ショッピング枠を現金に変えたい・・・でもどうやって?

一見では理解できない取引

クレジットカードに付随する2つの与信枠の内、キャッシング枠は現金として引き出す事は可能ですが、とくに元々現金として引き出すことの出来ないショッピング枠を換金する方法を、クレジットカード現金化と言います。

クレジットカード現金化の仕組みは、世間一般的に広報をする人や場所が限定的で有り、言葉を聞いたことのある人は多数居るとしても、その内容を知っている人は殆どいらっしゃらないと推測され、興味本位の方よりも実際に利用した人でないと把握が出来ないのではないでしょうか。

クレジットカード現金化を案内する比較口コミサイトや店舗はいっぱいありますが、仕組みや概要といった注意すべき点を詳しく述べているところは実際のところあまり存在しませんね。

買い物をする為のモノですので、基本的には通常のショッピングとなんら変わりない形で決済が行われますが、お金に困っていない人には無縁のサービスで一生涯知る必要が無い人もいらっしゃるでしょうし、それだけ困った人は何か方法が無いかと一所懸命になって探して見つけようとするのですが、人の悩みを逆手に取って商売をする人たちもいますので、利用する前には必ず知識を身につけましょう。

  1. 【残高を調べましょう】
  2. クレジットカードの裏面に、電話番号が記載しています。

    クレジットカード現金化業者に問い合わせする前に、自分のカードの残高を把握してから計画を把握して計画しましょう。(利用可能額の範囲内のみの利用になるためです)

    また、残高のすべてを利用する必要は一切有りませんので、そのような対応に当たった場合は悪徳業者の可能性が非常に高いです。

  3. 【在籍確認があるか尋ねましょう】
  4. クレジットカード現金化業者によって振込までの手段や方法はさまざまで、消費者金融と同じように在籍確認があるところもあるようです。(家族や知人、身の回りの人にバレたくない人は要注意です)

    本人確認はどの店舗でも行われていますので、提出されたものに不具合が無い限りは基本的には行われていないようです。

  5. 【商品の受取り、返送があるか尋ねましょう】
  6. 必ず商品購入という形になりますので、商品が届く場合が有るところと無いお店があります。(返送の際の送料が利用者負担になります)

    返送して店舗に商品が届いてから振込をするところもありますが、確認をする間や振込までの日数や時間には一切の保証がありませんので、急いでいる人はコチラのタイプの店舗は利用しないようにしましょう。

  7. 【支払い方法の確認をしましょう】
  8. クレジットカード会社からの請求になりますがその支払いの扱いが、どのように扱われているのか尋ねましょう。

    一括・分割・リボなど支払いに関する事ですので、曖昧な説明をするお店は避けましょう。

ローン・借入とは違うサービス内容で便利ですが、必要最低限の利用に留める事が有効的に使うと言えます。

利用することで資金調達の代わりとして機能しますので、間違いなくピンチの場面で威力を発揮できるサービスではありますが、お金に困ってしまう事自体が問題で本来であれば利用しない方がよいに決まっています。

あなたがお金が無い理由について第三者からとやかく意見を聞くよりも、自分自身で改善して実行しなければ、お金に関する問題は解決が難しいですが諦めずに取り組むことが必要です。

存在しないモノを生み出している発想

商品の買取にしても買取業者の査定次第になりますので、クレジットカード現金化業者の言い値、換金率にならない事も多いため、期待していた見積もりと異なる事から毎年消費者生活センターではクレジットカード現金化のトラブル件数が発表されています。

2010年では年間で747件の相談が寄せられたとされ、この年をピークに年々減少しており、2014年現在では最盛期の1/3まで減りましたので、関係省庁の努力が実を結び、悪徳業者の殲滅がされていると考えられます。

しかし、まったく相談件数が無いということは無い為、今も悪徳業者が存在する事は間違いなさそうです。

借金にしてもクレジットカード現金化にしても、共通して言えるのは「元々手にする事が出来ない現金を持つ」ということで、宝くじやギャンブルで手に入れたお金では無いので、借金であれば貸し手に、クレジットカード現金化であればクレジットカード会社に支払いをしなくてはいけません。

商品取引の実態が有れば合法、無ければ出資法に当たる、融資と宣伝する事でというのが過去の検挙例ですので、これに該当しない形で運営する店舗が今もなお営業しているということになります。

買い物をする事は出来ても、現金で支払いをしていないためにお金が減っているという感覚が薄いクレジットカード。

商品を購入する際に、その価格に見合った価値のある商品だと承諾して買い物をするわけですが、この価値とは市場価値を表すもので、人によっては価値が無いモノと感じて必要無いモノとされる事もあります。

ブランド品の衣類やカバンも同様に、流行が終わればただの布切れ、革製品になってしまうわけですね。

このようにクレジットカード現金化には普段では知る由の無い複雑な側面が有りますので比較サイトでの情報数集が欠かせないのです。

関連記事

  1. 未成年

    クレジットカード現金化は未成年(学生含む)も実行できる?

  2. リサイクルショップで工面する際に注意すること

  3. クレジットカードによって提示される金額が違うのか?

  4. 親類名義のクレジットカードでクレジットカード現金化できますか?

  5. 金券の換金以外にも

  6. クレジットカード現金化業者は公安委員会の許可を受けているの?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP