違法ですか?

とりあえず両方の言い分はさておいて

店舗数の割にニュースに挙がる事が少ないのですがそれだけ手段、方法が無数に存在して、合法的に行われているところもあれば、違法とされる手段で行っているところがあるということでしょう。

クレジットカード現金化は長年に渡って利用されていて、思った以上に歴史のあるサービスとなっており、2011年にはじめてこのサービスを行っていた者が逮捕されたのですが、サービス自体には問題が無いのですが、無登録で貸金業を営んでいたことと、並行してサービスの提供をしていた為際立ったようです。

カードに付随しているショッピング枠をクレジットカード現金化する行為は果たして法律違反であるのか、調べてみることにしました。

まず、商品購入が必然的に行われるわけですが、商品の価格と価値観は販売者と購入者の主体で決める事ですから、本来、問題やトラブルに発生することはありませんので、「商品の特典に現金を付けてもいいのか」ということが論点になりますが、公正取引委員会では、具体的な内容を挙げてこの事について下記の様に述べています。

inyou1

結論は、合法であると判断出来ますが、だからと言って商品を配送しなければ当然お金だけの取引になりますので、出資法違反に該当しますので、商品の取引実態が無い業者は違法と断言できます。(店舗は商品を発送したのか?利用者は商品を受け取っているのか?)

また、上記以外の仕組みの一つとして買取型と呼ばれる換金の仕組みを利用した手段もありますが、こちらの方が違法性が高いとされており、店舗側の問題よりも利用者にリスクが伴う事になるのです。

クレジットカードを提示して決済が行われて商品を手にするわけですが、引き落とし日を迎えていない為、購入した商品は本来カード会社の所有物なので、購入した商品の転売は、利用者がカード会社に対して詐欺を働いていることになります。

ただ、カード会社で換金を目的とした利用を規制することが出来ないため、さまざまな対策によって、換金目的での利用を未然に防ごうとしています。

計画性の無い人の利用による焦げ付きを起こす可能性が高いと予想出来る為、カードホルダーからの支払いが滞ることは避けたいのがカード会社です。

お店(加盟店)にはお金が渡っているのに、カード会社が回収出来なければ、すべてが損失となってしまうからです。

本当は、カードホルダーにたくさん決済して利用してもらった方が、カード会社の儲けや利益が生まれるのですが、1回の決済上限金額に規制を掛けるなど、クレジットカード現金化は利用させないようにしたいのです。

カードホルダーへの規制だけでは無く、加盟店に対しても規制や防止策が施されており、有名なのはクレジットカードによる金券関係の購入規制で、カードで買えるところは皆無に等しい状況です。

取扱い上、古物商免許を所持している可能性がありますがそれが適切な営業であるのかは利用者に判断は出来ません。

クレジットカード現金化をする行為自体は、利用する店舗と手段によっては合法とされ、しかし利用の仕方では自分の首を絞めることに繋がってしまいます。

利用用途について、きちんと相談することが大切と言えるでしょう。

まあ合法だけど何事も限度があるんやで

与信枠を換金するまでの手段は多様に存在していますので、一概にこれはクレジットカード現金化だと断定が出来ないため、工程を省いて名称を付けたものが「クレジットカード現金化」と呼ばれる所以です。

その為に、何をやっても許されると勘違いしている悪徳店舗が存在しており、申込みしてきた人に対して不親切極まりない対応を取る店員も居るなど、半ば無法状態であると言えます。

還元率や換金率、営業対応は本当にバラバラですから、どのように対応をされても合法という扱いになってしまいますので、悪徳店だけでなく優良店ももちろん存在しておりますが、そのような者たちのせいでますますイメージが悪くなる一方です。

しかし、優良も悪徳も変わらず手数料が発生してしまう事に変わりは無く、利用回数を重ねて純利が増えていくサービスではありませんから、使い過ぎには気を付け無ければなりません。

当該サービスについて、国民生活センターでは毎月関連する相談についての件数を更新されていますが、関連省庁の特設キャンペーンページでは更新がここ2、3年されておらず、具体的な法改正の動きなどは見せておりません。

いつまで続くか見当がつきませんが、少なくとも20年程に渡りこの市場が続いている事もまた事実で、時間の無い状況下での金策として、貸金業の利用を躊躇している事由がある場合などに該当される方にとっては最良の選択ではないでしょうか?

時代の流れか、クレジットカードの市場が右肩上がりに成長を続ける中で、「持っていて当たり前の時代」とも言える需要の高さに対して、まだまだインフラが整っていないのではないでしょうか?そこを突いたのがクレジットカードの不正利用やクレジットカード現金化の仕組みでしょう。

高い利便性の裏には手数料が存在する事を念頭にして、クレジットカード現金化の利用を比較検討してくださいね。

関連記事

  1. 上限金額はありません

  2. クレジットカード現金化業者で対応できるクレジットカードは?

  3. クレジットカードの有効期限について

  4. クレジットカード現金化は厳禁ですか?

  5. Amazonギフト券の手段は違法?

  6. クレジットカード現金化業者とのトラブルの実例は?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP