クレジットカードの「所持」が信用を生んでいる?

なんでステータスが示されると言われるの?

当優良店案内所閲覧している方は、クレジットカードを所持されている方かクレジットカード現金化について興味を持っている方ぐらいかと思います。

クレジットカードをすでに所持している方は少なくとも収入が有り、信用情報機関から一定のスコアリングをされている為、勝ち組と言えるのではないでしょうか。

私も今現在1枚だけ所持していますが、魅力的に感じたメリットは小銭を使わずに済むということと、固定生活費の支払いをクレジットカード決済にしておくだけで、ポイント還元を受けられる為です。

クレジットカードを持つだけで、年会費が無料有料問わずこのサービスが受けられますから今や所持していて当たり前と言いますか、持たない理由は無いくらいスタンダードな生活必需品となりつつありますが、日本以上にアメリカではデビットカードも含め、カード文化ならびにキャッシュレス文化が浸透しています。

そのため、アメリカではクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー、クレヒス)を一つの信用情報として重要視されています。

  • 賃貸住宅を探しているとき
  • クレヒスが無いと契約できない事もあるようで、それくらい「クレジットカード持ってて当たり前」ということなんでしょうね。

  • 車を借りるとき
  • こちらはわりと日本でも同様に所持していなければ受付を断るレンタカー会社が多いのですが、高価な物の貸し出すわけですから免許証だけでは「あなたに貸すことに対して安心できません」ということで、クレジットカードを所有しているということは「収入や身分が証明されている=信用出来る」が成り立つんですね。

    ただ、クレジットカードが無くてもランクが高い車は借りられませんが、ランクに低い車であれば業者指定の身分証明書の提示で借りれる会社もあるようです。

  • 各種高額ローンを組むとき
  • 高額なローンの対象は車やお家の購入が代表されますが、このように資産価値のある物の多くに名称をつけ金融商品として販売されています。

    しかし、誰もがこのサービスに申し込めるはずもなく、審査不要では無いのでクレヒス以外にもさまざまな項目のスコアリングが実施されています。

    ローンと言えば多少聞こえがいいのですが「ローン=借金」ですので、返済能力が無い人間にはサービスの提供が出来ないのは当然ですね。

日本で発行しても海外で発行したクレジットカードでも世界各国で利用が出来ますし、年会費無料だとしても副産物的に「信用」が得られることから、クレジットカード現金化業者でも貸金業のような所定の審査が不要ということなんでしょうか?所持しているというだけで優越感が大きくなりがちですから、無駄なお金を消費しないように気を付けたいものですね。

もちろん支払いを怠れば、よい信用情報では無く「悪い信用情報」が生まれるますからお金の管理がルーズ気味な人はクレジットカードを持つのは控えた方が賢明でしょう。

信用情報は見えないところで管理されている

クレジットカード発行の際、審査が手続きの中で避けては通れない関門となっていますが、実はこれだけでは無く一生に渡って信用情報が履歴書の如く利用され、管理されていく事になっているのです。

人生のステージの中でとくに重要な、分岐点や転換期の状況で信用情報のスコアが重要になっており、わかりやすいように年代別にまとめてみました。

  • 10歳代から20歳代
  • クレジットカードの契約時に利用される事は前述の通りで、さらに携帯電話の分割払いを選択してからも、信用情報の歴史が始まっていた事をご存知でしたか?買い替える際の分割払い時も当然同じように利用されています。

    さらに、もっともイメージしやすい自動車購入時に組むマイカーローンの際にも、信用情報を照らし合わせながら審査されていますし、結婚をされる方であれば、ブライダルローンというサービスも近年では提供されているようで、こちらも審査対象になっています。

  • 30歳代~
  • 住宅の購入を意識し始める時期ではないでしょうか?この時にも信用情報のスコアが低ければ住宅ローンの審査が通る事は有りませんし、車の買い替え時にも利用されます。

    さらに退職後の余生を過ごすためのローンなども有り、信用情報は学歴や職歴と同じように歴史を表す個人情報、すなわち人生の道を決定つける際の「パス」となっている。

このスコアリングを良くするのも悪くするのも己次第!一時的に良くなったとしても悪くなったりすることもありますし、過去の履歴や傾向から判断されてしまいますから、一生に渡って自分の行動や消費の記録が評価されているものになりますので無駄遣いをしない事や貯蓄の重要性を理解していただけたと思います。

健全な経済状況を継続する事が評価されますので、クレジットカード現金化を利用しなくてはならない現状ではすでに信用情報に傷が付く一歩手前に居るということを理解して、クレジットカード現金化を検討中の方で当記事をご覧になっていただいている方には、ぜひ繰り返して利用しない事を願うばかりです。

関連記事

  1. 未だ営業が続く実態をクレジットカード業界はどう見ているのか?

  2. クレジットカード現金化と携帯電話キャリア決済クレジットカード現金化の違…

  3. 逮捕された現金化業者の店員

    クレジットカード現金化で逮捕者がいるという事実について

  4. 会社名義のクレジットカードで背任容疑(2014年11月15日発表)

  5. クレジットカード現金化業者って審査が無いって本当?

  6. クレジットカード現金化業者の実態は?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP