に置き換えて考えてみましょう。

前述の様に商品を捌いて利益とするのですから、これは別に業者だからと限定する事なく、自分でも可能なことを商売として行っているだけです。

実はこの手間こそが業者を利用してでも換金をしたい方の利用目的が潜んでいるとも言え、個人で換金を完結させるためには商品を抱え込まない事が鉄則ですから、時間を使って買い手を探す行動が必須。

これはネットオークションだろうが、リサイクルショップに質屋さん、知人友人などあらゆる買い手候補に対して売り込みに行くわけですが、ここではじめて買取価格や相場を知るのです。

100円で購入したモノをすぐに1万円にして売るなど今の時代には不可能ですからね(笑)。

自分自身で換金をする為には、買い手を探す手前、事前に換金率のよい商品を選定する手間が有り、さらにそれをなるべく高く買い取ってもらうためにアレコレと奔走しなければなりません。

その一方で専業に買取をしているクレジットカード現金化店であれば、わずらわしい手続きが簡略されて商品をどのように捌くのかはわかりかねますが、業者によっては当日中に利用者に対して口座振込をすると謳う業者が多く確認できます。

しかし、業者に委託する事で手数料の発生が生じ、これを嫌う気持ちは誰もが抱くのですが、上記の様な事柄を踏まえますとその名目は致し方無い部分で有る事は理解できるところです。

結局クレジットカード現金化目的で業者に申込みをする事も、自分自身で行う事も同じ事です。
いずれも支出の為に工面したお金を支出に充てる事で、決済された金額を支払わなければならない事は同じであり、またそれを支払う仕組みも変わりません。
※【関連記事】クレジットカード現金化を自分でする方法はありますか?

注意喚起される情報においては、とくに専業業者への申込みを指していますが、決してそれがすべてということでもなく、換金を目的とした使い方を総じて説明しなければならないと感じます。

クレジットカード現金化を希望しない事がもっとも正しい考え方

恐らくは意図的に検索しなければ辿り着くことの無いであろう与信枠の換金手段。

なかなか世間の目に触れる機会が無いであろうこの資金工面策につきましては、各種企業で商売の一環あるいは販売促進目的で利用されている仕組みの一つである為に、グレーとしての見方が非常に強いです。

これはクレジットカード現金化について初見の方でも、なんとなく感じられるモノがあると思いますが、あくまでも行政が提供している事業で無ければボランティア団体の事業でも有りませんので、ショッピング枠の満額を手元に呼び寄せる事は不可能と言えます。

比較検討者に置かれた状況は、日ごろ不便なく生活を送っている者たちでは考える事が出来ないようなストレスや苦しみを抱えながら同じ時を経過するのですから、どのような理由で成り立っていると致しましても、一銭でも多く得られるところを探すことに躍起になってしまいがちです。

例えクレジットカード現金化業者では無い手段で換金を実現しようとしても、満額を受け取る事は不可能であり、自身と他人が関わる取引ですから相手にとってなんらかのメリットでもない限り、それをたった一人の為に行う人なんていないはずです。

クレジットカード現金化をしないために、収支をつけてください

そもそも貯金が無い事がクレジットカード現金化を利用する事になる直接的な問題ですから、貯金を作れる状態に持っていく事で、状況は180°変わります。

と言った手前、収入を増やそうと願っても簡単に叶うほど甘くはありませんよね・・・。

今出来る事が大切とよく言われますが、限られた収入から支出をなるべく抑えて自由に使えるお金を毎月毎月残して行く他無く、所得の大小に関わらず支出が所得を圧迫すれば誰でも破産する可能性は有ります。

現によく高額年俸を貰っていたスポーツ選手が引退後に困りがちである事のように、誰もが特別ということも無く、誰もがお金に困る可能性は均等です。

もっとも個人消費における支出項目には差があるものの、誰もが納めなければいけない保険料や年金に関する項目につきましては、前回の記事中でも述べましたがお住まいの地域によって地域差が存在していたり、国民年金では前納による割引が認められています。

それ以外の食費や水道光熱費などの生活に関わる出費項目に付きましては、自分の欲求との戦いです。

外食をしない、食事回数を減らしたりする(ダイエットにも◎)などの地道な努力ですが、一つだけでなく多くの項目で”どうしたら支出を抑えられるか”を意識付けしますと強力な効果を生み出します。

関連記事

  1. クレジットカード現金化業者って審査が無いって本当?

  2. クレジットカード現金化の高額予算

  3. クレジットカードで税金を払える?

  4. クレジットカード現金化と携帯電話キャリア決済クレジットカード現金化の違…

  5. 利用する前に把握しておきたいリスクと考え方

  6. クレジットカード現金化とミニマリズム

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP