クレジットカード現金化でクレジットカードが利用停止になる実例3選

クレジットカード現金化を行う前には、不安が付きまとうものです。

業者は換金率・還元率は高いのか、本当に振り込まれるのか、どんな対応をされるのか・・・申し込み先で懸念される事柄はもちろんの事、自分のクレジットカードがどうなってしまうのか。

クレジットカードに何か影響があったとしても、業者から保証の提案や補填などは一切ありません。

健全に利用していれば縁の無い「利用停止」

クレジットカード現金化を利用する上で注意するべき事項のひとつして、クレジットカード会員退会処分になる可能性が否定できません。

クレジットカード現金化を利用しなくても利用停止になる可能性も十分にあります。

当サイトはクレジットカード現金化に関する比較サイトですので、換金する事を中心に利用停止について考えていきたいと思います。

発行するクレジットカード会社はもちろん、古物営業法上でもクレジットカード現金化を目的とした利用方法は、法律上では明確な規定は無いものの、禁止行為に該当されます。

その為、優良業者、悪徳業者のどちらを利用したとしても、カードホルダーが「私はクレジットカード現金化をしました」と自ら言えば問答無用で処分が下る事は誰もが想像出来ますね。

店員の説明不足からか、クレジットカード現金化に対する認識が甘く、現金を受け取ったのちに後悔をするというケースがあります。

現金を受け取っておきながら、「やっぱりキャンセルしたい・・・現金を返すのは嫌だから、クレジットカード会社に何とかしてもらおう」という、本末転倒な利用者もいる事を、業者への取材の中で聞き取りした事もあります。

その他にも、一般常識には無いサービス内容から、利用停止以外にも可能性だけを考えると不安が付きません。

  • 業者から密告される可能性
  • 身に覚えの無い請求をされてしまう可能性
  • 振り込まれない可能性

世間一般的にマイナーサービスでありますので、詳しく解説された比較サイトが乏しく、ただ店舗が並べられているだけの中身が無い比較サイトも有りますので、いまいち情報の取得が難しい事もダーティーなイメージを付けている要因になっています。

上記の事柄は、クレジットカード現金化のサービスを利用する上でどうしても気になってしまいますが、「クレジットカード現金化」自体は今のところ合法の扱いですので、結局のところ合理的で需要のあるサービスとして今日まで浸透されています。

カードホルダーの使用状況により、発行元のカード会社から強制的に利用を制限されることになる事から、総合するとクレジットカード会社から「何か制限される事」が利用者の気になる焦点になることから今回、利用停止になる具体例を調査して下記にまとめてみました。

不正利用の疑いがあるとされた場合

自分でクレジットカードを持っているのに不正利用って判断はなんで?と思いますが、これは普段利用しないところでショッピングをした場合が多いです。

たとえば、日本に居ながら海外サイトでの商品購入、サービスの利用であるとか、海外旅行先でのお買い物をするときにも、そういったことが起こることもあるようです。

海外だけでなく、国内においても考えられる事で、「普段は都内でしか利用していないのに九州の方で決済がされている」、「東京で利用したばかりなのに、別の地域で時間差が無く決済されている」など。

このパターンだと、本人は東京に居ながら九州で買い物をしているという履歴はおかしいですよね?

クレジットカード情報を悪用されたと考える事が容易であり、イレギュラーな利用パターンとしてクレジットカード会社から「福岡で買い物しましたか?」など確認の連絡が来る事になります。

実は上記の事例は、私自身の悪用された体験談の一つです。

所有しているのは年内費無料のところですが、しっかりとクレジットカード会社は管理してくれているんだな、と感じた出来事でもありました。

換金性が高いものを購入した時

換金性の高いものといえば、代表的なものは新幹線の回数券であったり、ギフト券、さらにはブランド品でしょうか。

最近ではAmazonギフト券も発行元が意図していない形で換金に使われている実態はあまりにも有名で、危険な換金方法として認知されています。

ショッピング枠の残高や、個人のステータスに合わせた使い方でないと「これは怪しい」と購入時に、クレジットカード会社からお店宛、もしくはカードの名義人に電話がかかってくることもあるようです。

本人の収入との照らし合わせ、限度額に近い金額の品物の購入など、誰が考えても予測が付くような品物の購入は発行元の会社も把握していると考えましょう。

規約の違反

最近、インターネットの普及により若年層向けのサービスが多く広まっていますが、携帯電話アプリのゲームやiTunestなどの音楽コンテンツなんかいい例ですね。

10年、20年前には存在していなかったこのようなサービスが、世間を知らない低年齢層に対しても身近なものとして捉えられています。

その為か子供が親名義のカードで、こういったサービスの決済(課金)を行う事も増加しており、いつのまにかとんでもない金額になっていたということで、しばしばニュースで特集が組まれることもありますね。

例え同じ世帯の家族で有っても名義人である人物以外の利用は規約違反とされ、取扱いは例え家族、身内でも大切にしなければいけませんので、この様な例ですと支払いを逃れる事は出来ません。

また、身内に貸し出すことも絶対に有ってはならない事です。

もし、残高があるはずなのにショッピングが出来ないことがあれば、実は残高不足であったりなんらかの制限が掛かっている可能性があります。

クレジットカード裏面の電話番号に問い合わせをして、自動音声では無くオペレーターの方とお話しすると、現在のクレジットカードの使用状況について詳しく知ることができます。

クレジットカード現金化後に利用停止になったらどうすればいいですか?

クレジットカードを所有する上で、発行元から下されるもっとも重い処分が利用停止です。

発行元はクレジットカードを使ってもらってはじめて経済的利益を得るのですが、そんなサービス提供元から利用を断られるということ態はやはり普通の事ではありません。

しかも、ただ利用停止になるという一言で済まされる以上に、実は複数の影響や停止した事による必要な手間があります。

  • クレジットカード現金化によって、名義人がクレジットカード会社に詐欺を働いたとして告訴される恐れもある。
  • これまで引き落とし設定をしていた各所に、支払い方法の変更を申請しなければならない。
  • 信用情報機関における金融事故登録、つまりブラックリストに掲載されて、他の金融サービスの利用時に影響が懸念される。
  • これまで分割・リボ払いの様な割賦払いで支払いを続けていたものも含め、すべての支払いを一括払いする事を求められる。

利用停止後は、上記の様な作業や影響が出る可能性があります。

最悪、停止処分になった場合には今までクレジットカード引き落としで支払いをしていたものを切り替える手間が掛かり、予約していた商品の購入などが不可能になります。

「あー使えなくなったから他社に申込みしよう」と画策しても当然審査に通る事はありませんので、大事に扱ってください。

信用はお金に換える事は出来ない基本的なマナーですから、たった一回の支払いの遅延により金融事故記録として登録されてしまう事もありますので、利用が出来ない状況を確認したのであれば、発行元の会社からの連絡を待つのではなく自分自身から確認と説明をしましょう。

関連記事

  1. 在籍確認が不要

  2. クレジットカード現金化って宅急便コレクトの事?

  3. クレジットカード現金化の買取方式と古物営業法の関係とは?

  4. クレジットカード不正利用の実態

  5. クレジットカード現金化に法律知識は必要?

  6. クレジットカード現金化における金券・ギフト券・回数券の扱いとは?

更新記事

  1. 金策で手に入れた現金

現金化の注目トピックス

  1. クレジットカード現金化ニュース

    金策で手に入れた現金
  2. クレジットカード現金化ニュース

    Amazonギフト券現金化とは?
  3. クレジットカード現金化ニュース

    未成年
  4. クレジットカード現金化ニュース

    融資
  5. クレジットカード現金化ニュース

PAGE TOP