クレジットカード現金化の支払い方法は?

クレジットカード現金化の支払い方法について、かなりアバウトな形で紹介されている事が多く、とくにこの現金調達方法に縁が無い人にとっては、業者から取り立てられるのか?という不安も抱いた方もいらっしゃると思います。

  • これから換金の申し込みをしようと比較中の方
  • すでに何処かの業者で現金の振込を受けその後どうしたらいいかのかお悩みの方
  • 店員の説明だけでは物足りない方
  • というか理解出来なかった
  • そもそも説明なんて皆無だった

支払い方法について調べている方は、上記のいずれかの状況にある方かと考察しますが、そんな方々に向けてクレジットカード現金化における支払い方法、さらに根本的にショッピング枠とは何なのかご紹介していきます。

クレジットカード現金化の支払い方法について特別な事はありません!

実は、クレジットカード現金化の支払い方法だから特別な支払い方法が必要であるということは一切御座いません。

そもそも、クレジットカードを利用した支払い方法ですから、たとえばクレジットカード現金化による商品購入額以外にも、たとえば「保証金」「着手金」「事務手数料」など、普通の買い物では考えられない名目で請求された際には、悪徳業者であると判断してよいでしょう。

ショッピング枠を使うということは、ショッピングをするということ、そのままなんです。

それじゃあ振込をする資金があれば、クレジットカード決済端末を所有している小売店等で簡単にクレジットカード現金化サービスで開業されているのかというと、そういう事もありません。

実際に商品の査定や架空の取引ではないか、こうした問題を抱えながら営業を続けている業者が次第に逮捕されていますので、今なお営業を続けている業者が何年営業しているか網羅する事は難しいですが、目新しい業者を利用する際には注意が必要です。

その商品が業者によって異なり、さらに営業方針によって換金率が違うなど、クレジットカード現金化業者で用いられる方法は多様です。

しかし、どれもクレジットカード現金化を目的としている事は明白ですから、まったく問題無い取引であるとは言い難く、直接この取引を禁止する法律は無いものの、いつまでも利用できる現金調達方法とも言えないのではないでしょうか。

意外と支払い方法を熟知していない人は多い

クレジットカードを所有する人は20代以上成人の8わりとも言われている日本。

平均所有枚数は年度ごとに異なりますが、それでも1人あたり約2枚の計算がクレジットカード会社の調査で発表をされています。

申込みをする際に入会することで得られるポイントの付与率や提携店との優遇サービスなどの、「利用者に取って有益なメリットの紹介」が一番目に付くポイントかと思われます。

しかし、その他リボ払いや分割払い時の利息についての説明は余り有りませんよね?

締日支払日についても同様で、支払いの事を考えさせてマイナスなイメージを持つ事の無いように書いてあっても小さく書いてある事が非常に多いのです。

クレジットカードを所有する上で出来る限り一括払いで済ませたいですが、いつも一括払い以外の選択方法を選ぶ型も事実ですから、貸金業では無いにしても、きちんとわかりやすい表記をしなければリボ払いで困窮する人たちも減るのではと考えますが・・・。

クレジットカードはクレジットカード現金化を目的とした使い方は考えていない

ショッピング枠を利用することで発行元のクレジットカード会社から請求が来る仕組みとは、発行元の会社が購入した商品の支払いを、代行払い(建て替え)をしているということです。

自身の経済状況が申込み時と変わらなくても支払い実績が良好であれば信用度が上がり、結果的に増枠する事が出来ます。

クレジットカード決済をして商品を受け取った直後は、利用者は、購入した代金の支払いがまだ行われていない状態ですが、通常の現金での支払い方法でのお買い物は、現金をその場で渡しますので、支払いがその時点で完了していますから、代行払い(建て替え)ではないことは簡単にわかると思います。

商売やその他経理関係のお仕事をされている方ならご存知かと思いますが、会社同士であれば大きな金額を扱うと月単位で、すべてのお金の取引をまとめて請求してまとめて支払うことが一般的です。

「その都度の支払い」を「まとめて支払い」をすることで仕事量を簡易にしており、もちろん個人間 でもこうしたやり取りは行われていますが、このようなキャッシュレスの考え方の背景は、日本よりも海外のほうが浸透しています。

1人あたりのクレジットカード所持枚数も、海外のほうが多い値になっています。

クレジットカード現金化に限る話ではありませんが、どんな支払いでも一括払いの選択だけをするようにしましょう。

車や住宅など、巨額なお金が動くモノに対しての支払いとは別物ですが、基本的に一括払い以外の方法には利息が掛かりますので、支払いの事を考えてまでする買い物は辞めた方がよいでしょう。

与信枠自体は総量規制や収入など関係なく信用度によって与えられるものですので、キャッシングの与信と比べて高く上限金額が設定される事も少なくはありませんので、つい気が大きくなって高額なお買い物をしてしまう方はその後の請求に困ってしまう事は少なくないようです。

カードを持っていながらも、引き落とし日の事ってついつい忘れてしまいがちではありませんか?

クレジットカードの種類もあれば、当案内所では紹介しきれないほどに、発行元のクレジットカード会社は多数存在しますし、支払い方法・カードの締日も各々異なってきます。

「当月の●日締め当月●日払い」や「毎月●日締め翌々●日」払いなど、支払いサイクルは大分違います。

クレジットカード現金化業者よりもクレジットカード発行会社に聞く事がマスト

今現在、ショッピング枠の支払い方法がわからない方は、カードの裏面をご覧になっていただけますと電話番号が有りますので、契約者のご本人様であれば、本人確認を行った後に契約状況の確認ができます。

クレジットカードを発行する会社によって、その締日と支払日は異なりますので人に聞いても仕方ありません。

支払いを忘れていたり引き落とし先の口座にお金を入れて忘れると、クレジットカードの利用停止や次月以降の利用限度額制限などのペナルティが発生しますので、クレジットカードを利用するにあたって、把握するべきことの一つと考えましょう。

ご自身の支払いサイクルについて確認される方法としては、契約時に送られてきた書面、もしくはカード裏面に記載されている電話番後にお問い合わせしてください。

クレジットカード発行元の会社によっては、支払いサイクルが短かったり長かったりバラバラに異なり、とくに日数が長い場合は引き落とし日に高額な請求が来やすくなることに注意しなければなりません。

クレジットカード現金化を利用する際もこのような事を自分自身で判断しなければいけませんので、必要最低限の予算に留めておきましょう。

裕福な方ならまだしも、税金関連は定期的に支払い期限が決められていますので、クレジットカードの支払いのみならず他の支出とのバランスを考えながら利用しないと当月の経済状況が大変な事になってしまいます。

クレジットカード現金化も同じです!避ける事ができない返済日

クレジットカードのキャッシング枠は発行元の会社から借入できるサービスですが、たとえショッピング枠を利用してもキャッシングと同様に発行元の会社に支払っていくわけです。

クレジットカード現金化と言っても、通常の買い物の要領で決済する仕組みですのでいつもの支払い方法と同じ仕組みであると理解してください。

ショッピング枠の支払い方法には複数の種類が有りますが、クレジットカード現金化を利用した際にも利用者自身で選択出来る仕組みになっています。

お金を手にすることで、ついついホッとしてしまいがちですが、支払いが終わるところまでしっかり考えておかないと、また繰り返し申込みをする事になってしまい、利用者自身が苦しむことに繋がります。

どんなに優良とされるクレジットカード現金化業者を選択しても、支払いの管理はご自身の責任ですからカード会社から届く明細書を大事に保管することと、カード会社によってはネット上の管理画面で明細を確認することが可能です。

ここでは、ショッピング枠の請求を支払う代表的な方法をまとめてみました。

一括払い

購入した代金の支払い回数を1回で終わらせる方法で、金利などもかかりませんので、カードの支払いはすべて一括払いにしたいですね。

ただ、それだけ一時的な負担が一番大きい支払い方法です。

分割払い

支払い回数を数回に分ける方法で、回数の指定や金利手数料は、各カード会社によって異なりますが、3回から奇数の数字で選択することが一般的です。

支払い回数は増えますが、1回あたりに支払う金額を抑えることが出来ます。

リボ払い

リボルビング払いの略語で、フレックス払いとも言いますね。

支払いの金額を固定化出来る方法ですが、支払いする金額が低いと利息が膨れ上がってしまいますので、極力払える分だけ払えるようにすることが必須です。

また、この便利な支払い方法によって浪費癖を生み出す原因となっている事も事実です。

ボーナス払い

この支払い方法は利用先のお店によって可能であったり、不可能な場合もあります。

さらに、クレジットカード会社によっても違いがありますが、これはボーナス時期までに支払いが延期されてしまう事とボーナスが入らなかった場合は、支払いが滞る可能性があるためにどこのクレジットカード会社もボーナス払いの説明は限りなく僅かに記載されている程度です。

支払い方法を選択出来るために月々の支払いを楽にすることで精神的なゆとりは生まれますが、クレジットカード現金化以外での日常の買い物での支払いに関しても、過度な利用は控えてクレジットカードと付き合っていきましょう。

クレジットカードを所有する上での心構え6選

クレジットカードを利用するメリットとは、

  • 「後払いで欲しいものが購入できること」
  • 「支払いを分けることで高額な品物が購入できること」
  • 「キャッシュレスで済ませる事が出来る」

デメリットとしては、

  • 「必要では無いのに購入する可能性がある」
  • 「支払いを考えずに利用してしまう可能性がある」

ということはが挙げられます。

  1. 支払いに計画を持って、無駄な買い物はしない

    品物やサービスを先取りする事が出来ますが、「後で支払う」という基本的な概念を蔑ろにすると支払いが出来ない状態に陥りますので、ムリをしない範囲で利用しましょう。

    経済状況の詳細は他人が知る由は有りませんので、「ムリをしない範囲」については自分自身が一番理解されているはずです。

  2. クレジットカードの条件に注意する

    クレジットカードを発行する会社は両手で数えきれない程に存在し、手数料はもちろん支払い方法の選択や期間が異なりますので、内容を比較した上でクレジットカード会社を選びましょう。

  3. なるべく一括払いで済ます

    欲しいモノを得る為にムリをしては行けませんが、支払い方法を分ける事で利息が発生してしまいますので、本当に利用するべき事か検討しなければいけません。

    本当に消費するべきものにクレジットカードを利用する事が有意義な利用の仕方ということです。

    他にもついつい忘れがちなクレジットカードのルールを理解し、正しい方法でクレジットカードを利用しましょう。

  4. 裏面にはサインをする

    クレジットカードが手元に届いた時点ですぐに記載をしましょう。

    これは実際にクレジットカード決済をする際に本人確認の一つとして重要なもので、記載が無いと利用が出来ない事もあります。

  5. 暗証番号の管理

    ICチップが付属されており、サインの代わりに入力を求められる場面で使いますが安易に生年月日や携帯番号の数字を設定すると、紛失や盗難時に不正利用される事になりますので、例え身内の人にも教える事は絶対にしてはいけません。

  6. 明細や伝票は必ず受け取る

    サインや暗証番号、その他クレジットカード情報を入力して決済するということは「その内容を認めました」ということです。

    明細が無ければチェックの仕様が有りませんし、何か申告する場合にも証拠として示せるものになりますので、保管して置くことは重要です。

関連記事

  1. クレジットカード現金化を繰り返さない為に!究極の節約術

  2. クレジットカード現金化を比較する時のポイントは?

  3. ショッピング枠をどう使うの?

  4. クレジットカード現金化を利用する際の限度額は?

  5. キャンペーンって何?

  6. クレジットカード現金化の裏技はありますか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP