クレジットカードの有効期限について

クレジットカードの有効期限は一人一人違います

クレジットカードに書いてある数字の意味って知っていますか?

クレジットカード現金化を利用するにしても、利用しないにしても所持している以上は覚えておきたいクレジットカードの知識。

手元にクレジットカードが届いたからもう怖いものなし!、というわけにはいきません。

審査内容によって発行されたクレジットカードの有効期限が決められていますので、5年以上も有効期限がある人もいれば発行から1年間だけという人もいます。

これはクレジットカード会社独自の判断基準に基づくものになりますので、信用度(スコアリング)が高い人ほど、有効期限が長く設定されていると推測出来ます。

その有効期限が迫ると、通常は自動的にクレジットカード会社より新しいクレジットカードの発行や更新に関するお手紙がご自宅に届く事になります。

その際何かトラブルによって更新がされずに利用がSTOPする可能性がある事をご存知でしょうか?

この時期は無事に更新を出来るか少々怖い気持ちになる人もいるかもしれませんね。

そもそも有効期限てなんでしょう?これはクレジットカード会社や国際ブランドに関係なく、すべてに記載されています。

有効期限

クレジットカードの画像の様に、「●●/●●」と表示されている箇所が確認できると思いますが、最初の2桁の数字は「●●月」を表し、最後の2桁の数字は「20●●年」の下2桁の数字が記載され、上記の画像であれば、「2009年3月」までが有効期限となるわけですね。


  • 更新の際にあらためて申し込む必要は?

    こちらは基本的に必要ありませんが、学生用クレジットカードからの切り替えの際は求められますが発行元で自動的に更新作業をしてくれますので、頼んでも無いのにクレジットカードを書留郵便で送られることになります。

    しかし、クレジットカード会社の審査基準は各々でセキュリティの厳しい会社は申込み時に提出したような収入証明書や勤務先情報の再提出を促される事もあるようです。

  • 更新が出来ない時ってどういう場合か?

    前述のように更新を拒否されてしまう事も有ります。

    支払い遅延が複数回有ったり、収入を含めた経済状況の悪化やその他不正目的の利用など、その他信用情報に関わる任意整理等を総称した「金融事故」が履歴として存在していると、更新後の利用も同じ事の繰り返しを防止するためにお断りされてしまうケースがあるようです。

    また、発行した時から一度も使っていないと停止になることもあるそうですよ。

このように、クレジットカード会社の立場になって考えた時に、明らかに不利益を招く恐れに対しては与信枠を与える事はしないということです。

「お金に取って代わる物」ですから、健全な利用をする事でショッピング枠も増枠されますので、クレジットカード現金化を利用する際も無駄に多くの予算を組まない事が大切です。

クレジットカードの番号は適当に決められていない!?

表面にも裏面にも数字が記載していますが、その数字は決して無意味では無くなんらかの意味が込められていることをご存知でしょうか。

4から始まるのがVISAで、5から始まるのがMASTER、3からはJCBやAMEXという規則性は有名ですが、もっと細かい意味や数式が組み込まれた上で決められていますので、適当な数字を入れてクレジットカードの有効性を持たせない為に、偽造カードの判断に用いられているのです。


  1. 発行者の識別番号

    表面の左側から数えて6桁目までが、クレジットカードを発行する会社の特定や、国際ブランドを表している数字になっています。

    その中でも最初の数字が「業界」を示していて、0~9までのすべてに意味がありまして、下記のように表します。

    クレジットカードはじめての更新♪

    同じ国際ブランドでも数字が異なる事が理解出来ますね。

  2. 会員を特定する番号

    表面の左側から数えて7桁目から最後の桁から1個手前までは、その発行元の会社での会員を特定する番号になります。

    その数字が大きい程、それだけ発行枚数が有るということで有り、中にはゾロ目が揃う人も居るかもしれませんね。

  3. チェックサム

    最後の数字は数式の調整をする為に用いられる数字で、キャッシュカードやバーコードといったモノにも使われています。

    1と2だけの情報による数字では完全にバラバラですので、数式の答えを正当化するための番号で、すべての数字の内どれか1つでも番号が異なると利用が出来ないように計算をされているのです。


マニアックな内容ですが、このような仕組みや数式を取り入れているのにクレジットカードに関連する不正利用の犯罪は断ちません。

当案内所でも調査して分かってしまうくらいですので「誰もが解析できる情報である」ということですから、偽造する人が根絶しないのでしょう。

今後もITの発達によってクレジットカード業界はますます成長していく産業ですので、只々取締りをするだけでは無く数式の見直し等、より一層のセキュリティ対策が必要なのではないでしょうか?需要に対して対策が追い付いていないと考えると、所有する各個人法人が管理する必要性と責任があると感じます。

有効期限だけでは無い!クレジットカードのルール

私がはじめてクレジットカードを手にしたのは、社会人としてひと段落がしたちょうど24歳の時でした。

付属されるポイントが目的だったことと、社会人になって持っていないのは恥ずかしいかなと考えた事がきっかけです。

クレジットカード現金化の利用に手を出したのもこの時ですかね?結構なヘビーユーザーです(笑)

クレジットカードは発行元の会社が定める審査基準に合格しなければ手にすることは出来ませんから、ちょっとした受験感覚で手元に送られてきた時は嬉しかった事を覚えております。

今回は、クレジットカード現金化とは少しクレジットカードの特典は各発行元の会社によってサービス内容が異なりますので、すべてのクレジットカードにおける意外な注意事項について調査し、まとめてみました。

  1. コンビニエンスストアやスーパーなど生活用品販売店の場合

    日常生活の中でコンビニエンスストアよスーパーに行かない人は居ないのではないでしょうか?世間一般的な施設ですので、このような例題に挙げられる不思議を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、このような店舗でクレジットカード決済をして購入する場合、現金払いと同じようにレシートを貰う事になりますよね?

    「不要なレシートはこちら」なんてゴミ箱に安易に捨ててしまいがちですが、現在では少なくなってきているもののクレジットカード番号や利用期限がまんま書かれたレシートが有る事をご存知の方は少ないと思います。

    実はこの2つの数字さえあれば、容易にネットショッピングが可能になりますので、そのまま捨てることなく必ずシュレッダーを利用することをオススメします。

  2. 怪しいサービスを提供するお店について

    「スキミング」という言葉をご存知でしょうか?文字通りクレジットカード情報を抜き出して、不正決済もしくは偽造カードの作成に使われてしまう事を指しているのですが、怪しい風俗店や飲食店でこのような被害例がニュースに出る事は決して珍しい事ではありませんので、クレジットカード決済を控えて現金払いを選択する方が安全ですね。(それ以前に足を運ばないのが一番よいですよ)

  3. 絶対に貸さない

    どんなに親しい友人でも信頼できる知人でも身内でも、クレジットカード会社はあなたに対して与信枠を与えたのですから、他人にクレジットカードを貸すこと自体が利用規約違反になります。

    貸した事で起きるトラブルは、貸し出した相手では無くあなたに責任が生じるということですので、どんな状況であってもクレジットカードを自分の身から離すようなことは100%行ってはいけない行為です。

百貨店やスーパー、コンビニ等で積極的にクレジットカードの勧誘が行われていますが、申し込む際の手続きは簡単でも解約するときの手続きは面倒くさいですし、「使い過ぎる不安」「紛失が怖い」など意見はありますが、しっかりと予備知識を蓄えた上で所持すると、ポイント還元とキャッシュレス化のメリットにより生活が豊かになります。

クレジットカード現金化に限らずにどんな物事も万能ではありませんので、「一長一短」で有る事を前提に物事を考えると身の危険を回避できるのでは無いかと当優良店案内所では考えています。

持たない事よりも持った方がよい事尽くめです

クレジットカードは本当に便利な代物で、小銭をじゃらじゃらとさせる事無く支払いが出来ます。

とくに高額な買い物をする場合には、事前にATMから引き出す手間を掛けなくては支払いは出来ませんが、たった1枚で決済が可能なのです。

支払いに便利ということはどなたもご存知のメリットですが、それ以上にお得な理由があるのです。

  • 海外旅行時の圧倒的な利便性能

    海を渡ってしまえば、日本円は使えないので為替をしなければいけないのですが、手間や手数料を取られたり詐欺に遭う可能性もあります。

    しかし、カード1枚持っていれば現地の現金を用意する事は要りませんし、手数料も掛かりません。

    また、たいてい旅行保険が付いており現地でトラブルの際には、ヘルプデスクが対応してくれたり金品の保証や医療保険まで豊富に保証をしてくれます。

  • 支払いの管理が楽

    現金払いを続けていくと一方的に領収書やレシートが嵩んで、「一体自分は何にお金を使ったんだろう」とわかりにくくなります。

    毎回毎回、帳簿をつけるのは面倒くさいですよね?しかし、クレジットカードであれば支払いを集約出来ますので、管理が非常に簡単です。

    利用額の制限を予め自分で設定する事も出来ますので、使い過ぎを防ぐ為の支出調整も可能です。

  • ポイントの活用

    クレジットカード現金化をしても、何をしても決済がされれば利用額に応じてポイントを還元してくれます。

    提携先で利用する際に、ポイントを利用して値引きをして貰う事も出来ますし、貯めたポイントでマイレージサービスを受けられる事も出来ますから、日々の支払いをクレジットカードにしていただけで海外旅行が可能になってしまう方も居るようです。

いかがでしょうか?クレジットカードを持たない理由は正直無いと思います。

取得するのに手続きの手間が有るのはたしかに面倒ですが、どんなサービスを利用するにも手続きは要りますので仕方ない事ですが、社会に出れば最低1枚は確実に持っておきたいですね。

関連記事

  1. キャンペーンって何?

  2. クレジットカード現金化は最低いくらから対応してる?

  3. ブラックでもクレジットカード現金化はできますか?

  4. ゴールデンウィークでもクレジットカード現金化できますか?

  5. クレジットカード現金化は即日対応ですか?

  6. Vプリカをクレジットカード現金化できますか?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP